楽天ふるさと納税はポイント還元率が高い!簡単なやり方やおすすめを紹介!

楽天ふるさと納税はポイント還元率が高い!簡単なやり方やおすすめを紹介!

楽天ふるさと納税をすれば返礼品が送られてくるなどのメリットがあります。自分の好きな返礼品がある自治体に申し込む事も可能です。楽天市場は元々還元率も高い為通常のふるさと納税を利用するよりもお得です。今回は、楽天ふるさと納税のやり方やポイントについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ふるさと納税でお得に楽天ポイントがたまる
  2. 2.ふるさと納税の納め方
  3. 3.ふるさと納税にはクレジットカードの利用がお得
  4. 4.ふるさと納税には楽天ふるさと納税がおすすめ
  5. 5.楽天ふるさと納税を使うには
  6. 6.ふるさと納税で効率よく楽天スーパーポイントをためるには
  7. 7.ふるさと納税の支払いに楽天スーパーポイントを使える
  8. 8.ふるさと納税の注意点
  9. 9.楽天ふるさと納税のデメリット
  10. 10.ふるさと納税の返礼品が見直された
  11. 11.ふるさと納税後のワンステップ特例制度出来ない人
  12. 12.ふるさと納税には楽天ふるさと納税の利用がおすすめ

ふるさと納税でお得に楽天ポイントがたまる

Photo by377053

楽天には、ふるさと納税があり利用している人も沢山います。ふるさと納税は、納税しなければいけないからデメリットがあるんではないかと思う人もいます。しかし、他の自治体を応援することができ、自分にも沢山のメリットがあります。ふるさと納税を行うメリットについてご紹介していきます。

ふるさと納税とは

Photo byTBIT

ふるさと納税制度を利用している人は沢山います。ふるさと納税をすることでそれ以上のお礼が返ってくる場合もあります。ふるさと納税とはどういう制度なのか知らない人は沢山います。

ふるさと納税は、自分が住んで居る自治体以外の応援したい自治体などに納税することで自己負担金額を引いた、基本全額が住民税と所得税から控除されることをいいます。納税することでお礼の品も届くのでメリットもあります。

自分で自治体を選ぶことができ、1つの自治体だけでなく複数の自治体に寄附ができるという点でもメリットがあります。通常のふるさと納税は、全国の自治体から選ぶことができるので、その地域の特産品などが返礼品となるので、楽しみながら行えます。

ふるさと納税のメリット

Photo byAlexas_Fotos

ふるさと納税は、税収減少が深刻になったことから作られました。今まで住んでいた自治体から、大学進学のために別の自治体に引っ越しそのまま就職してしまうというケースは少なくありません。

そこで、ふるさと納税という制度を利用すれば故郷に住んで居なくても遠くから応援することができます。どこに行っても自分の、故郷を応援できるメリットがあります。

Photo by3dman_eu

さらに、お礼の品が貰えるというメリットがあります。自分の欲しいお礼の品があれば、納税するだけで貰えるというメリットがあります。そのほかには、クレジットカード決済で、納税すればポイント還元されるため、メリットが沢山あります。ふるさと納税は、1つの自治体だけでなく複数の自治体に行うことができます。

ふるさと納税の納め方

Photo byrawpixel

ふるさと納税を行うと今まで困っていた自治体を助ける事ができます。自分が応援したいと思っている自治体にふるさと納税することで、自治体は助かり納税者はお礼の品を受け取ることができます。自治体によっても返礼品が違うため楽しみながら行っている人もいます。ここでは、ふるさと納税のやり方についてご紹介していきます。

寄附金控除上限額の確認

Photo bynattanan23

ふるさと納税を経験したことがある人もいるかもしれません。ふるさと納税を行えば返礼品が受け取れるためお互いにメリットがあります。

楽天のふるさと納税を目にしたけどやり方が分からないという人も多いですが、特に難しい操作は必要ないのでとてもやり方は簡単です。しかし、ふるさと納税を行う際には寄附金控除上限額を確認しておかなければいけません。

複数の自治体に納税している人もいたすが、全て合わせた納税額が決まっています。例えば50,000円の寄附を自治体にしたとします。控除額が48,000円となるので自分が負担する金額は2,000円となります。それ以上納税しようと思っている人もいますが、上限額を越えても控除はされないので注意しましょう。

上限を超えると納税できない

Photo byangelolucas

楽天ふるさと納税をしている人は沢山います。しかし、楽天ふるさと納税をする上で知っておかなければいけないことがあります。楽天ふるさと納税は、どれだけでも納税できるという訳ではありません。一人一人納税額は変わってきます。

一律ではないのかという疑問を持つ人も居ますが、ふるさと納税は年収や家族構成で変わってきます。そのため、一人一人の納税額が変わるということです。楽天ふるさと納税を行う前に寄附金控除上限額計算シミュレーションが出来るので、自分の納税額を把握しておくことをおすすめします。

納めたい自治体の選択

Photo byfancycrave1

ふるさと納税をやってみたいけどやり方が分からないという人も沢山います。ふるさと納税を行う前にまずは、自分が納税したいと思う自治体を選択します。自治体によってお礼の品が違います。

欲しいお礼の品がある自治体に納税するのもいいですし、応援したいと思っている自治体を選択するなど、自治体を選びます。中にはお礼の品を贈らない自治体もあるので、しっかり確認してから選択しましょう。さらに、応援したい自治体はあるけどお礼の品は要らないという人もいます。その際には、納税だけ行いお礼の品を辞退することも可能です。

次へ

関連するまとめ

人気の記事