「見てください」の正しい敬語表現まとめ!意味や上司への使い方など詳しく紹介

「見てください」の正しい敬語表現まとめ!意味や上司への使い方など詳しく紹介

上司やお客様に何かを「見てください」と伝えたい時にふさわしい敬語を使うことができていますか?「見てください」の敬語や尊敬語としての適切な使い方や意味を例文や類語を挙げながら解説します。正しい敬語を使い上司やお客様とスムースなコミュニケーションをしましょう!

記事の目次

  1. 1.「見てください」の敬語表現や使い方を紹介!
  2. 2.「見てください」の意味とは
  3. 3.「見てください」はビジネスで使える敬語?
  4. 4.「見てください」の敬語表現への言い換え・類語
  5. 5.「見てください」の敬語表現を上司に使うには?
  6. 6.「見てください」の英語表現
  7. 7.「見てください」の正しい敬語表現を使おう!

「見てください」の敬語表現や使い方を紹介!

Photo bySharonMcCutcheon

ビジネスシーンで上司や目上の人に何かを「見てください」と表現する場面は多数ありますが正しい敬語表現を使いこなせていますか?「見てください」の意味やビジネスで使うのにふさわしい敬語表現への類語や言い換え表現を紹介します。

「見てください」がどのように見て欲しいのかによって伝える言葉を選ぶ様にすると正しく意味が伝わりますのでそれぞれの表す意味や敬語としての表現方法をしっかりと押さえておきましょう。

「見てください」を上司に使う場合の適切な敬語表現や英語で「見てください」を表現した言葉の使い方まで紹介しますので適切な表現をしてスムースなコミュニケーションを取れるようにしましょう!

「見てください」の意味とは

フリー写真素材ぱくたそ

「見てください」と上司に言う場合はあまりないでしょう。それは「見てください」が敬語表現としては敬意が足りない表現となることが理由です。

まずは「見てください」がどのような敬語表現なのかということと、相手に「見てください」とお願いする表現の内容についてそれぞれの表す意味や使い方を紹介します。

尊敬語として敬語を使う場合にも元々の意味を把握していなければ間違えた意味の類語を使ってしまう恐れがありますので「見てください」が何を見て欲しいのかということを押さえておくことは重要なことです。

「見てください」は「見る」+「ください(丁寧語)」

Photo by torisan3500

「見てください」「見る」と「ください」を合わせた丁寧語としての敬語ではありますが、「見る」は敬語となりませんので上司やお客様には相応しくない敬語の使い方となっています。「見てください」を尊敬語として使う為には「見る」を敬語表現にする必要があります。

「見てください」は相手に対して依頼する意味がある言葉となっていますので、相手に気持ちよく意味が伝える為には上司や目上の人に応じた敬語表現や尊敬語を正しく使う必要があります。

相手に気持ちよく感じてもらえる表現でこちらの意思を伝え、相手にこちらが望む行動をしてもらうことがコミュニケーションの目的となっています。

言葉遣い一つで相手に望む行動をしてもらえないとなるのは本末転倒なこととなりますので正しい敬語をしっかりと押さえておきましょう。

相手に見ることをお願いする表現

フリー写真素材ぱくたそ

相手に「見る」ことをお願いする尊敬語や謙譲語などの敬語表現はたくさんあります。例えば「見てください」が「書類を見る」ということを上司や目上の人に対して使う場合は「見る」を尊敬語にした「ご覧ください」と類語に言い換えると敬意を正しく表現することができます。

他にも「参考にすること」の意味を相手に伝える場合は類語表現の「ご参照ください」と尊敬語に言い換えて伝えると適切な敬語表現をすることができます。

「お目通しください」や「目を通していただく」は丁寧語の表現となりますので、尊敬語表現としては「お目通しいただけますでしょうか」とする方が上司に使う場合には良いでしょう。

「ご確認お願いします」は上司に使える正しい敬語?使い方・例文・類語も紹介のイメージ
「ご確認お願いします」は上司に使える正しい敬語?使い方・例文・類語も紹介
ビジネスの場で「ご確認お願いします」という言葉をよく使う方は多いでしょう。普段何気なく使っているこのフレーズはどのような状況や相手に使うのが正しいのでしょうか。今回はこの「ご確認お願いします」は上司に使える敬語なのか、使い方、例文、類語をまとめてみました。

「見てください」はビジネスで使える敬語?

Photo byFree-Photos

「見てください」は丁寧語となり、敬語ではありますが、丁寧語な為上司に使う場合には敬意が足りず、人によっては「命令された」「上から目線で言われた」と捉えかねられません。

見て欲しい事や状況によっては類語に言い換えて、尊敬語や謙譲語の敬語と言い換えて相手に意図を伝えることが上司や目上の人とスムースなコミュニケーションを取ることに繋がります。

人により命令されていると捉えられる場合も

フリー写真素材ぱくたそ

「見てください」は丁寧語な為、上司や目上の人に使うと表す敬意が足りずに、人によっては「命令されている」や「上から目線で言うな」と不快な思いをさせてしまう恐れがあります。

そんな場合は「見てください」という言葉が何を見て欲しいのかと言う意味を勘案して類語に言い換え、敬語に言い換えることが必要です。

親しい上司では許される言葉遣いでも、もう一つ上の上司や社外の目上の人に対しては尊敬語としての敬語を使うと良い場合が多い為「見てください」との使い方には相手との関係性や示す敬意の大きさを敬語で適切に表現することが大切です。

「見てください」の敬語表現への言い換え・類語

Photo byPublicDomainPictures

ここでは「見てください」を敬語表現に言い換えた類語を紹介します。尊敬語としての「見てください」の使い方や「見てください」」が何を見て欲しいのかや「見る」をどのくらいの重要さや慎重さで見て欲しいのかを相手に的確に伝えるための言い換え方や敬語表現を解説します。

伝えたい意味や相手に敬意を表す尊敬語とその使い方を押さえておくと「見てください」という意思を的確に、そして失礼がない敬語表現として使うことができますので正しい使い方を覚えておきましょう!

尊敬語「ご覧ください」

Photo byargh

「見てください」を尊敬語としての敬語表現は「ご覧ください」です。「ご覧ください」は「ご覧」が「見る」の尊敬語と「ください」の丁寧語を組み合わせた丁寧な敬語となります。「ご覧ください」は目上の人や上司に「見てください」との意味を適切に伝える言葉遣いです。

尊敬語の注意点としては相手が自分よりも上の人にしか使えないことと、後に続ける表現を尊敬語にして重ねると二重敬語となり誤用となってしまいますので言葉の組み合わせに注意が必要なことになります。

例文紹介

Photo byFirmBee

「見てください」の尊敬語、「ご覧ください」を使った例文を紹介します。目上の人や上司に対して何かを見てもらいたい時に「こちらの資料をご覧ください」やお客様に対して「料金表をご覧ください」などの使い方をすることができます。

あくまでも「見る」ことを相手にお願いする表現となっていますので相手がどのように見るべきなのかを指定したい場合は類語に言い換える必要があります。

確かめてもらいたい場合

フリー写真素材ぱくたそ

次へ

関連するまとめ

人気の記事