ふくさ(袱紗)の色の選び方とマナーを紹介!葬儀・結婚式での正しい包み方とは?

ふくさ(袱紗)の色の選び方とマナーを紹介!葬儀・結婚式での正しい包み方とは?

結婚式や葬儀の際に使用するふくさについて、今回は紹介していきます。結婚式と葬儀でのふくさの色の違いや色の選び方、包み方やデザインをマナー違反とならない様に、しっかり知識として持っていることが必要です。ご祝儀の包み方も合わせて見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.ふくさの色の選び方や正しい包み方のマナーを紹介!
  2. 2.ふくさ(袱紗)とは
  3. 3.ふくさの色の選び方
  4. 4.慶弔両用のふくさの色の選び方
  5. 5.ふくさの包み方
  6. 6.慶事・弔事のふくさの色や包み方をきちんと覚えよう!

ふくさの色の選び方や正しい包み方のマナーを紹介!

Photo by yto

ご祝儀などを包む際に使用するふくさの使用方法と選び方を紹介していきます。ふくさは、結婚式と葬儀では、色や包み方に違いがあります。知識として持っていないと大変失礼な意味を相手に与えてしまい、自分も恥ずかしい思いをします。

そのようなことにならない様に、マナーとして色の選び方や包み方をしっかりと知識として持っていることが大切です。ここで、改めて確認を含めてふくさについて見ていきましょう。

ふくさ(袱紗)とは

Photo by Kanko*

ふくさとは、どのようなものなのか、説明します。結婚式のご祝儀や葬儀の際に香典を包む絹や縮緬でできた布のことを言います。

ふくさの起源は、手土産や誰かに贈り物をする際に、汚れや日焼けから守るために風呂敷に包んで持って行ったことが始まりとなっています。

ご祝儀や香典を包む絹や縮緬の布

Photo byEngin_Akyurt

結婚式のご祝儀や葬儀の香典を絹や縮緬などで出来たふくさで包むのは、汚れを防ぐためだけではなく金封を受け取る相手の気持ちに対して礼儀を尽くすという意味合いがあります。

そのことからふくさ事態に、大きな意味合いが込められている為、結婚式と葬儀では使用する色や包み方などに注意するポイントがあります。

ふくさの種類

Photo bysusannp4

ふくさには様々な種類があります。それを結婚式と葬儀で使い分けることにより、相手に示す礼儀の意味合いが違ってきます。

これは、マナーとしてしっかりと身に着けていなければならないことになるので、様々な種類の中で正しい物を選べるようにマナーを身に着けておく必要があります。

金封袱紗

金封ふくさは色だけではなく、形も様々なものがあります。選び方にも注意が必要ですが、自身が使用しやすいものを選ぶことも大切です。

金封ふくさは、長財布ような長方形の形をしていて、包むのではなく挟むタイプとなっています。本来は、箱の中身が汚れないように布をかけたことから風呂敷型の物が正式ですが、挟み込むタイプは手軽で人気です。

決して、挟み込むタイプのものはマナー違反という訳では無いので、当日包み方や解き方がもたつくと不安な方にはお勧めの形状となっています。

爪付き袱紗

爪付きふくさは、正式な風呂敷型の正方形の風呂敷になります。包んだ後に袋が開かないように爪がついていることが特徴です。

包み方は、ふくさを裏返してひし形になるように平らな場所に置きます。この時に爪のついてる部分が左か右で結婚式用と葬儀用で違ってきます。香典や祝儀袋を表書きが見えるように中心よりも右側か左側に寄せて包みます。最後にほどけないように爪を止めます。

台付き袱紗

台付きふくさは、台があることでご祝儀や香典が型崩れしないようになっています。爪付きふくさと同じように台付きふくさにも爪がついていることが多いです。

包み方は、爪付きふくさと同じように包みます。台の四隅にゴムなどで固定できるものがついているので、そこに挟み右開きか左開きになるように、右側、下側、上側、左側、又は、左側、下側、上側、右側で包んでいきます。

結婚式でのご祝儀の渡し方マナーまとめ!ふくさの正しい使い方とは?のイメージ
結婚式でのご祝儀の渡し方マナーまとめ!ふくさの正しい使い方とは?
結婚式で必ず渡すご祝儀。そのご祝儀を渡す際の渡し方があるのをご存じですか?普段何気なく渡してしまっている方、もしかしたら恥をかいているかもしれません。マナー美人になれる結婚式で恥をかかない為のご祝儀の渡し方やふくさの包み方をご紹介します。

ふくさの色の選び方

Photo byfrankspandl

何度も書きましたが、結婚式と葬儀では使用するべき色が違ってきます。色の選び方にも注意が必要です。何色でも良い訳ではないので、マナーとしてしっかりと知っておく必要があります。

又、結婚式と葬儀の両方で使用できるふくさの色もありますので、難しく考えずにある程度自分に合った色を選ぶことができますので、使用してはいけない色を覚えておくと役立つでしょう。

慶事用のふくさの色

慶事用のふくさの色は、主に暖色系の色や華やかなものになります。赤やオレンジやローズや金や紫やえんじや桃など色のバリエーションも柄も豊富なものが多くあります。

今、売られているものでも上記のような柄や色合いが華やかなものが多く比較的選びやすく自分好みの美しいふくさを見つける事が出来るでしょう。

しかし、ご祝儀袋も華やかなものが多いのでふくさとの色合いやデザインのバランスを考えながら購入することをお勧めします。

弔事用のふくさの色

次へ

関連するまとめ

人気の記事