【プチプラ】シェーディングのおすすめ13選!小顔になれる優秀アイテムは?

【プチプラ】シェーディングのおすすめ13選!小顔になれる優秀アイテムは?

顔に陰影をつけて立体的に見せるシェーディングをやったことはありますか?様々なアイテムがあるわけですが、最近はプチプラのシェーディングが人気となっています。この記事ではそんな小顔になれるような優秀なシェーディングのプチプラアイテムを紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.プチプラの人気シェーディングと効果的な入れ方を紹介!
  2. 2.シェーディングとは
  3. 3.プチプラもあるシェーディングの種類
  4. 4.プチプラもあるシェーディングの選び方
  5. 5.プチプラで人気のパウダーシェーディング6選
  6. 6.プチプラで人気のスティックシェーディング5選
  7. 7.プチプラで人気のクリーム・リキッドシェーディング2選
  8. 8.プチプラのシェーディングの効果的な入れ方
  9. 9.おすすめのプチプラシェーディングを使ってみよう!

プチプラの人気シェーディングと効果的な入れ方を紹介!

Photo byPexels

シェーディングは顔に陰影をつけて立体的な顔立ちにしてくれるメイクアイテムですが、ここ最近ではコスパのいいプチプラ商品が発売されています。そもそもシェーディングにはどのような種類があるかご存知でしょうか?

パウダーやスティック、クリーム、リキッドといったタイプに分かれていくわけですが、選び方は人それぞれになります。肌質や仕上げたいメイクによっておすすめのシェーディングは変わってきます。

この記事ではプチプラなのにしっかりとした性能を持っているシェーディングをいくつか紹介していきます。おすすめの商品に合わせてプチプラのシェーディングの選び方も説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

シェーディングとは

そもそもシェーディングはどういったメイク方法かご存知でしょうか?簡単に言えば、顔に陰影をつけるメイクになるわけですが、陰影だけでなく濃淡を際立たたせることによって顔に立体感を与えるここ最近流行りのメイクなのです。

シェーディングに似たメイクにハイライトがあるのですが、ハイライトは基本的に明るさを強調するメイクとなっています。逆にシェーディングは暗い部分にメイクを施すことによって、明るい箇所を強調するメイクなのです。

中には輪郭をコンプレックスに感じている人もいるかもしれませんが、シェーディングには小顔効果があるのでやるだけでプラスになるメイクといえるかもしれません。

濃淡や陰影で顔を立体的に見せる方法

Photo bynastya_gepp

様々なメイク道具が使いやすくなったため、簡単に外国人風の顔立ちのはっきりとしたメイクを施せるようになってきました。シェーディングはとりわけそういったプチプラアイテムの中でも人気の商品なのです。

本当にコスパのいいプチプラのシェーディングでさえ簡単に濃淡や陰影をつけられるので、率先してメイクに取り入れている女性も多くなってきています。もしかしたらこれまでパッとしないメイクで悩んでいた人はシェーディングを取り入れるといいのかもしれません。

パウダーやスティック、クリーム、リキッドといったタイプに分かれるわけですが、選び方によって少しずつ違った陰影をつけることが可能です。

小顔に見せる効果がある

Photo bynastya_gepp

せっかくメイクを楽しむのであれば、小顔に見せる効果が欲しいと考える人も多いのではないでしょうか?顔に暗い部分を足すシェーディングというメイクは明るい部分を減らすことによって小顔効果につながっています。

陰影がつけ足されることによって、骨格が際立つことにつながるのでより一層小顔効果を狙うことが出来ます。ハイライトとシェーディングをうまく組み合わせれば、本当に見違えるようなメイクに仕上がるのでぜひ試してみてください。

やはりシェーディングは少し暗めのメイクを顔に施していることになるので、もしかしたら浮いて見えることもあるかもしれません。できるだけ使うファンデーションの色に合わせるのがおすすめとなっています。

気になる輪郭もカバー

Photo bynastya_gepp

人間には丸顔やベース顔、卵型、面長といった顔型があるわけですが、それらをコンプレックスに感じている人も少なからずいます。シェーディングはそういった顔型の輪郭をカバーしてくれるので、うまくコンプレックスを克服することが出来るのです。

あまりにもシェーディングを塗りすぎると違和感が増してしまうので、しっかりとどれくらいの量を塗るといいのか試すのがおすすめです。プチプラのシェーディングでも本当に簡単にメイクできてしまうのがシェーディングとなっています。

メイクアイテムの中でも簡単に顔の印象を変えることのできるものなので、プチプラ商品でイメチェンしたい人はぜひ使ってみてください。

プチプラもあるシェーディングの種類

ここまでシェーディングのおすすめの効果について説明してきました。実はシェーディングにはパウダーやスティック、クリーム、リキッドといった種類が販売されているのですが、それぞれ違ったメイクの仕方を楽しむことが出来ます。

もちろんこういった種類のシェーディングはプチプラで手に入れられるので、コスパよくメイクしたい人にもおすすめです。もしもシェーディング初心者の人でしたら、数ある種類の中でもプチプラのパウダーシェーディングを選ぶといいかもしれません。

このようにそれぞれのプチプラもあるシェーディングは選び方によって全く違ったメイクに仕上がるので次の項目からの詳細を参考にしてみてください。

パウダーシェーディング

ずばりパウダーシェーディングは初心者に人気のある商品となっています。基本的にどのようなメイクアイテムでもパウダータイプはあるわけですが、簡単にブラシオンするだけで立体感を演出できるのが特徴です。

パウダーならではのふんわり感と自然さを持っているので、そこまで凝ったメイクに見せたくない時におすすめの選び方となっています。やはり他のパウダーアイテムと同様、ヨレやすい可能性があるので塗りなおしの必要があるかもしれません。

大胆なメイクにならない一方、派手に失敗する心配のいらないパウダーはやはり初心者のシェーディングの選び方におすすめとなっています。

スティックシェーディング

次に紹介したいスティックシェーディングはパウダーよりもヨレにくいのが特徴となっています。スティックといっても比較的リキッドに似ている質感となっているので、マットよりもツヤのあるメイクがしたい人におすすめの商品です。

プチプラアイテムでもしっかりとシェーディングを入れることが可能なので、上級者の選び方となっているかもしれません。しかし、慣れればするするとシェーディングできるようになるので慣れたら買ってみてください。

さらにスティックタイプはリキッドファンデーションとの相性がとてもいいので、もしもそういったプチプラアイテムを使っているのであれば、大手を振っておすすめできます。

クリームシェーディング

次に紹介したいクリームシェーディングはスティックタイプが容器に入れられているバージョンといってもいいかもしれません。他のメイクアイテムと同様に、スポンジやブラシなどで肌に乗せるようなシェーディングとなっています。

やはり滑らかな質感のシェーディングなので、リキッドファンデーションと合わせることもできます。上記のスティックタイプとほぼほぼ同じ性能なので、ツヤのあるメイクをしたいときにもおすすめの商品です。

もちろんクリームシェーディングもプチプラ商品が数多く販売されているので、確実にお気に入りのものを見つけることが出来ます。

リキッドシェーディング

次へ

関連するまとめ

人気の記事