「暫時」の意味は?使い方や類語に「漸次」との違い詳しくも解説!

「暫時」の意味は?使い方や類語に「漸次」との違い詳しくも解説!

「暫時」という言葉を聞いたことはありますか?日常生活では滅多に使われる事はない言葉なので意味や使い方が分からない人も多いのではないでしょうか。今回は「暫時」の意味や使い方、類語の「漸次」との違いについても解説していきます。

記事の目次

  1. 1.「暫時」の意味とは
  2. 2.「暫時」と「漸次」の違いとは?
  3. 3.「暫時」の対義語・類義語とその意味
  4. 4.「暫時」の使い方
  5. 5.「暫時」は「しばらく」という意味
フリー写真素材ぱくたそ

3つ目の例文「暫時つらい時期が続くだろうが、これを乗り越えれば道は開ける」です。この場合は、会話というより書き言葉向けです。意味でも説明しましたが読み方を「暫時(しばらく)」と読ませることもあるので、今回のような例で使う時は「暫時(しばらく)」と読ませて使ってみても良いでしょう。

「暫時」の使い方④

Photo byClker-Free-Vector-Images

4つ目の例文「仲が良くない同僚と街でばったり会ってしまい、私と彼女の間に暫時気まずい空気が流れた」です。このような使い方もでき、使い方としては例文③と同じく「暫時(しばらく)」と読ませたものです。これから小説を書きたいと考えている方などは、参考にしてみて下さい。

「暫時」は「しばらく」という意味

Photo byMyriams-Fotos

ここまで「暫時」について意味から「漸次」との違いまで紹介してきましたが、如何だったでしょうか?あまり使わない言葉なので特に対義語や類語について知らなかった人も多いでしょう。

対義語や類語は知らなくてもさして問題はないですが、対義語や類語を覚えることで状況によって使い分ける事ができます。仕事などで使う機会も今後出てくることもあるかもしれません。

「暫時」では覚えにくいという人は「暫時休憩」という覚え方をすると、意味についても理解しやすいので覚えておくことをおすすめします。これを機会に「暫時」や「暫時」と「漸次」の違いについて理解を深め、今後に役立てましょう!

前へ

関連するまとめ

人気の記事