かっこいいドイツ語リスト!格言・響きが綺麗な言葉・スラングまで一挙紹介

かっこいいドイツ語リスト!格言・響きが綺麗な言葉・スラングまで一挙紹介

ドイツ語の響きをかっこいいと思ったことはありませんか?ちょっとしたスラングや深い意味を持つ格言にまで、ドイツ語にはかっこいい響きを持つ言葉がたくさんあります。今回は、そんなかっこいい響きを持つドイツ語の世界へご案内しましょう。ドイツ語に興味のある方は必読です!

記事の目次

  1. 1.かっこいいドイツ語①単語
  2. 2.かっこいいドイツ語②フレーズ
  3. 3.かっこいいドイツ語③人気の名前リスト
  4. 4.かっこいいドイツ語④響きが綺麗な言葉
  5. 5.かっこいいドイツ語⑤スラング
  6. 6.かっこいいドイツ語⑥面白い意味の言葉
  7. 7.日本に浸透しているドイツ語もある
  8. 8.動物の名前が入った面白いドイツ語
  9. 9.ドイツ語はかっこいい響きの言葉が多い

かっこいいドイツ語①単語

Photo bygeralt

かっこいい言葉の響きを味わうなら、まずは単語から始めましょう。集中して、ドイツ語の響きがかっこいいことに気付けるのではないでしょうか。良い意味も持った単語はもちろんのこと、悪い意味を持った単語ですら、響きのかっこいいものはあります。それでは、どんなかっこいい言葉があるのか見てみましょう。

良い意味の単語リスト

Photo bysweetlouise

響きがかっこよく、かつ良い意味を持ったドイツ語の単語をご紹介しましょう。日本でも既にお馴染みとなっている言葉もあるかもしれません。ご紹介する中でかっこいいと感じたものがあれば、パスワード設定の時に使えるという嬉しい面もあります。ドイツ語はかっこいいだけでなく珍しいので、何度も設定をする手間が省けます。

danke(ダンケ)

Photo byMaklay62

「ありがとう」という意味です。ドイツ語を知らなくても、このかっこいい言葉を知っているという方は多いのではないでしょうか。ドイツ人と話す機会があれば、ぜひ使ってみましょう。相手は「おっ!」と思ってくれるはずです。簡単ながらかっこいい響きを持っていますし、言われて不快なる人もいません。

gemuetlich(ゲミュートリッヒ)

Photo byJamesDeMers

「居心地のいい」や「くつろいだ」という意味の言葉です。寒い日を過ごす、暖炉のある暖かな部屋といったイメージで、ドイツ語ではよく使われるかっこいい単語です。ドイツ人が好んで使う言葉の一つだとも言えます。ドイツは冬が長く寒いので、そんなお国柄にぴったりあてはまります。

lieblich(リープリッヒ)

Photo byamayaeguizabal

「(子供などが)愛らしい」「(風景などが)明るい」という意味を持つドイツ語です。語尾に「リッヒ」という音が付く単語は多いのですが、このリッヒがドイツ語らしいかっこいい響きを演出しています。響きはドイツ語らしくかっこよくても、意味は可愛らしい単語です。単語としては、liebだけでも通じます。

Schatz(シャッツ)

Photo byandreas160578

「宝物」「財宝」という意味を持つ単語です。主に恋人や夫婦間、あるいは子供への呼びかけに使われています。英語で言う「ダーリン」や「」ハニー」に当たる表現です。「僕/私の宝物!」と呼びかけてもらいたいなら、ドイツ人と付き合うか結婚しましょう。甘い意味を持ちながらも、響きはやはりかっこいいものになります。

悪い意味の単語リスト

Photo bySplitShire

悪い意味でも、響きがかっこいいドイツ語もあります。知っておいても、日常生活ではあまり使えないかもしれませんが、そのかっこいい響きだけでも楽しんでおきましょう。かっこいいだけでなく印象的な響きの単語もありますので、心に残るものもあるかもしれません。それでは、いくつか例を挙げてご紹介します。

einsam(アインザム)

Photo byFree-Photos

「ひとりぼっちの」「孤独な」という意味の単語です。この単語に付いているeinsは、ドイツ語で「1」という意味なのです。このことから、孤独やひとりぼっちという意味になっています。あまり良い意味の言葉ではありませんが、ドイツ語らしいかっこいい響きを感じることが出来ます。

Geraeusch(ゲロイシュ)

Photo bycongerdesign

かっこいい響きながら、「雑音」「騒音」という意味を持っています。ドイツは、日本以上に音に敏感です。アパートやマンションなどの集合住宅では、夜何時以降はシャワーを浴びてはいけないというルールを設けているところもあります。生活音は、時には他人にとっての「ゲロイシュ」となってしまうのです。

Schande(シャンデ)

Photo bymintchipdesigns

「恥」「不名誉」といった意味を持っています。ドイツ語にはsch(シュ)というスペルを持った単語が多いのですが、これがかっこいい響きを生み出す役割をしています。単語の頭にあるschは強く発音しましょう。ネイティブに近いかっこいい発音になりますし、ドイツ人からも一目置かれます。

関連するまとめ

人気の記事