封筒への「書類在中」の書き方まとめ!位置・ポイントや記載するメリットも紹介

封筒への「書類在中」の書き方まとめ!位置・ポイントや記載するメリットも紹介

社会人になると、仕事で重要な書類やお金などを封筒に入れて郵送することが多くなります。封筒に「書類在中」と書き添えて送ると、担当の方に渡りやすいです。今回は、封筒に書く「書類在中」の位置や、ポイントなどについてご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.封筒への「書類在中」の書き方を覚えよう!
  2. 2.「在中」の意味とは
  3. 3.封筒への「書類在中」の書き方
  4. 4.その他「書類在中」の書き方のポイント
  5. 5.封筒に「書類在中」を書くことのメリット
  6. 6.大事な書類は「在中」を忘れずに正しく書こう!

封筒への「書類在中」の書き方を覚えよう!

Photo byandrewlloydgordon

社会人の方はもちろん、就職活動中の学生の方も封筒に「履歴書在中」などと書いて郵送したことはあるのではないのでしょうか。封筒に「在中」と書く時、どの位置でどのように書いたら良いのか困ったことはありませんでしたか。

重要な書類や金品などを封筒の中に入れて送るときに、「在中」と封筒に書いて郵送します。社会人として働くようになると、書類などを入れた封筒に「在中」と書いて郵送する機会は多くなってきます。封筒に「在中」と書いておくと、先方の担当者の方に渡りやすくなります。

ですので、封筒の中に重要な書類などが入っている場合は、「在中」と書くようにしましょう。今回は封筒に書く「在中」の位置や、何色で書けば良いのかなど、「在中」の書き方のポイントやメリットについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

「在中」の意味とは

Photo byFree-Photos

封筒に書く「在中」が表す意味とは何でしょうか。「在中」は、「ざいちゅう」と読みます。在中の意味とは、中に書類や金品などが入っていることを指します。

封筒の中に何が入っているのか、一目で重要度や、どの担当者の方に渡せば良いのかが分かりますので、とても重要なビジネスマナーの一つです。どのような書類が封筒の中に入っているのか、相手がすぐ分かるようにするために「在中」と書くようにします。

また封筒に「在中」と書くのは、郵送で送る場合ではなくても、手渡しで相手に渡す場合にも必要とされています。「在中」は、封筒の中に何が入っているのか分かるように記すものですので、手渡しでも書くようにしましょう。

中に書類や金品が入っていることを表す

フリー写真素材ぱくたそ

「在中」は、中に書類や金品などが入っていることを表しています。重要な書類である場合、先方の担当の方に確実に届けたいという場合は、封筒に「在中」と書くようにすることを覚えておきましょう。

「在中」は、相手の方に封筒の中に何が入っているのか、一目で分かることができるように記載するものです。ですので、ただ「書類在中」と書くのではなく、「重要書類在中」や「履歴書在中」などと、どのような種類の書類が入っているのか、明確に分かるように書くようにしましょう。

「在中」の使い方

フリー写真素材ぱくたそ

ここまで「在中」の意味について説明してきました。封筒の中に入っているものを記す際に、封筒に「在中」と書きます。相手に封筒の中身を知らせることがポイントとなっています。

「請求書在中」や「履歴書在中」など具体的に、何の種類の書類が入っているか相手に分かるように書いておきましょう。

封を切ることなく、封筒の中に何が入っているのか確認できるので、よりスムーズに担当の方に渡りやすくなります。封筒に書く「在中」は、様々な書類に使われます。それぞれの書類が入った場合の「在中」の使い方について、ご説明いたします。

履歴書在中

Photo byslightly_different

就職活動中の学生の方や、求職中の方は「履歴書在中」と封筒に書いて、会社へ送ることが多いのではないのでしょうか。履歴書を封筒に入れて送る場合、必ず「履歴書在中」と書いて送った方が良いとされています。

それは担当の方に円滑に書類が届くようにするためです。また履歴書の他に職務経歴書なども入っている場合は、「応募書類在中」と書くようにしましょう。

納品書在中

Photo byijmaki

納品書とは、商品が納品された際に発行される、納品物が明記されてある書類です。納品された商品の種類や個数が間違っていないか、確認できるように発行される書類です。

納品書は、信書に該当されるものです。担当の方に渡されるまでに、封が開けられないようにしておかなければなりません。封筒に入れて納品書の書類を送る際には、必ず「納品書在中」と書いて送るようにしましょう。

請求書在中

Photo bymohamed_hassan

請求書の書類が封筒の中に入っている場合、相手先のことを考えて、ビジネスマナーとして「請求書在中」と記載しておくようにしましょう。請求書も納品書と同様に、信書になるとされています。

請求書は相手先にとって、とても重要な書類です。受け取った相手が重要な書類だとすぐに分かるように、請求書が入っている場合は「請求書在中」と書くようにします。

領収書在中

Photo byPexels

領収書は、商品やサービスなどの代価として支払人が金銭を支払ったということを証明する書類です。お金を支払ったことを証明する、とても重要な書類となります。

領収書も重要度の高い書類ですので、領収書が入った封筒だと相手が分かるように「領収書在中」と書いておくようにしましょう。また領収書などの重要な書類は、普通郵便で送るよりも郵便書留で送った方が良いとされています。

重要書類在中

フリー写真素材ぱくたそ

「重要書類在中」と書いておくと、速やかに開封されることが予想されます。相手に早く読んでほしい場合、重要な書類であったり、緊急性がある書類が入っている場合は、「重要書類在中」と書きましょう。

また重要書類と書かれているので、雑に扱われる心配もなくなります。速やかに呼んでほしい書類や、大事な書類が封筒に入っている場合は「重要書類在中」と書くようにします。

封筒への「書類在中」の書き方

Photo by duvsbefilmoc

封筒に「在中」と書く意味は、中に書類や金品などが入っていることです。それでは、封筒に「書類在中」と書く時、どのような書き方をすれば良いのでしょうか。

封筒に「書類在中」を書く際に位置や、文字の色、大きさなど、どのような書き方をすれば良いのかで悩んだことはありませんか。「在中」は封筒によく記載されている言葉ですが、正しい書き方について詳しく知らない方もいるのではないのでしょうか。

これから社会人になるという方も、書類を封筒に入れて送る際に「在中」を使う機会が増えてくるはずです。「書類在中」の位置などの書き方を、自分のためにも、相手のためにもビジネスマナーの一つとして覚えておくようにしましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事