「改めて」の意味と使い方まとめ!正しい敬語表現や類語も確認!

「改めて」の意味と使い方まとめ!正しい敬語表現や類語も確認!

「改めて」はビジネスでも日常でもよく使う言葉です。そんな「改めて」という言葉、複数の意味を持ちます。ここでは「改めて」の意味や、正しい使い方・敬語・類語・英語に至るまでの「改めて」の言葉についてチェックしていきます。よく使う言葉だからこそ、正しく使いましょう。

記事の目次

  1. 1.改めての意味とは?
  2. 2.改めての類語
  3. 3.改めての使い方・例文
  4. 4.改めてと改めましての違い
  5. 5.改めてを使う際の注意点
  6. 6.改めての由来・歴史
  7. 7.改めての英語表記
  8. 8.改めては「また今度」「新たに」という意味

改めての意味とは?

Photo byFirmBee

「改めて」の意味は、大きく分けて2つの意味に分かれます。1つ目の意味は、「もう一度」という意味で「別の機会にまた」ということです。この使い方は、良く使う「改めて」の表現です。

もう1つの意味の「改めて」は、「初めての経験のように感じる」という意味です。新しく感じるという意味なので、漢字だと「新めて」と書きたいところですが、これは間違いです。漢字で「新」を使うならば正しくは「新たに」が正解です。

「改めて」を敬語にしたら「改めまして」という言葉があります。例えば、「詳細につきましては、改めましてご連絡させていただきます。」という使い方、よく目にします。「改めて」と「改めまして」は微妙に言葉の意味のニュアンスが違うので注意が必要です。

改めての類語

Photo bycongerdesign

次は「改めて」の類語を紹介します。「再度」「気を改めて」が初めての経験のように感じるという意味の類語に当たると言えます。

「もう一度」の意味での類語に当たるのは、「出直して」や「体制を立て直して」「新たに」がもう一度や、再度の意味での「改めて」の類語として置き換え可能な言葉になります。

「改めまして」も「改めて」の敬語には当たりますが、類語にも当たります。この場合は、新たに気持ちを切り替えるという意味のニュアンスです。

改めての使い方・例文

Photo byDarkWorkX

今までは「改めて」の意味や類語について紹介してきました。次は、「改めて」の使い方を、意味の違いを含めた上で、4つの例文で紹介します。日常でよく耳にしたり目にしたりする言葉だからこそ、この機会にしっかり使い方のチェックをしていきましょう。

例文①

Photo byFree-Photos

「改めて」の例文1つ目です。「会議の日程につきましては、後日改めて、メールにてご連絡します。」よく目にする文面です。この場合の「改めて」の意味は、「別の機会にまたご連絡します。」という意味合いです。

置き換えると「会議の日程につきましては、後日別の機会にメールにてご連絡します。」となります。「改めて」を「別の機会に」という言葉に置き換えても、十分に意味が通じます。

この「改めて」を敬語にしての「改めまして」の置き換えも可能ですが、少しニュアンスが変わってきます。「会議の日程につきましては、後日改めましてメールにてご連絡します。」いいかがでしょうか?さっきよりかしこまった言い方になっています。

例文②

Photo by philippe.charles9

「改めて」例文2つ目です。次は、「初めて経験する」意味で「改めて」を使ってみます。「親がしてくれたことは、当たり前に感じていたけど、子供を産んで育ててみて、改めて親のありがたさや苦労を知った。」これは、親の苦労やありがたさを再確認したという意味の使い方です。

例文③

Photo byFree-Photos

次は「改めて」例文3つ目です。「試験の合否につきましては、改めてメールでご連絡します。」この場合の「改めて」は「もう一度」の意味で使われています。

置き換えてみると、「試験の合否につきましては、もう一度メールでご連絡します。」になります。置き換えても意味が変わることなく使えます。「ご連絡」という言葉が敬語に思われがちですが、丁寧語なので間違えないようにしてください。

敬語に置き換えて「試験の合否につきましては、改めましてメールでご連絡します。」になってしまうとニュアンスが変わってしまいますので、適切とは言えません。この場合は、目上の人に伝える内容ではないので、「改めて」が適切な使い方になります。

例文④

Photo bysobima

「改めて」の例文4つ目です。「彼女は、バレエが上手なことを噂では聞いていたが、実際にバレエしている姿を初めて見た。改めて彼女の才能のすごさを感じた。」この場合の「改めて」の意味は、「再確認した。」という意味で使われています。

改めてと改めましての違い

Photo bygeralt

「改めて」の敬語に当たる言葉は「改めまして」です。この「改めて」と「改めまして」の違いについてチェックしていきます。同じような意味だと思いがちですが、微妙にニュアンスが違って意味も異なってくるので、しっかり違いをチェックしていきましょう。

例えば、よく聞く言葉で「改めましてこんにちは。本日ご案内させて頂きます〇〇です。」ここでの「改めまして」の意味は、「仕切り直して」という意味で、「新たな気持ち」ということで「改めて」とは意味が違うので使うときには注意が必要です。

「改めまして」は「仕切り直して」「新たな気持ちで」という意味

Photo by4653867

「改めて」の敬語に当たる「改めまして」の意味は、「仕切り直して」「新たな気持ちで」という意味です。気持ちの切り替えをして、再度始める時に「改めまして」を使います。「改めまして」は置き換えると、「そして」という意味でも使われます。

例えるなら、「改めまして皆さま、本日は足場の悪い中、お越しいただきまして誠にありがとうございます。」丁寧な言い回しをすることによって、今までの「改めて」と少し違ってくるので注意が必要です。

改めてを使う際の注意点

Photo by june29

次は、実際に「改めて」を使っていく上での注意点についてチェックしていきます。「改めて」という言葉は、使う状況によっては適切でない場合も考えられるので、しっかりチェックすることが必要になってきます。

例えば、「再度」を表す言葉なので、実際に日程が決まっているのに「改めて」は使いません。明日、明後日と反復することにも使えないので注意して下さい。次の章で使えない例を含めて説明していきます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事