日本のお嬢様学校ランキングTOP17!偏差値や学校の特徴もご紹介!

日本のお嬢様学校ランキングTOP17!偏差値や学校の特徴もご紹介!

日本にはお嬢様が通うとされるお嬢様学校が複数あります。そんな華やかな雰囲気を持つお嬢様学校に通わせたいと思う親御さんも多く見受けられます。そこで今回は、お嬢様学校の特徴や偏差値状況に加えて人気のある、お嬢様学校をランキング形式でご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.日本のお嬢様学校の特徴やランキングを紹介!
  2. 2.日本のお嬢様学校の特徴
  3. 3.日本のお嬢様学校ランキングTOP6【中学校】
  4. 4.日本のお嬢様学校ランキングTOP6【高校】
  5. 5.日本のお嬢様学校ランキングTOP5【大学】
  6. 6.お嬢様学校はどうやって選ぶ?
  7. 7.お嬢様学校の実態はどんな感じ?
  8. 8.お嬢様学校に通っている生徒の特長
  9. 9.日本のお嬢様学校はきちんとした女性を育てる学校

日本のお嬢様学校の特徴やランキングを紹介!

Photo byFree-Photos

日本にはお嬢様学校と呼ばれる学校が、中学校、高校、大学にいくつかあり、学校によって教育方針の特徴や、通っている生徒の特徴も様々です。また偏差値も学校によって変わってきます。

娘さんを持つ親御さんであれば、礼儀正しさなどを学べるとされる、お嬢様学校に通わせたいと考えている方も多いのではないでしょうか。また、雰囲気やご家庭の望む教育方針の特徴を持つ中学受験をし、中学校から高校まで同じ学校に通わせたいと考えている方もいるかもしれません。

しかし、お嬢様学校とはどの様な学校があって、どういった基準で選んで良いか分からない方も居るはずです。そこで今回は、お嬢様学校の中学校、高校、大学に通うことを目指す上で知っておきたいお嬢様学校の特徴やランキングを紹介していきます。

日本のお嬢様学校の特徴

フリー写真素材ぱくたそ

洗礼された雰囲気で礼儀やマナーを学べるイメージの強い日本のお嬢様学校ですが、実際にはどの様な特徴があり、どういった魅力があるのでしょうか。お嬢様学校を通いたい、または通わせたいと考えている親御さんは、日本のお嬢様学校についてしっかり特徴を知っておきたい方も多いはずです。

通う場所によってお嬢様学校の特徴は異なりますが、大体のお嬢様学校が持つ特徴について、「費用」や「校則」、「教育方針」、「偏差値」、「就職有利の有無」などご説明させていただきます。

学費が高い

Photo by Dick Thomas Johnson

日本のお嬢様学校の特徴1つ目は「学費が高い」所です。日本のお嬢様学校とされている学校は、通常の私立学校に比べて学費が高い傾向にあります。

なぜ、お嬢様学校が学費が高いと言われているかと言うと、一般の学校では掛からないお嬢様学校独自の寄付金や留学費用が掛かってくるからです。また、お嬢様学校は中学、高校、大学と一貫したエスカレーター式である学校が多いのが特徴である為、必然的に学費も高くなる傾向にあります。

お嬢様学校に中学、高校と通わせたいと考えているのであれば、6年間で最低でも600万は掛かると思ったほうが良いです。一番学費が高いとされている東京女学館は、小学生から大学までエスカレーターで学費は2,000万掛かると言われています。

校則が厳しい

Photo byPourquoiPas

日本のお嬢様学校の特徴2つ目は「校則が厳しい」所です。日本のお嬢様学校は伝統的があり洗礼された学校である為、校則が厳しい学校が多いと言われています。

例えば、一般の高校では殆どの子達が行う、放課後のアルバイトなどの課外活動を禁止していたり、制服や身なりに関しても細かくルールが定められています。

制服や身なりに関しては、スカート丈や髪の毛はゴムで縛るなどの細かいルールがある為、ファッションを楽しんだり自由にのびのび学校生活を楽しみたい方には窮屈に感じるかもしれません。

マナー教育に力を入れる

Photo byGellinger

日本のお嬢様学校の特徴3つ目は「マナー教育に力を入れている」所です。日本のお嬢様学校の最大の特徴はなんといっても、マナー教育に力を入れている学校が多く見受けられます。

マナー教育は、多岐にわたり基本的なマナーから、将来役立つであろうテーブルマナー、言葉遣いのマナーも徹底的に行われている傾向が強いです。特にテーブルマナーは、レストランに直接足を運び、ナイフとフォークの使い方や上品な食べ方なども学びます。

日常的にマナーをしっかり叩き込まれるので、女性らしさと上品な達振る舞いを将来的にできる面では、お嬢様学校の良い特徴なのではないでしょうか。

偏差値はあまり高くない

フリー写真素材ぱくたそ

日本のお嬢様学校の特徴4つ目は「偏差値があまり高くない」所です。お嬢様学校と聞くと偏差値も高いイメージを持っている方を多く見受けられますが、偏差値面は意外とそんなにに高いわけではありません。

とは言っても、お嬢様学校は校則やマナーに対して厳しかったりとしっかりとした教育方針を持っている学校が多いので、平均以上の偏差値は求められます。特に中学校からお受験をして入学するのであれば、大学からの受験に比べてそれなりの偏差値が必要となってくるのが特徴です。

ブランド力で就職しやすい

フリー写真素材ぱくたそ

日本のお嬢様学校の特徴5つ目は「ブランド力で就職しやすい」所です。日本のお嬢様学校は、歴史的に続く伝統ある学校が多い為ブランド力が高く、とても就職活動をする面で学歴が有利となる傾向にあります。

就職する上で大切なマナー面を重視する企業であれば、お嬢様学校という学歴があるだけで、マナー面などがしっかりしていると判断してくれるという強みもあります。また、就職した後の配属もお嬢様学校出身であることから、花形部署に配属される傾向も強いです。

日本のお嬢様学校ランキングTOP6【中学校】

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

そんな日本のお嬢様学校は、様々な面で一般の学校に比べて突出した特徴をもっていますが、マナーをしっかり学べたり、就職面で有利に働く事は魅力的に感じた方は少なくないはずです。

ここでは、中学生から入学することができる日本のお嬢様学校をランキング形式で6校、特徴や偏差値なども踏まえてご紹介していきます。

殆どのお嬢様学校がキリスト教の教えに基づいた教育方針ではありますが、中学受験をご希望の親御さんはどのような学校が娘さんに合うかも踏まえてチェックしておくことをおすすめします。

6位:カリタス女子中学校

中学校のお嬢様学校ランキング第6位は「カリタス女子中学校」になります。カリタス女子中学校は神奈川県にある女子私立の中高一貫校の偏差値54のお嬢様学校になります。

カリタス女子中学校の特徴は、キリスト教の教えに基づいた教育方針を行い、マナーや礼儀作法に対して厳格なお嬢様学校です。

また、グローバル教育にも力を入れており、英語やフランス語に力を入れています。学費は、1年間に95万円程度かかり、授業時間は年間1,260時間となっています。

5位:大阪女学院中学校

中学校のお嬢様学校ランキング第5位は「大阪女学院中学校」になります。大阪女学院中学校は、大阪府にある女子私立の中高一貫校の偏差値53のお嬢様学校になります。

大阪女学院中学校の特徴は、キリスト教の教えに基づいた教育方針を行い、イベントなどの行事が盛んな事が特徴的なお嬢様学校です。

イベント行事などに力を入れる以外にも、クラブ活動やグローバル教育にも力を入れています。グローバル教育では、交換留学などの国際交流なども行われています。学費は、1年間に93万円程度かかり、授業時間は年間1,152時間となっています。

次へ

関連するまとめ

人気の記事