「毅然」の意味とは?使い方の例文・類語・対義語・英語表現まとめ!

「毅然」の意味とは?使い方の例文・類語・対義語・英語表現まとめ!

「毅然とした態度」という言葉を見たり聞いたりすることは結構ありますが、「毅然」とはいったいどういう意味なのでしょうか。「毅然」という言葉の意味や「毅然」の使い方の例文、「毅然」の類語や対義語や英語表現について詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.毅然の意味とは?
  2. 2.毅然の対義語
  3. 3.毅然の類語
  4. 4.毅然の英語表現
  5. 5.毅然の使い方
  6. 6.毅然は意志がしっかりとして物事に動じないという意味

毅然の意味とは?

Photo byFree-Photos

「毅然とした態度」「毅然として」などという言い方を見たり聞いたりしたことがある人は多いでしょう。ですが「毅然」の正しい意味を尋ねられた時に、きちんと「毅然」の意味を答えられる人は少ないです。

「毅然」という言葉は日常生活の中で普通に使うことができますが、「毅然」という言葉が当てはまるような人は滅多に見かけないため、「毅然」という言葉を使う人は少なく、そのため意味を知らない人が多いと言えます。

「毅然」という言葉にはいったいどのような意味があるのか、まずは「毅然」の意味についてご紹介しましょう。

意志がしっかりとして物事に動じないという意味

Photo byFree-Photos

「毅然」の意味の一つ目は、「意志がしっかりとして物事に動じない」という意味です。「毅然とした態度」などと言われる人は、意志がしっかりとしていて誰かに何かひどいことを言われたりしてもびくともしません。

「毅然とした人」にはしっかりとした意志があり、それを保ち続ける強さがあるため、間違ったことを押し付けるように言ってくる人などは気にも留めません。

「毅然」という言葉は、わがままな人が自分の意思を押し通す場合には使われず、正しい信念を持っていて意志が強い人に対して使われます。

自分の信念を貫きしっかりとした態度という意味

Photo byFree-Photos

「毅然」の意味の二つ目は、「自分の信念を貫きしっかりとした態度」という意味です。これは自分の信念をしっかりと持っていて、それを貫き通す意志の強さがあるということです。

「毅然」という言葉はあくまでも「正しい信念を貫く」という意味ですので、一般的に見て正しくない自分勝手な信念を貫くといった場合には使われません。正しい信念を貫くという場合にだけ「毅然」という言葉が使えます。

肝が据わっていて物事に動じないという意味

Photo by089photoshootings

「毅然」の意味の三つ目は、「肝が据わっていて物事に動じない」という意味です。「毅然」の意味は「意志がしっかりとして物事に動じない」「自分の信念を貫きしっかりとした態度」の他にこちらの意味もあります。

「肝が据わっている」の意味は「度胸がある」「落ち着いていて滅多なことでは騒がない」という意味ですので、先の二つの意味とは意味的に少し異なります。

ですが「肝が据わっていて物事に動じない」という意味でも「毅然」という言葉が使われることもありますので、こちらの意味も覚えておくと良いでしょう。

毅然の対義語

Photo byFree-Photos

「毅然」の意味についてご紹介しましたので、次は「毅然」の対義語についてご紹介します。「毅然」の意味は「意志がしっかりとして物事に動じない」などという意味なので、反対の意味を持つ言葉が「毅然」の対義語になります。

「毅然」の意味は複雑で難しいので、「毅然」の対義語を探すのは難しいですが、「毅然」の対義語と言える言葉はいくつかあります。

「毅然」という言葉の対義語に当たる言葉にはいったいどのような言葉があるのか、「毅然」の対義語についてご紹介しましょう。

呆然

Photo byFirmBee

「毅然」の対義語の一つ目は、「呆然」です。「呆然」の意味は「気抜けしたようにぼんやりするさま」という意味で、「毅然」の対義語として真っ先に挙げられます。

「毅然」の意味は「意志がしっかりとして物事に動じない」という意味ですので、「気抜けしたようにぼんやりするさま」では対義語っぽく見えませんが、「呆然」は「毅然」の立派な対義語になります。

対義語は「反対の意味を持つ言葉」ですが、文字数や使われている漢字が似ている言葉でありながら反対の意味を持つ言葉が対義語の条件として最も理想的なので、「呆然」は「毅然」の対義語だと言えます。

優柔不断

Photo byFree-Photos

「毅然」の対義語の二つ目は、「優柔不断」です。「優柔不断」の意味は「ぐずぐずしていて物事の決断ができないこと」という意味で、意味的には先にご紹介した「呆然」よりずっと「毅然」の対義語としてふさわしいです。

「優柔不断」には「意志がしっかりしていない」という意味も含まれますので、「意志がしっかりとしている」という意味を持つ「毅然」とは正反対の意味があると言えます。

「毅然」には「物事に動じない」という意味がありますが、「優柔不断」は「物事の決断ができない」という意味ですので、そういった点では少し違うと言えます。

及び腰

Photo byhamonazaryan1

「毅然」の対義語の三つ目は、「及び腰」です。「及び腰」の意味は「自信ややる気がなく、腰が引けているという態度」という意味で、「意志がしっかりとして物事に動じない」という「毅然」の意味とは反対です。

「毅然」は「堂々としている」というイメージが強いので、腰が引けている「及び腰」は姿勢的にも正反対のイメージがあり、「毅然」の対義語だと言うことができます。

このように「毅然」という言葉にはいくつもの対義語が存在していますが、そのいずれもが情けないようなイメージのある言葉だと言えます。

毅然の類語

Photo byFree-Photos

「毅然」の対義語についてご紹介しましたので、次は「毅然」の類語についてご紹介します。「毅然」の意味は「意志がしっかりとして物事に動じない」などの意味ですので、似た意味を持つ言葉が「毅然」の類語になります。

「毅然」の意味はかなり複雑ですが、「毅然」に似た意味を持つ言葉は結構たくさんありますので、「毅然」の類語は多いと言えます。

「毅然」と似た意味を持つ類語にはいったいどのような言葉があるのか、「毅然」の類語についてもご紹介しましょう。

決然

Photo byTeroVesalainen

「毅然」の類語の一つ目は、「決然」です。「決然」の意味は「覚悟を決めたさま」「強く決心したさま」という意味で、「毅然」の類語として真っ先に挙げられる言葉です。

「毅然」の意味は「意志がしっかりとして物事に動じない」という意味ですので、元々意志の強い性格であるイメージがありますが、「決然」は元々しっかりしていない人であっても覚悟を決めたら使うことができる言葉です。

そういった点では「決然」は「毅然」とは少し違いますが、元々しっかりしていない人でも覚悟を決めたら強い意志を持てますので、「決然」は「毅然」の類語だと言うことができます。

関連するまとめ

人気の記事