「贔屓」の意味と語源とは?使い方の例文や類語もあわせてチェック!

「贔屓」の意味と語源とは?使い方の例文や類語もあわせてチェック!

「贔屓する」という使い方をする「贔屓」という言葉がありますが、「贔屓」の意味を正しく理解できているでしょうか。「贔屓」の意味や語源、対義語、類語について網羅した内容になっています。「贔屓」の正しい使い方をしっかりと理解していきましょう。

記事の目次

  1. 1.「贔屓」の意味とは?
  2. 2.「贔屓」の対義語・類義語 
  3. 3.「贔屓」の使い方・例文
  4. 4.「贔屓」と「えこひいき」の違い
  5. 5.「贔屓」を使う際の注意点
  6. 6.「贔屓」の由来・歴史
  7. 7.「贔屓」の英語表記
  8. 8.「贔屓」は「気に入った人を特に引き立てること」という意味

「贔屓」の意味とは?

Photo byStartupStockPhotos

「贔屓」とは、「ひいき」という読み方をする言葉です。「贔屓」の意味や使い方を例文で分かりやすくご紹介していきます。「贔屓」の意味や使い方の他にも、類語や対義語、英語表現についてもご説明していきましょう。

「贔屓」の正しい意味や使い方を知って使いこなせるようにしていくことができる内容になっているので、最後までしっかりと読んでみて下さい。それでは、「贔屓」の意味から解説していきます。

意味「気に入った人を特に引き立てること」

Photo bycuncon

「贔屓」の意味には、「気に入った人を特に引き立てること」「後援すること」「引き立てる人」という意味があります。使い方としては「弟の方を贔屓してかわいがっていてはいけません」「贔屓の客が来ましたよ」「贔屓筋」

「故郷の力士をいつも贔屓しています」という使い方があります。「贔屓」の漢字であつ「贔」の意味には、重い荷物を背負うという意味がありました。「屓」の意味には花で息をするという意味があります。

フリー写真素材ぱくたそ

語源としては「ひき」と「贔屓」は発音されていて、思い荷物を持てるよう息を荒くして力むという意味がありました。

これが、「ひいき」になって誰かを助けるために力むことという意味になって、自分の好ましく思う人を特に引き立てることが「贔屓」の意味になったのです。「贔屓」の語源については後ほど詳しくご説明していきましょう。

「贔屓」の対義語・類義語 

Photo byGDJ

「贔屓」には、対義語と類語があります。そもそも「贔屓」の対義語とは「贔屓」の反対の意味の言葉という意味があって、「贔屓」の類語とは「贔屓」と同じ意味の言葉という意味があります。「贔屓」の対義語と類語のそれぞれの意味と使い方についてご紹介していきます。

「贔屓」の対義語

Photo bygeralt

それでは、まず「贔屓」の対義語についてご説明していきます。「贔屓」の対義語の意味と使い方について例文で分かりやすくご紹介していきましょう。「贔屓」の対義語は「贔屓」と反対の意味でもあります。どういった意味があって使い方はどんな使い方があるのでチェックしていきましょう。

対義語「公正」の意味

フリー写真素材ぱくたそ

「贔屓」の対義語として「公正」があります。「贔屓」の対義語「公正」の意味には「特定の人だけの利益を守るのではなく、誰に対しても公平に扱う様子」という意味があります。

「贔屓」の対義語「公正」の使い方として「常に公正な判断が必要になってきます」「公正な姿勢が必要です」という使い方になります。

対義語「平等」の意味

Photo byPexels

「贔屓」の対義語として「平等」があります。「贔屓」の対義語「平等」の意味には「その社会を構成する、全ての人を差別することなく待遇すること」という意味があります。

「贔屓」の対義語「平等」の使い方としては「平等に分けているので安心して下さい」「全ての人に平等にして下さい」という使い方になります。

対義語「公平」の意味

Photo bymozlase__

「贔屓」の対義語として「公平」があります。「贔屓」の対義語「公平」の意味には、「全て同じように扱うこと」という意味があります。

「贔屓」の対義語「公平」の使い方として「常に公平な姿勢が求められる仕事をしています」「子ども達には常に公平に接しているつもりです」という使い方になります。

「贔屓」の類語

Photo bycongerdesign

続いて、「贔屓」の類語についてご紹介していきましょう。「贔屓」の対義語と類語を理解しておけば「贔屓」についてより深い理解をすることができます。

「贔屓」の類語の意味と使い方についてご説明していきましょう。「贔屓」の類語は言い換え表現としても使うことができるのでチェックしてみて下さい。

類語「愛顧」の意味

Photo bystevepb

「贔屓」の類語として「愛顧」があります。「贔屓」の類語「愛顧」の読み方は「あいこ」という読み方をします。「贔屓」の類語「愛顧」の意味には「人などに目をかけて引き立てること」という意味があります。

使い方としては「日頃のご愛顧に感謝して記念セールを開催いたします」という使い方があります。「贔屓」の類語「愛顧」と似たような言葉として「愛好」という言葉があります。

この「愛好」の意味には趣味や嗜好品に対しての好みに対する意味があります。ビジネスシーンでは使わない言葉でもあるのでご注意下さい。

類語「お引き立て」の意味

次へ

関連するまとめ

人気の記事