「掌握」の意味は?使い方・例文・類語も分かりやすく解説!

「掌握」の意味は?使い方・例文・類語も分かりやすく解説!

「人心を掌握する」などという使い方がされる「掌握」という言葉がありますが、「掌握」とはいったいどういう意味なのでしょうか。「掌握」という言葉の意味や「掌握」の使い方の例文の他、「掌握」の類語などについて詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.掌握の意味とは?
  2. 2.掌握の類語
  3. 3.掌握の使い方・例文
  4. 4.掌握を使う際の注意点
  5. 5.掌握の由来
  6. 6.掌握の英語表記
  7. 7.掌握は意のままにするという意味

掌握の意味とは?

Photo byFree-Photos

テレビドラマや小説などの中で時折「掌握」という言葉が使われますが、「掌握」の意味を問われた時に正しい意味をすぐに答えられるという人はそう多くありません。

「掌握」という言葉は一般的な日常生活の中ではほとんど使われませんので、「掌握」の意味が分からなくても仕方がないと言えます。

「掌握」という言葉の漢字から何となく意味を理解しているつもりでいる人も多いですが、「掌握」にはかなり深い意味があります。

「掌握」という言葉にはいったいどのような意味があるのか、まずは「掌握」の意味についてご紹介しましょう。

意のままにするという意味

Photo byFree-Photos

「掌握」の意味の一つ目は、「意のままにする」という意味です。「意のままにする」の意味は「思い通りにする」という意味で、「掌握」の意味は「思い通りにする」という意味になります。

「掌握」という言葉は「人心を掌握する」などという使い方が多いですが、「人心を掌握する」は「人の心を思い通りにする」という意味になるため、「掌握」はあまり良い意味であるとは言えません。

ですが「掌握」は必ずしも人の心に対してのみ使われる言葉ではありませんので、「意のままにする」という意味は悪い意味ばかりではないとも言えます。

心をつかむという意味

Photo by089photoshootings

「掌握」の意味の二つ目は、「心をつかむ」という意味です。「掌握」という言葉は「人心を掌握する」などといった使い方がされますが、この場合には「心をつかむ」という意味で「掌握」が使われていると言えます。

「心をつかむ」には「非常に気に入られる」「好ましい印象を持ってもらう」「惹きつける」といった意味がありますので、こちらの意味なら「掌握」はとても良い意味になります。

ですが「心をつかむ」という意味で「掌握」を使っていても、何かの企みなどが含まれている際にはあまり良い意味ではないとも言えます。

自分の支配下に置くという意味

Photo byTeroVesalainen

「掌握」の意味の三つ目は、「自分の支配下に置く」という意味です。ビジネス戦略などにおいて「掌握」という言葉を使う場合には、「自分の支配下に置く」という意味で「掌握」が使われることが多いです。

戦争や政治などに関することで「掌握」という言葉が使われることもありますが、その場合「自分の支配下に置く」という意味で「掌握」が使われます。

「支配」の意味は「ある者が自分の命令などで他者を束縛する」なので、「自分の支配下に置く」という意味はかなり悪い意味になります。

「掌握」には「意のままにする」「心をつかむ」「自分の支配下に置く」という意味がありますが、「掌握」は良い意味でも悪い意味でも使えますので、使い方が難しいと言えます。

掌握の類語

Photo byFree-Photos

「掌握」の意味についてご紹介しましたので、次は「掌握」の類語についてご紹介します。「掌握」には「意のままにする」「心をつかむ」「自分の支配下に置く」という意味がありますので、似た意味を持つ言葉が「掌握」の類語になります。

「掌握」の意味「意のままにする」「心をつかむ」「自分の支配下に置く」は良い意味でも悪い意味でもありますが、「掌握」の類語として挙げられる言葉はあまり良くない意味の言葉が多いです。

「掌握」と似た意味を持つ類語にはいったいどのような言葉があるのか、「掌握」の類語についてご紹介しましょう。

支配

Photo byFree-Photos

「掌握」の類語の一つ目は、「支配」です。「掌握」には「自分の支配下に置く」という意味がありますので、「支配」は「掌握」に極めて意味の近い類語の一つとして挙げられます。

「掌握」という言葉は「人心を掌握する」などという使い方が多いですが、この「掌握」を「支配」に言い換えるととんでもなく悪いイメージになってしまいます。

「支配」という言葉は「掌握」の類語として一番に挙げられる言葉ではありますが、「掌握」の言い換えに使うことは難しいと言えます。

把握

Photo byFirmBee

「掌握」の類語の二つ目は、「把握」です。「把握」の意味は「しっかりとつかむこと」「良く理解すること」という意味で、「しっかりとつかむこと」という意味の方が「掌握」の「心をつかむ」という意味に近いため「掌握」の類語になります。

「把握」という言葉は「掌握」の類語として挙げられる代表的な言葉ではありますが、使い方という点では「掌握」とは異なるため「掌握」の言い換えには使えません。

「掌握」という言葉が使われている文章を「把握」と言い換えると訳の分からない文章になったりしますので、その点では「把握」は「掌握」とは違うと言えます。

牛耳る

Photo byFree-Photos

「掌握」の類語の三つ目は、「牛耳る(ぎゅうじる)」です。「牛耳る」の意味は「集団などを自分が中心になって支配する」という意味で、「掌握」の意味「自分の支配下に置く」という意味に非常に近い意味を持つ類語です。

また「牛耳る」には「意のままにする」という意味もありますので、「掌握」に極めて近い意味を持っていると言えます。

「牛耳る」は「掌握」に非常に近い意味を持っているため「掌握」を「牛耳る」に言い換えることもできますが、「牛耳る」は悪いイメージの言葉なので「牛耳る」に言い換えるとさらに悪い印象になってしまいます。

傘下に収める

Photo byStartupStockPhotos

「掌握」の類語の四つ目は、「傘下に収める」です。「傘下に収める」の意味は「自分の組織の一部に加える」という意味で、「掌握」の「自分の支配下に置く」という意味に近い意味を持つ類語です。

「掌握」という言葉はビジネスシーンなどで結構良く使われる言葉ですが、「掌握」を「自分の支配下に置く」という意味で使う場合には、「傘下に収める」と言い換えることができます。

「掌握」というとあまり良いイメージがありませんが、「傘下に収める」というと悪いイメージになりませんので、ビジネスなどでは「掌握」より「傘下に収める」という言い方をすることが多いです。

手中に収める

Photo byhamonazaryan1

「掌握」の類語の五つ目は、「手中に収める」です。「手中に収める」の意味は「自分のものにする」「手に入れる」という意味で、「掌握」の「自分の支配下に置く」という意味に近い意味を持つ類語になります。

「手中に収める」も「傘下に収める」と同じように、「自分の支配下に置く」という意味で「掌握」を使う際に言い換えに使うことができます。

「手中に収める」は「傘下に収める」に比べると良くないイメージなので、「掌握」の言い換えには「手中に収める」の方が似つかわしいと言えます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事