「秀逸」の意味は?使い方や類語に英語での表現も分かりやすく解説!

「秀逸」の意味は?使い方や類語に英語での表現も分かりやすく解説!

「秀逸」という言葉を見たり聞いたりしたことがあるという人は多いですが、「秀逸」とはいったいどういう意味なのでしょうか。「秀逸」という言葉の意味や「秀逸」の使い方、「秀逸」の類語や英語での表現などについて詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.秀逸の意味とは?
  2. 2.秀逸の読み方
  3. 3.秀逸の類語
  4. 4.秀逸の英語表現
  5. 5.秀逸の使い方
  6. 6.秀逸は他より抜きん出て優れているという意味

秀逸の意味とは?

Photo byFree-Photos

「秀逸」という言葉を見たり聞いたりしたことがあるという人は結構多いでしょう。ですが「秀逸」とはいったいどういう意味なのかを問われた時に、「秀逸」の正しい意味を説明できる人は少ないです。

「秀逸」という言葉は昨今ではあまり使われない馴染みの薄い言葉なので、「秀逸」という言葉の意味を知らない人は多いと言えます。

「秀逸」という言葉にはいったいどのような意味があるのか、まずは「秀逸」の意味についてご紹介しましょう。

他より抜きん出て優れているという意味

Photo byFree-Photos

「秀逸」の意味の一つ目は、「他より抜きん出て優れている」という意味です。「抜きん出る」の意味は「ずば抜けている」という意味ですので、「他よりずば抜けて優れている」という意味になります。

「秀逸」を人間に対して使う場合にはこの「他より抜きん出て優れている」という意味で使われ、「他の人達と比べるとずば抜けて優れている」ということを表現しています。

「秀逸」は周囲の人々とは比べ物にならないほど優れた人に対して使われる言葉ですので、そこそこ優れているという場合には使われません。「秀逸」はずば抜けて優れていることを表現しますので、その対象は半端ではいけないということです。

他のものより抜きん出て優れているものという意味

Photo byFree-Photos

「秀逸」の意味の二つ目は、「他のものより抜きん出て優れているもの」という意味です。人間ではなく物に対して「秀逸」という言葉を使う場合には、こちらの意味で「秀逸」という言葉を使います。

「秀逸」を物に対して使う場合、様々な物が当てはまります。すばらしく美味しい料理に対して「秀逸」という言葉が使われることもあれば、すばらしい小説などに対して「秀逸」という言葉が使われることもあります。

「秀逸」は人間限定で使われる言葉ではなく、食べ物などの物に対しても、ずば抜けて優れているということを表現するために使われます。

並外れた優秀さという意味

Photo byFirmBee

「秀逸」の意味の三つ目は、「並外れた優秀さ」という意味です。「並外れた」の意味は「普通ではない」「程度が通常とはかけ離れている」という意味ですので、「通常とはかけ離れているほどの優秀さ」という意味になります。

「秀逸」には「他より抜きん出て優れている」というという意味がありますが、ちょっと表現的に難しい意味なので、こちらの意味では覚えにくい場合には「並外れた優秀さ」という意味の方を覚えると良いでしょう。

「並外れた優秀さ」という意味なら、人間を対象にしても食べ物などを対象にしても使えますので、「秀逸」は「並外れた優秀さ」という意味で覚えた方が簡単に覚えやすいと言えます。

秀逸の読み方

Photo byStartupStockPhotos

「秀逸」の意味についてご紹介しましたので、次は「秀逸」の読み方についてご紹介します。「秀逸」という言葉の読み方はそう難しくはありませんが、「秀逸」の読み方がわからないという人もいるでしょう。

「秀逸」という言葉を検索する際に「秀逸」の読み方がわからず、どこかにある「秀逸」という文字をコピーして検索するという人もいます。

「秀逸」という言葉はいったいどのように読めばよいのか、「秀逸」の読み方についてもご紹介しましょう。

秀逸の読み方は「しゅういつ」

Photo byFree-Photos

「秀逸」の読み方は「しゅういつ」です。「秀逸」の「秀」の文字は「優秀」などの単語に使われているため小学生ぐらいでも読める人は結構いますが、「逸」の文字の読み方がわからないため「秀逸」の読み方がわからない人もいます。

「秀逸」の「逸」は「いつ」と読みますが、「逸する」は「いっする」なので「逸」の読み方は使い方によって変わります。

そのため「秀逸」の読み方がわからないという人もいますが、「秀逸」の読み方は「しゅういつ」ですので覚えておきましょう。

秀逸の類語

Photo byhamonazaryan1

「秀逸」の読み方についてご紹介しましたので、次は「秀逸」の類語についてご紹介します。「秀逸」の意味は「他より抜きん出て優れている」という意味ですので、この意味に近い意味を持つ言葉が「秀逸」の類語になります。

「他より抜きん出て優れている」というとかなり複雑な意味ですが、完璧に意味が同じではなくても、同じようなことを表現している言葉なら「秀逸」の類語だと言うことができます。

「秀逸」の意味と似た意味を持つ類語にはいったいどのような言葉があるのか、「秀逸」の類語についてご紹介しましょう。

秀抜

Photo byFree-Photos

「秀逸」の類語の一つ目は、「秀抜(しゅうばつ)」です。「秀抜」の意味は「他のものより際立って抜きん出て優れている」という意味で、「秀逸」に極めて近い意味ですので、「秀逸」の類語として挙げられます。

「秀抜」には「際立って」という意味がありますので、「秀逸」よりもさらに優れていることを表現したい時に使われます。

「秀抜」は「秀逸」に極めて近い意味を持つため「秀逸」の類語になりますが、「秀逸」よりさらに優れているという表現ですので、その点ではほんの少し「秀逸」とは違うと言えます。

すばらしい

Photo by089photoshootings

「秀逸」の類語の二つ目は、「すばらしい」です。「すばらしい」の意味は「無条件にほめたたえられるほど優れている」という意味ですので、一見すると「秀逸」とは意味が違うようですが、「すばらしい」も「秀逸」の類語です。

「秀逸」の「他より抜きん出て優れている」という意味は、「無条件にほめたたえられるほど優れている」に近い表現だと言えますので、「すばらしい」も「秀逸」の類語であると言えます。

ですが「秀逸」は必ずしも誰もが無条件で「優れている」と認めるとは限らない場合にも使われますので、そういった点では「すばらしい」は「秀逸」とは少し違います。

異彩を放つ

Photo bystevepb

「秀逸」の類語の三つ目は、「異彩を放つ」です。「異彩を放つ」の意味は「才能などが際立って優れている」「ひときわ異なって見える」で、「秀逸」の類語の一つとして挙げられます。

「異彩を放つ」の意味の中の「際立って」という表現は、「他より抜きん出ている」と言い換えることもできますので、「異彩を放つ」は「秀逸」にかなり近い意味を持つ言葉だと言えます。

ですが「異彩を放つ」という言葉は「異彩」「を」「放つ」という三つの言葉で構成されていて、「秀逸」のように単語ではありませんので、その点では「秀逸」とは少し違います。

関連するまとめ

人気の記事