係長とはどんな役職・役割?主任との違いや年収・平均年齢を調査!

係長とはどんな役職・役割?主任との違いや年収・平均年齢を調査!

昔から変わらず耳にする役職の中に「係長」があります。係長は一番最初の役職とされています。係長とは何をするの?年収は?給料は?求められるスキルは?上司である課長や部長とは?役員たちとのスキルや年収の違いは?給料も違うの?係長から役員までの違いを解説します。

記事の目次

  1. 1.係長の役割とは
  2. 2.係長の心得とは
  3. 3.係長と主任の違いとは
  4. 4.係長に昇進する平均年齢とは
  5. 5.係長の平均年収とは
  6. 6.課長に必要なスキルとは
  7. 7.係長以上の役職・部下の褒め方の違いとは
  8. 8.係長になるのも莫大な教育費がかかる
  9. 9.役員は給料ではなく「報酬」になる
  10. 10.係長になれない原因は年齢?なれる人との差は
  11. 11.係長は部下をまとめて結果を出す事が目的

係長の役割とは

Photo by Tetsuko Wang

皆さんは、会社での役職について説明できますか?意外とあいまいな役職もあり、どこからが管理職で、どこからが役員で経営陣となるのか、なかなか説明するのも難しいです。また、職種によっては、横文字の肩書もあり、アシスタント、チーフ、ディレクターなどと呼ぶ会社も増えました。

Photo byFree-Photos

今回は、一番下の役職と言われる「係長」に注目し、係長とはどんな役割なのか、何歳くらいの年齢でなる事が多いのか、係長と主任との違い、給料でどのように反映されるのかを調べてみました。管理職ではない係長ですが、社員を管理したり、教育したりする仕事も追加になり、社員から一番近いリーダーと言えるでしょう。

部下のマネジメント・現場の仕事

Photo bygeralt

係長とは管理職ではありません。係長の直属の上司は課長ですが、課長から上の役職は管理職になります。係長とは、一緒に仕事する主任以下の部下や一般社員の管理、進捗具合などを確認・管理しながら毎日の仕事、目標への進み具合を把握し、課長に状況を報告する役割があります。

係長とは、現場やプロジェクト、チームのリーダーです。係長自身も業務をこなしながら、主任からの相談や提案、一般社員の相談や指揮、時には教育指導も行います。係長とは現場作業のプロであること、統率力スキルが求められます。

係長の心得とは

Photo byTumisu

係長とは、どんなスキルが求められどのように日頃の業務に邁進したらよいのでしょうか。係長とはどのような役割、心構えとマネジメントスキルが必要なのでしょうか。皆初めからリーダーシップが取れるはずもなく、仕事のリーダーとしての実力があるわけでもありません。日々の仕事をしながら実力をつけ、人望を味方にしていくのが係長です。

①目標達成に向けて業務責任を負う

Photo byrawpixel

係長とは、会社の方針や目標がおりてきたとき、その目標に向かって創意工夫するスキルが求められます。主任や一般社員と違い、「言われたことをやる」「完璧に仕事をこなす」にあわせて「チーム全体をまとめる」スキルが要求されます。係長とは、目標達成のための責務を負う役職なのです。

②部下の技能を見極めて成長を促す

Photo bynattanan23

係長とは現場の責任者として業務遂行、目標達成のためのマネジメント力も必要です。係長としての現場作業もしながら、担当している部署の全体の状況を把握し、部下のスキルや性格も見ていかなくてはなりません。係長とはリーダーシップを取りながら部下に直接指導したり、励みになるような行動も要求されます。

③統率力をもって現場をまとめる

Photo bymohamed_hassan

係長に求められるもの、それは「統率力と責任」です。日々の業務の中で、順調に仕事が進むことがあれば、思いもよらない失敗に遭遇することもあり得ます。係長とは部下を叱ることも、フォーローも含め、チーム・組織の現場責任者としてしかるべき措置や報告をする責任があります。

係長と主任の違いとは

Photo by thedailyenglishshow

新入社員として配属され、経験を積むと最初につく肩書は主任です。仕事が一人でできるようになると主任に任命され、主任としてスキルを向上しその分野のプロになるよう経験を積んで行きます。主任は、自分の担当する仕事のプロフェッショナルになることですが、その上司となる係長とは何が違うのでしょうか。

仕事上の大きな違いは無い

Photo bygeralt

会社によっては係長という役職がない場合もありますが、仕事上の業務遂行のスキルとしては係長も主任も大きな差はありません。主任とは年次的にも慣れてきて、安定してくると与えられる肩書で「一通り業務を相違なくこなせる」人材に与えられることが多いです。係長とはそのスキルに合わせ、管理能力と責任を負う能力が必要なスキル持つ人になります。

係長に昇進する平均年齢とは

Photo byGraphicMama-team

係長とは通常勤続10年以上の社員が昇進してなる役職ですが中には係長を長年務めて定年を迎える人もいます。係長とは、昇進まで時間がかかる役職なのでしょうか。係長に昇進する平均年齢を調べてみましたた。民間企業は通常全員がほぼ同じ新人から始まり、誰が同期で出世するかを気にしながら仕事することになります。

関連するまとめ

人気の記事