履歴書用で私服はNG?好印象な服装や髪型を男女別にまとめて紹介!

履歴書用で私服はNG?好印象な服装や髪型を男女別にまとめて紹介!

履歴書用の写真で私服はNGなのでしょうか?また履歴書写真で好印象を与える服装、髪型、メイクはどうすればいいのでしょうか。ここでは履歴書写真は私服でもいいのか?好印象を与えるポイントはどこに気をつければいいのか?こちらをまとめて紹介しています。

記事の目次

  1. 1.履歴書の写真は私服じゃダメなの?
  2. 2.履歴書の写真が私服でも問題ない仕事・職種
  3. 3.私服で履歴書の写真を撮る場合の注意ポイント
  4. 4.好印象を与える私服の履歴書写真とは
  5. 5.男女別・就職で好印象を与える履歴書の写真も紹介
  6. 6.履歴書の写真は仕事・職種により私服でも良い場合がある

履歴書の写真は私服じゃダメなの?

Photo bygeralt

履歴書に貼る写真は応募先の採用担当者が真っ先に見る部分であり合否を左右しかねない大切な要素でもあります。これから就職活動や転職活動をおこなうにあたって履歴書に貼る写真はスーツか私服か迷われる方もいるのではないでしょうか。

履歴書の写真で好印象を与えることができれば、面接時にも有利に進めることができますし、採用される可能性がグッと高まります。

ここでは、「履歴書の写真は私服でもOKなのか?」「私服で履歴書の写真を撮る場合に注意するポイントは?」「履歴書の写真で好印象を残す服装や髪型は?」について気になるポイントを男女別で紹介していきます。

履歴書の写真が私服でも問題ない仕事・職種

フリー写真素材ぱくたそ

正社員で応募する場合、企業側から私服を指定されていない限り、履歴書の写真は季節問わずスーツで撮影するのが一般的です。しかしパートやアルバイトであれば履歴書の写真が私服でも問題ない仕事・職種は多くあります。

仕事や職種によっては私服のほうが採用する企業側に好印象を与えることができることもあります。それでは履歴書の写真が私服でも問題ない仕事・職種をいくつか紹介していきます。

制服があるパートの仕事

Photo byPexels

店舗ごとに決められた制服があるパートの仕事は、履歴書の写真が私服でも問題ない場合がほとんどです。例えば、スーパーやコンビニ、飲食店などが挙げられます。

上記以外の仕事で、指定された制服があるかわからないのであれば、事前にホームページで実際に働いている方の服装をチェックするのもひとつの手です。不安であれば面接前に人事担当の方に電話で確認しても問題ありません。

私服の勤務が可能なパートの仕事

Photo byPhotoMIX-Company

私服の勤務が可能なパートの仕事も、履歴書の写真が私服でも問題ないケースが多いです。代表的な例はアパレル関係の仕事です。アパレル系の仕事はスーツではなく私服を指定される場合もあります。

そのほかでは、軽作業や製造関連の仕事があります。求人票を見て私服勤務OKと記載があれば、私服でも大丈夫なケースが多いです。

パートでもスーツでの写真が良い仕事は?

Photo by089photoshootings

ここまで、履歴書の写真が私服でも問題ない仕事・職種を紹介してきましたが、パートでもスーツで写真を撮ったほうが良い仕事はどのような仕事や職種になるのでしょうか?

パートでもスーツで写真を撮ったほうが良い仕事は、普段からスーツを着用しなければいけない仕事や職場です。オフィスやデスクワークなど事務系の仕事などがあげられます。

スーツでの業務が当たり前となっている企業に応募する際には、必ず履歴書の写真はスーツで撮るようにしましょう。

私服で履歴書の写真を撮る場合の注意ポイント

Photo byClker-Free-Vector-Images

それでは私服で履歴書の写真を撮る場合のどんなことに気をつければいいのでしょうか。個人のセンスが問われるため私服で写真を撮るのは意外と難しいと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

いくら私服で撮影OKだといっても最低限のマナーや常識を守るようにしなければいけません。ここでは、私服で履歴書の写真を撮る場合の注意ポイントをまとめて紹介していきます。

肌の露出が多い私服は避ける

フリー写真素材ぱくたそ

胸元が開きすぎたVネックや露出の多いタンクトップ、ノースリーブの私服は避けるようにしましょう。肌の露出が多い私服は非常識・職場にふさわしくないと思われてしまうこともあり、悪い印象をあたえてしまいます。

また、女性の場合はボディラインがくっきりわかるものや肌が透けて見える私服も上記と同じ理由で着用しない方が無難です。

デザインや色が派手な私服もNG

Photo by MaloMalverde

デザインや色が派手な私服も基本的にNGとされています。デザインや色が派手な服はどこか真面目さであったり、誠実さに欠けた印象を与えてしまいます。

履歴書の写真を撮る際に、個性やオシャレをアピールする必要はありません。言葉は悪いですが、ありきたりで大人しめの服装が履歴書の写真を撮る場合に適した服装です。

ラフ過ぎる私服にも注意

Photo byPexels

ラフすぎる私服にも注意してください。ラフすぎる私服は採用担当者から見て、清潔感がない、だらしがない人に映ってしまうこともあります。こちらもイメージダウンにつながる可能性が高いため避けたほうが無難です。

好印象を与える私服の履歴書写真とは

Photo bygeralt

ここまで避けたほうが無難な私服、NGな私服をご紹介してきましたが、採用担当者に好印象を私服の履歴書写真とはどのような私服を選ぶといいのでしょうか。

また、髪型やメイク、普段身に着けているアクセサリーはそのままでも問題ないのか気になる方も多いのでは。ここでは好印象を与えるための履歴書写真にするためのコツを紹介していきます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事