台湾の言葉事情まとめ!観光で使える挨拶・日常会話・翻訳アプリまで一挙紹介!

台湾の言葉事情まとめ!観光で使える挨拶・日常会話・翻訳アプリまで一挙紹介!

日本人が年間190万にも訪れる人気海外旅行といえば台湾です。「海外旅行といえば言葉が心配」は付き物です。しかし気負わずに使える挨拶から始めてみましょう。そんな台湾での言葉事情から会話に役立つ情報を織り交ぜながらご紹介します。

記事の目次

  1. 1.台湾の言葉は何語?
  2. 2.台湾とはどんな国?
  3. 3.台湾・挨拶の言葉一覧
  4. 4.台湾の観光で使える言葉一覧
  5. 5.台湾・日常会話の言葉一覧
  6. 6.中国語の発音
  7. 7.台湾・言葉の翻訳アプリ
  8. 8.台湾の言葉を話せなくても翻訳アプリを活用しよう!

台湾の言葉は何語?

台湾は日本から近く美味しい料理、物価が安い、治安も良い等の魅力や観光スポットも多く何度も訪れる人もいる人気観光地です。そして海外旅行といえば言葉の問題が気になります。コミュニケーションがとれる挨拶と飲食店や、お土産屋での会話ができると、さらに楽しい台湾旅行となることでしょう。では台湾での言葉は何語なのかご紹介します。

台湾の標準言葉は中国語です。ただし台湾で使われる漢字は日本の漢字もなく中国で使われている簡体字でもなく繁体字を使用した中国語になります。

中国語には2つの漢字が使われており現在中国全土で最も多く使われているのが簡体字です。中国でも元々は繁体字が使われていましたが1950年の漢字簡略化法案により画数の多い繁体字を簡単にした簡体字が使われるようになりました。

Photo byChickenonline

そして台湾では標準語の中国語以外の言葉も使われています。それは台湾語です。台湾の南部や高齢者の方に、その傾向があります。また若い方や地域的な場所では台湾語を知らない方もいます。その台湾語は福建省南部で話されている閩南語(びんなんご)から派生した中国語の大きなグループの中の方言のような言葉です。

標準言葉は中国語

Photo by shokai

台湾の南部や高齢者また家庭内や親しい友人との間でだけ台湾語を話す方もいますが公共な場や学校では中国語を言葉としています。しかし中国では漢字の画数を簡略化した簡体字が使われていますが台湾では昔のままの繁体字が使われています。ですから台湾での標準語は中国語で一部で台湾語が使われているのが実情です。

台湾とはどんな国?

Photo byHugo_ob

台湾は見る・食べる・買うの魅力が沢山ある国です。観光で人気のある台湾は観光客が多いので何処へいっても人が多く活気にあふれています。特に台湾観光で一番人気の食べる・買うを、お得に楽しめる夜市は人が一杯で大変ですが是非体験してみましょう。また繁華街も賑やかで楽しいですが、のどかな風景や夜景も楽しめます。

海外旅行では観光スポットのチェックはちろんですが安心して観光を楽しめる治安事情や旅費の把握のための物価事情を知っておくとよいでしょう。台湾人は親日家の人が多く日本人に優しいと言われていますから台湾人との会話も楽しんでみましょう。

ただし台湾には親日家が多いからといって安心しすぎてはいけません。観光客狙いのスリやひったくりは台湾でも発生しています。人の多い場所へ行ったときには注意して下さい。

①治安

Photo by3005398

海外で比較すると比較的治安は良いとされている台湾ですが人が多く集まる場所でのスリや置き引き等の危険は日本以上です。また観光客はそういうターゲットにされやすいので気を付けて回避する方法を知りましょう。また地域により治安の違いがあるので知っておきましょう。そこでトラブルを回避する方法をご紹介します。

スリや置き引き・ひったくりは観光客の集まる観光地や夜市で多発しています。人混みに紛れて行われるので荷物を置いての席とりや背中のリュック・後ろポケットの財布は危険なのでたすき掛けのバックや前掛けリュックにします。

また台湾での交通事情は日本とは違うので注意しましょう。台湾ではバイクの交通量く日本のように歩行者優先というマナー意識が低いので歩行者自身が注意していないと交通事故にも遭いかねません。

Photo by shokai

また台湾での観光地への移動は電車で不自由はありませんがタクシーを利用する人もいるのではないでしょうか。タクシーでは言葉で行き先を告げられない場合は地図や住所を見せる方法もあります。そして女性の夜間の一人乗りは避けた方が良いでしょう。また後ほどご紹介する翻訳アプリを活用してトラブルを回避できるような対策も考えておきましょう。

②物価

Photo by densetsunopanda

台湾旅行の魅力に物価が安いので旅費が助かる。そして、お得感を味わえるという楽しみがあります。たしかにバス・タクシー・鉄道の交通費や食事代は日本に比べると安くて満足できますが以前よりは台湾の物価も上がっています。また台湾では衣類は安いか高いかの分類が多く中間のお値段の商品が少ないなど物により価格帯と品揃えが日本とは違います。

台湾の通貨は台湾元で略称は元(ユェン)です。またはニュータイワンドル(NTDollar)になります。台湾元のレートをGoogleで検索すると1ニュー台湾ドルは2019年6月24日付けで3.49円でした。ここ1か月の間は3.43円から3.49円で推移しています。

Photo by nakashi

台湾元は両替手数料を入れて考えると1台湾元は日本円で約4円位で計算してください。例えば食事代で計算してみます。台湾人の国民食である魯肉飯(ルーロンファン)は30元前後ですから日本円で約120円で食べられるということです。特に屋台の食べ物は、安くて美味しいので人気です。

台湾・挨拶の言葉一覧

Photo by nakashi

関連するまとめ

人気の記事