牛乳パック椅子の作り方まとめ!簡単&かわいいDIY方法を詳しく解説!

牛乳パック椅子の作り方まとめ!簡単&かわいいDIY方法を詳しく解説!

牛乳パックを使って簡単にかわいい椅子を作ってみましょう。今までは捨てていた牛乳パックを、簡単にかわいい椅子にDIYする方法を紹介します。大人が座っても安心な強度も兼ね備えている牛乳パック椅子を、子供の長期休み時の工作やエコの為に是非挑戦してみてください。

記事の目次

  1. 1.簡単でかわいい牛乳パック椅子の作り方を紹介!
  2. 2.牛乳パック椅子のメリット
  3. 3.簡単な六角形の牛乳パック椅子の作り方
  4. 4.背もたれのあるかわいい牛乳パック椅子の作り方
  5. 5.強度のある肘掛け付き牛乳パック椅子の作り方
  6. 6.簡単DIYで牛乳パック椅子に挑戦してみよう!

簡単でかわいい牛乳パック椅子の作り方を紹介!

Photo by iyoupapa

牛乳を飲みきった後の牛乳パックを洗ってそのまま捨ててはいませんか。捨てようとするのをやめて、牛乳パックを使って牛乳パック椅子をDIYしてみましょう。いくつかの空の牛乳パックを組み合わせることで簡単にかわいい、強度も十分な椅子をDIYできます。ではその作り方を紹介しましょう。

牛乳パック椅子のメリット

Photo by jetalone

牛乳パック椅子の作り方を紹介する前に、まずは牛乳パック椅子のメリットから見てみましょう。牛乳パック椅子を作ることで様々なメリットが生まれます。家庭に嬉しいメリットが牛乳パックという簡単に手に入る物で簡単に手に入る為、このメリットを知ればきっとDIYしてみたくなるはずです。

お金をかけずに作れる

Photo by free pictures of money

まず一つ目の牛乳パック椅子のメリットは、余分なお金をかけずにDIYできるという点です。これは家計に嬉しいポイントと言えます。

牛乳パックは牛乳を買えば後は中身を飲み干すだけで簡単に手に入れることができます。使う牛乳パックはどんなものでも構いません。その為、わざわざ高い牛乳を買う必要はなく、普段購入している物で十分作ることが可能です。それを洗った後捨てずに置いておくだけで牛乳パックは溜まります。

又、後程紹介する牛乳パック椅子の作り方の部分で牛乳パック以外に必要な道具を改めて紹介しますが、どれも家の中にあるものばかりなので、わざわざ用意する必要もありません。もし、たまたま家になかったというものでも牛乳パック同様、簡単に安く手に入る物ばかりですので心配いりません。

軽いのに強度もある

Photo bysvetlanaeliseevan

次に二つ目の牛乳パック椅子のメリットは、強度が十分にある椅子をDIYすることができるという点です。その為、普通に座ることができます。

牛乳パック一つでは中々その強度を感じることは難しいかもしれませんが、それでも元々は牛乳という多少重量もある水分が入っている為、普通の紙と比べると十分な強度を感じられます。牛乳パック椅子の強度を1番に感じられるのは、牛乳パック椅子が完成した時です。

又、強度があるということは重いのではないかと感じられるかもしれませんが、牛乳パック椅子は完成したその後も軽く、移動も簡単です。普通の椅子では強度が上がるほどに重量も増していきますが、これは嬉しいポイントと言えるでしょう。子供でも楽に運ぶことができます。

他に同じものはない

フリー写真素材ぱくたそ

そして三つ目の牛乳パック椅子のメリットは、他に同じ物がない世界に一つだけのオリジナル椅子がDIYで作れるという点です。

インテリアショップで売られている椅子はどこかの家と被ってしまいます。しかし、牛乳パックを使って手作りで作るということは、自分だけのオリジナルデザインの椅子を作れるということです。作り方は後程詳しく説明しますが、土台の外の部分は自由に飾り付けもできます。

飲んでいる牛乳は他の家と被っていても、牛乳パック椅子にしてしまえばオリジナルの牛乳パック椅子に変身します。簡単にかわいい椅子が作れ、尚且つ強度も十分で軽いというメリットばかりの牛乳パック椅子は子供の工作にもおすすめです。ではここから先は作り方を紹介しましょう。

簡単な六角形の牛乳パック椅子の作り方

まずは牛乳パック椅子の中でも1番メジャーで作り方も簡単な六角形の牛乳パック椅子の作り方から紹介します。こちらの椅子は背もたれのない、スツールのような形です。高い物だと1万円を超えるスツールですが、牛乳パックで作るとほとんど牛乳代だけでDIYできます。

用意するもの

Photo byEbweb

まずは六角形の牛乳パック椅子を作る為に必要な道具を見ていきましょう。まず牛乳パックは24個用意し、全て洗って乾かしておきます。

その他にダンボール、はさみ、布ガムテープ、鉛筆、ビニールテープ若しくはセロハンテープです。ダンボールはビールの空き箱などがおすすめでしょう。ダンボールがない方はスーパー等で無料でもらう店舗もある為、いつも買い物に行くスーパー等で確認してみてください。

そして、牛乳パック椅子の外側のデザインに必要な物が次の通りです。まず包装紙で仕上げたい場合は、好きな柄の包装紙を2〜3枚と新聞紙2〜3枚、のりを用意してください。包装紙は厚手で表面がツルツルとしている物を選ぶと綺麗な牛乳パック椅子を作ることができます。

Photo by yhy_jp

又布地の牛乳パック椅子にしたい場合は、90cm×55cmのキルティング生地若しくはフェルト生地、裁ちバサミ、縫い針、マチ針、手縫い用の糸、定規を用意してください。糸はミシンを使う場合はミシン糸でも構いませんが、手縫いの場合はボタン付け用の物などなるべく丈夫な物を選びます。

作り方

Photo byTumisu

ではここから六角形の牛乳パック椅子の作り方を順に紹介していきます。牛乳パック椅子の中でも簡単にできる物ですので、子供と一緒に作ることもできます。夏休みの工作や空いた時間に親子で作ってみましょう。子供と一緒に作る時ははさみや針の扱いに十分に気をつけましょう。

①牛乳パックの口と底部分を切る

Photo bySilberfuchs

まずは牛乳パックをはさみを使って切り開いていきます。縦長の辺のどこか1カ所を切り牛乳パックの横の部分を開けます。そして底の部分は縦長の4辺の底にそれぞれ三角の形がくるように三角に切っていきます。牛乳パックの底にはバッテンの筋があることが多い為、その筋に沿って切りましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

次へ

関連するまとめ

人気の記事