「非難」の意味は?使い方や類語に「批判」との違いも分かりやすく解説!

「非難」の意味は?使い方や類語に「批判」との違いも分かりやすく解説!

「上司から非難される」のように、日常ではネガティブな意味で用いられることの多い「非難」。きついニュアンスがあるだけに、日常生活ではなかなか使いにくいかもしれません。非難の意味と使い方を正しく把握して、普段の生活で誤解を招かないようにしましょう。

記事の目次

  1. 1.非難の意味とは?
  2. 2.非難の由来
  3. 3.非難の類語表現と意味
  4. 4.非難の対義語表現と意味
  5. 5.非難の使い方
  6. 6.非難の注意点
  7. 7.非難は「相手の欠点やミスを感情的に指摘する」という意味

非難の意味とは?

Photo bymary1826

非難とは、「相手の欠点やミスを指摘し、責めたてる」という意味の言葉です。言葉としてはネガティブな意味があり、きついニュアンスを含んでいるため、日常の会話ではなかなか使いにくい表現かもしれません。

また、非難は「F国の決議を強く非難する」などのように、かしこまった公的文書においても用いられる表現であり、その場合には、経済制裁や国交断絶などを視野に入れている、という意味も込められています。

日常の表現としては、「あなたを非難します」のように直接的な意味で使われることは少なく、相手を厳しく責めたてているその行為全体を非難、という意味で表す使い方が一般的になっています。

非難の由来

フリー写真素材ぱくたそ

非難は、「非」と「難」、それぞれの意味が組み合わさってできた表現です。難には「欠点、難点」という意味があり、一方の非には「悪く言う、責めたてる」という意味があります。

このことから、非難は「相手の欠点や難点をきつく責めたてる」という意味であると解釈することができ、批判や論難、指摘などと似ている表現としてとらえることができます。やや響きの強い言葉といえるかもしれません。

なお、二字熟語には、「同じ意味の漢字を重ねた言葉」、「正反対の意味の漢字を組み合わせた言葉」、「前の漢字が後の漢字に修飾されている言葉」というパターンがあり、非難はこのうちの3番目のパターンに入ります。

熟語表現の成り立ちをさかのぼってみることで、表現としての意味や使い方をより深く理解することができますので、耳慣れない表現に出逢った際にはぜひ語源や由来にもあたってみましょう。

許嫁の意味とは?関係性や結婚や婚約とのつながりを詳しく解説!のイメージ
許嫁の意味とは?関係性や結婚や婚約とのつながりを詳しく解説!
許嫁という言葉の意味と読み方をご存知ですか?今回は、許嫁の関係性や結婚や婚約とのつながりについて詳しく解説していきましょう。現代では、あまり聞くことがなくなった許嫁ではありますが、許嫁の意味を知り、理解していきましょう。

非難の類語表現と意味

Photo byTumisu

非難にはいくつもの類語があり、それぞれに意味と使い方が異なっています。非難の意味やニュアンスをより正確につかみ、日常生活で正しく使うためにも、非難の類語表現とそれぞれの意味、使い方について具体的に把握しておきましょう。非難との違いについてもぜひチェックなさってください。

類語①批判

フリー写真素材ぱくたそ

非難と意味のうえで最も近いといえる熟語表現は、批判です。どちらも相手を厳しく責めたてる、という意味の言葉であり、口論や議論の中で用いられる表現でもあります。批判は英語では「clitic」であり、cliticalなら批判的、という意味になります。

日本でも現在、「批判的思考」が重視されており、海外の大学では論文や書物などを論理的かつ批判的なスタンスから比較検討する「クリティカル・リーディング」というトレーニングが取り入れられています。

批判というと大げさな意味に感じられるかもしれませんが、暮らしの中でもたとえば、メディアから一方的に流される情報をその都度批判的に検討することによって、健全な意味でのメディア・リテラシーが身につけられます。

類語②論難

Photo byClard

論難は非難よりもやや強い意味があり、かしこまったニュアンスが込められています。論、という漢字が使われているように、論難には「相手を論理的に問い詰める、欠点を指摘する」という意味があり、相手の欠点をただ指摘する非難とは意味のうえでも大きな違いがあります。

論難は日常語としては使い方がやや難しいかもしれませんが、論壇や研究の世界では「A氏の矛盾を論難する」などのような文脈で使われています。日常の中でさりげなく使うとおしゃれな表現のひとつです。

類語③糾弾

フリー写真素材ぱくたそ

糾弾は、「相手の失敗や矛盾を法的に訴え、改善を求める」という意味です。米国などで大統領が公的に糾弾されると弾劾裁判となり、訴えが認められれば大統領の訴追が行われます。

このように、糾弾には「法的根拠をもとに相手を追及する」という意味があり、ただ単純に相手の欠点やミスをあげつらう非難とは意味のうえでも、またニュアンスとしても異なっているため注意が必要です。

批判との意味の違いは?

Photo by torisan3500

非難と批判は意味がよく似ているため、日常の場面でもしばしば混同されがちですが、本来は使い方も大きく異なる言葉です。まず、非難のほうは「相手の欠点やミスを感情的に指摘する」というニュアンスがあり、怒りにまかせて相手を怒鳴り問い詰める場合にも使われます。

一方、批判には「相手の欠点やミスを論理的に指摘する」という意味があり、怒りにまかせて欠点やミスをあげつらうだけでは批判とは言えません。非難は感情的、批判は論理的という風に違いを覚えておくとわかりやすいのではないでしょうか。

また、非難が一方的に相手を遠ざける意味の言葉であるのに対し、批判のほうはあくまでも論理的な議論の中で相手との一致点や妥協点を見出していく、という意味で使われています。

非難の英語表現は?

Photo byGDJ

非難の英語表現は、「condemnation」です。これは、強調の意味がある接頭辞「con」と「demnation(相手を責めたてる)」というふたつの言葉が組み合わさってつくられた言葉で、日本語と同じく、きつい調子で相手を責めたてる、という意味になります。

なお、批判は英語で「clitic」ですが、cliticとcondemnationにも意味やニュアンスのうえで違いがあり、英語表現としてもシチュエーションに合わせて使い分ける必要があります。英語での表現も合わせておさえておくと、非難本来の意味をより深くまで理解することができます。

非難の対義語表現と意味

フリー写真素材ぱくたそ

日常の場面では使い方がなかなか難しい非難という言葉。類語を覚えるだけでは、意味がわかりにくいかもしれません。非難の対義語表現の意味と使い方、例文について詳しくおさえておくことで、非難の意味を把握し、日常のさりげない場面で使いこなせるようにしましょう。

対義語①賞賛

フリー写真素材ぱくたそ

次へ

関連するまとめ

人気の記事