家計簿をエクセルでつけよう!簡単な作り方や無料のアプリもご紹介!

家計簿をエクセルでつけよう!簡単な作り方や無料のアプリもご紹介!

家計簿でお金を管理してゆとりや貯蓄を増やしたいと思っても、帳面につけたり電卓で計算するのは面倒だし、間違いも多いと悩む方も多いでしょう。でもエクセルを使えば簡単に家計簿が作れます。それではエクセル家計簿の作り方や、スマホで出きる無料アプリなどを紹介します。

記事の目次

  1. 1.家計簿をエクセルで作るメリット
  2. 2.エクセルの家計簿に必要な項目は?
  3. 3.エクセルで家計簿の作り方
  4. 4.エクセルの家計簿を便利にする方法
  5. 5.エクセルの家計簿を実際に使う場合は?
  6. 6.エクセルの代わりになる無料アプリ
  7. 7.エクセルが苦手な人は無料アプリがおすすめ!
  8. 8.エクセルで家計簿をつけて効率よくお金を管理しよう

家計簿をエクセルで作るメリット

お金の重さ
Photo bystevepb

エクセルで家計簿を作るとどんなメリットがあるのでしょう。あなたのパソコンにエクセルがインストールされていたら無料で家計簿が作れるチャンスです。

エクセルは表計算ソフト、数学的で難しそうと、少し苦手に感じているかたもいますが、意外に使ってみると簡単で面白いんです。ではどんなことができるのか、どんなメリットがあるのかをご紹介します。

集計の手間がかからない

計算
Photo by OIST (Okinawa Institute of Science and Technology)

エクセルの最大のメリットは、なんといっても「SUM(Σ)」という集計機能です。あっという間に自動で各項目の集計を計算してくれるのです。家計簿で一番めんどうな計算を、いままで電卓でパチパチやっていたのがウソのように、正確に一瞬で計算してしまいます。また集計する範囲も自由に設定できます。とにかく手間がかからず楽チンです。

自分好みにできる

エクセル画面
Photo by Osamu Iwasaki

エクセルで作る家計簿は、自分好みのレイアウトにできるのがもう一つのメリットです。エクセル画面は「セル」という長方形の小窓のようなマスがびっしり並んでいます。

セルの一つ一つを別々の色で塗りつぶしたり、中に入力する文字や数字のフォントや色も自由に設定できるのがエクセルの魅力です。

たとえば食費は黄色、教育費はブルーなどと仕分けすれば、あとで探しやすくなるでしょう。またセルの幅や高さも、文字数やフォントに合わせて自由に変えられます。

つまりエクセルで作る家計簿は自分好みのスタイル、好みのレイアウトに作れるのです。味気ない家計簿がエクセルのお陰でカラフルになり、作るのが楽しくなります。でもあまりハマリすぎないように注意して下さい。

お金がかからない

節約
Photo byUSA-Reiseblogger

パソコンにエクセルさえ入っていれば、家計簿を作るのにお金がかかりません。いままで買っていた家計簿帳やノートがいりません。その購入費用が無料になり、少しずつでも貯蓄などにまわせます。帳面やノートは安いものですが、何冊にもなればそれなりの支出になります。「ちりも積もれば山となる」です。

エクセルの家計簿に必要な項目は?

パソコン
Photo byStartupStockPhotos

エクセルで家計簿を作るには、どんな項目が必要なのでしょう。エクセル画面の一番下にSheet(シート)と書かれたところがあり、そこに名前を付けられるようになっています。

シートはいくつでも増やすことができて、クリックするとちょうどページをめくるような感覚でシートが変ります。このシートに必要な項目を書込んで管理するのです。

具体的な家計簿の作り方や、エクセルの操作方法など詳細については、このあとの「エクセルで家計簿の作り方」などで説明しますので、ここでは大まかな流れと、おすすめの3つのかしこい項目を紹介します。

毎月の家計簿

カレンダー
Photo by yto

最初の項目「毎月の家計簿」をSheet1(シート1)で作ります。ここでは主に毎日の現金のやりくりを(例えば、食費・日用品など)項目別に記録し、それを月ごとにまとめて管理します。月ごとにシートを変えて作ることもできますが、どうしてもシート別に管理したいという人を除いては、多くなりすぎ、項目が煩雑になるのであまりおすすめできません。

年間の家計簿

年間カレンダー
Photo by905513

つぎに「年間の家計簿」をシート2に作ります。ここでは主に銀行の入出金、引落しなどを月ごとに記録します。それから「毎月の家計簿」で記録した現金のやりくりの月額も入力します。給料が振込の場合もここに記録します。この家計簿を管理することにより、家計全体の年間の状況が見えてきます。

ライフプラン

ばら
Photo byKatzenfee50

3つめのシートには将来のライフプランを表にして作りましょう。人生にはいくつかの大きな転機や出来事があります。結婚そして出産、子供の進学、住宅の購入、予期せぬ病気やケガ、その都度大きなお金が出て行くことになります。

関連するまとめ

人気の記事