1分間スピーチのお題やテーマまとめ!自己紹介のコツや例文もレクチャー!

1分間スピーチのお題やテーマまとめ!自己紹介のコツや例文もレクチャー!

1分間スピーチをするにあたって、自己紹介以外のスピーチができるよう、お題やテーマをまとめました。また、自己紹介のコツや1分間スピーチの例文、注意点についても解説していますので、この記事を参考に面白い1分間スピーチができるようになってください。

記事の目次

  1. 1.1分間スピーチをふられたらどうする?
  2. 2.1分間スピーチ【準備】
  3. 3.1分間スピーチ【コツ】
  4. 4.1分間スピーチのお題やテーマ
  5. 5.1分間スピーチの例文①
  6. 6.1分間スピーチの例文②
  7. 7.1分間スピーチの例文③
  8. 8.1分間スピーチで身につくこと
  9. 9.1分間スピーチの注意点
  10. 10.1分間スピーチをする前に必ず予行演習をしよう!
  11. 11.1分間スピーチはコツを身につけて!面白いネタを見つけよう!

1分間スピーチをふられたらどうする?

Photo byijmaki

皆さんは突然、1分間スピーチをふられたらどのような話をするでしょうか。鉄板の面白い話を用意していたり、うまく自己紹介で切り抜ける人もいますが、戸惑ってスピーチにならない人がほとんどでしょう。

この記事では、まずは事前に1分間スピーチをすることが決まっていた場合に、どのような準備をすればよいのかや、1分間スピーチを組み立てるためのコツを紹介します。また、お題やテーマの決め方に加え、簡単な例文も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

無理に面白い話をしようとしたり、際立った自己紹介をする必要はありません。会社での朝礼や研修時の挨拶代わりなど、年代も性別もバラバラな人を対象にすることもありますので、万人に向けた話をするように心がけましょう。

1分間スピーチ【準備】

Photo byFree-Photos

まずは1分間スピーチの準備についてです。お題やテーマ決めも大切ですが、いくら面白い話であっても、構成が滅茶苦茶だと、聞いている人にはきちんと伝わりません。

会社の朝礼などで1分間スピーチを求められる場合は、何を伝えたいのか、それがきちんと聞き手に伝わっているかが重要ですので、まずは構成をしっかりと決められるよう、準備を整えましょう。

①1分間スピーチの構成を決める

Photo bycongerdesign

自己紹介など、既に1分間スピーチのお題が与えられていれば楽ですが、そうではない場合は、どのようなテーマで話すのかを決めましょう。お題やテーマの選び方は、後ほど紹介します。

お題やテーマが決まったら、それを誰に伝えたいのかを想像しましょう。会社での1分間スピーチの場合、どのようなお題やテーマであっても、それが自分たちの仕事にどのような関係を持つのか、あるいはどのように仕事に活かすのかまで触れられれば、理想的な1分間スピーチとなります。

その点まで折り込みつつ、全体的にバランスが取れ、聞き手に自分の主張がしっかりと伝わるような1分間スピーチの構成としましょう。

②スピーチは約300字が目安

Photo by briethe

通常、人間が1分間スピーチでの適切な文字数は300字程度と言われています。これは、喋りのプロであるアナウンサーが、1分間に話す文字数が約350文字程度であることから来ています。

これ以上、文字数が多いということはかなり早口になっているため、聞き手にとっては理解しづらくなってしまいます。逆に文字数が少なすぎれば、かなりゆっくりとした口調になっているため、これも聞き手にとっては聞きづらく感じてしまいます。

いずれの場合も、スピーチとしては失敗の部類に入ってしまうため、約300文字という文字数を守ることがコツです。

③1分間スピーチは短時間勝負

Photo byJESHOOTS-com

1分間スピーチは、言うまでもなく短時間の勝負になります。初めは長く感じるかもしれませんが、お題やテーマを決めて、実際に話す内容を考え始めると、300文字というのはすぐにオーバーしてしまいます。1分間スピーチという以上、1分を超えてしまってはいけません。

1分という短時間の中で、自分の主張と、そう主張する根拠を示す必要がありますので、きちんとした構成の1分間スピーチとするように注意してください。

1分間スピーチ【コツ】

Photo by mikecohen1872

1分間スピーチの構成が決まったら、次は実際に話す内容を考えていきます。ここでは、話を組み立てる際のコツについて解説します。

大まかにコツを紹介すると、テーマは1つに絞って、主張・理由・結論の流れを守るというのが重要です。また、これから何について話をするのか、聞き手に伝わりやすいように、スピーチにタイトルを付けるのも良いでしょう。

①テーマは1つに絞る

Photo by Felix Burton

まず、1分間スピーチを話す上で、お題やテーマは1つに絞ります。300文字程度で話す以上、いくら面白いテーマやお題であっても、2つになれば1つあたり150文字、3つになれば100文字ほどになってしまいます。

関連するまとめ

人気の記事