物を減らす方法とコツを伝授!幸せになる&ストレスが減る片付け方とは?

物を減らす方法とコツを伝授!幸せになる&ストレスが減る片付け方とは?

余計な物が部屋にあふれて困っているという人のために、物を減らす方法とコツを伝授しましょう。その方法とコツを実践すれば、物を減らすことができるだけでなく、幸せになれてストレス減少効果があります。一体どんな方法なのか詳しく解説しましょう。

記事の目次

  1. 1.幸せを感じる物を減らす方法やコツを紹介!
  2. 2.物を減らすには
  3. 3.物を減らす方法
  4. 4.物を減らすコツ
  5. 5.物を減らす・片付けることの効果
  6. 6.ストレスが軽くなる物を減らす生活をはじめてみよう!

幸せを感じる物を減らす方法やコツを紹介!

フリー写真素材ぱくたそ

不要なもので部屋がいっぱいで、掃除も片付けも大変という人もいるでしょうが、そのような状態だとストレスもたまります。そこで、物を減らすことで幸せになれる方法やコツを紹介します。とても効果的な方法やコツなので、ぜひ取り入れてみてください。

物を減らすには

Photo bygeralt

物を減らすにはどうすればいいでしょうか。その方法とコツのポイントをまず挙げてみましょう。物があふれている、たくさんありすぎるという人や家庭では。そもそもその物を減らす方法が分かっていないでしょうから、どうすればいいのか項目ごとにお教えします。

必要な物と必要ではない物を見分ける

物を減らすには、必要な物と必要でない物と見分けることから始めましょう。物が減らせない家では、必要な物も必要でない物も混在しています。つまり、整理が付いていないということですが、そのために片付けがうまくできず、不要なものがあふれかえっているのです。

では、どう見分けるかですが、不要な物をまずチェックしてみましょう。愛着がない物、使う予定がない物、あるのかないのか忘れしまいそうな物、自分の生活スタイルに役立たない物などはみんな必要のない物でしょう。

不要な物がチェックできると、物を減らすコツも方法も見えてきます。ただ、必要がないかどうかわからない物もあるでしょうから、今度は残す物を決める必要が出てきます。

残す物を決める

必要のない物のチェックができたら、今度は残す物を考えてみましょう。残す物とは、必要な物のことですが、残すべきものを捨てたり片付けたりすると後悔のもとになりますから、十分検討して決めなければいけません。

残す物の基準は?

残す物の基準は人によっても違い、その判断は分かれるところですが、一般的な基準は示せます。それによると、毎日または将来使う物、季節に応じて使う物、思い出の品、心の支えになる物、自分には必要ないが家族には大事な品などは、だれもが残したいと思う物です。

ただ、この基準で見ても、さらに絞り込むことができます。たとえば、食器は家族が普段使う実用的な物と数人分のお客様用とか、思い出の品は特に思い入れの大きい物だけにするとかです。

8割は必要ない物?

Photo by byzantiumbooks

必要な物と必要でない物の判断は個人差があり、いろいろなケースがありますが、人によっては8割は要らない物だという場合もあります。そのような人の場合は、物を捨てたり片付けたりすることで、ずいぶん家の中がすっきりするでしょう。

断捨離のやり方・方法まとめ!簡単にできるコツや始める順番も紹介!のイメージ
断捨離のやり方・方法まとめ!簡単にできるコツや始める順番も紹介!
断捨離をしたら、必要なものまで捨ててしまったという人も居るのではないでしょうか?断捨離のやり方や方法を知らないと後から後悔してしまう可能性もあります。今回は、断捨離のやり方・方法、簡単にできるコツや順番などについてご紹介していきます。

物を減らす方法

物を減らす具体的な方法を知りたいという人も多いでしょうから、ここからはそのコツを紹介していきます。物の種類ごとに説明していくので、実際に片付けたり捨てたりする場合に役立つ方法とコツですから、取り入れてみてください。

衣類を減らす方法

物を減らす方法のうち、意外に厄介なのが衣類です。衣類は自然にたまっていき、クロゼットや収納ボックスがいっぱいなんて家庭も多いでしょう。それをどう片付けて整理するかが問題になってきます。

そこでまず衣類を全部出して広げてみましょう。よくよく見てみると、ほとんど着ない服というものがあるはずです。そのような服は必要ない物ですから、思い切って断捨離してしまいましょう。もったいないと思う気持ちはわかりますが、これも物を減らす大事な方法とコツです。

では、どのくらい衣類を減らせばいいかですが、クロゼットなどの収納スペースに少しだけ余裕が出るくらいが目安です。もっと衣類を捨てる人もいますが、無理しすぎる必要はありません。

本や雑貨を減らす方法

本や雑誌は、意外にかさばるもので、本棚があふれんばかりになっているという家庭も多いでしょう。その本や雑誌は必要な物だけ、つまり今読んでいる物やこれから読む物、とても印象に残った物などを別にして、片付けてしまうといいです。

片付けるということはつまり処分するということです。ただし、ただ単に捨てるだけでは損ですから、寄付するか買い取ってももらうといいでしょう。傷みが激しい本や雑誌でなければ、それなりに送付先はあるものです。

雑貨については、いろいろなものが含まれるので、一概にこう処分すればいいという方法はありませんが、捨てるのが惜しいのなら、必要な分だけ収納ケースや引き出しにラベルを貼って保管しておくのがおすすめです。

家電を減らす方法

次へ

関連するまとめ

人気の記事