ニキビ肌に効くクレンジングをランキングで紹介!効果や改善傾向の口コミも!

ニキビ肌に効くクレンジングをランキングで紹介!効果や改善傾向の口コミも!

ニキビの改善に効果が期待できるクレンジングをランキング方式で紹介していきます。また、ニキビの改善におすすめのクレンジングの選び方を説明します。さらに、ニキビ改善用のクレンジングを使った人の口コミ情報もまとめて紹介します。

記事の目次

  1. 1.ニキビ肌に優しい人気クレンジングと口コミをチェック!
  2. 2.ニキビ肌へのクレンジングの選び方
  3. 3.ニキビ肌におすすめのクレンジングランキング【プチプラ編】
  4. 4.ニキビ肌におすすめのクレンジングランキング【ブランド編】
  5. 5.ニキビ肌用クレンジングの口コミ
  6. 6.ニキビ対策も考えたクレンジングをしよう!

ニキビ肌に優しい人気クレンジングと口コミをチェック!

フリー写真素材ぱくたそ

肌のトラブルには、シミ、肌荒れ、ニキビ肌があります。シミは日焼け止めクリームを塗ったり、ビタミンCを多く摂ったりすることで予防や改善に効果が期待できます。また、クレンジングを替えることでシミの改善に効果が出る場合もあります。

また、ニキビなどの吹き出物、肌のかさつき、肌のかゆみといった肌荒れは、クレンジングを替えることで改善する効果が期待できます。ニキビ肌の改善に効果が期待できるのがクレンジングです。

クレンジング効果

フリー写真素材ぱくたそ

クレンジングは毛穴の汚れまできれいに洗い流してくれる効果がある人気アイテムです。そのクレンジングを使えば、肌の汚れをきれいに落とすことでニキビの予防にもなりまた、ニキビの改善に効果が期待できます。

シミ、肌荒れ、ニキビ肌などの肌のトラブルの中からニキビ肌とニキビの改善に効果が期待できるクレンジングにスポットを当てて、ニキビ肌に効くクレンジングをドラッグストアのプチプラとブランドに分けてランキング方式で紹介していきます。

さらに、ニキビ肌におすすめのクレンジングの選び方、ニキビ肌におすすめのクレンジングブランドとニキビ肌用クレンジングの口コミも合わせて紹介します。

ニキビ肌へのクレンジングの選び方

Photo byone94

ニキビ肌へのクレンジングは、どのような選び方をすればいいのでしょうか。ニキビ肌へのクレンジングの選び方をみていきましょう。ニキビ肌へのクレンジングの選び方には、肌に刺激が弱いものを選ぶことが大事になります。

また、ニキビ肌へのクレンジングの選び方には、自分の肌質にあったクレンジングを選ぶことが大事です。さらに、ニキビ肌へのクレンジングの選び方は、ニキビの効果が期待できるクレンジングを選ぶようにしましょう。

低刺激のものを選ぶ

フリー写真素材ぱくたそ

ニキビ肌へのクレンジングの選び方には「低刺激のものを選ぶ」があります。ニキビ肌の改善に効果が出るからといっても肌への刺激が強すぎては長く使うことができません。

そのため、ニキビ肌の改善に効果があって、なおかつ、肌への刺激が弱いつまり、肌にやさしいクレンジングを選ぶということです。肌の乾燥や紫外線対策をしないなどの適切にスキンケアをしていないで肌がヒリヒリしたり、かゆくなったりしやすい敏感肌の人は特に注意が必要です。

肌に合ったタイプを選ぶ

Photo byivanovgood

ニキビ肌へのクレンジングの選び方には「肌に合ったタイプを選ぶ」があります。クレンジングといってもクレンジングオイル、クレンジングリキッド、クレンジングジェル、クレンジングクリーム、クレンジング水、クレンジングシートといった種類があります。

そのため、自分の肌がどのタイプのクレンジングに合うのかを考えた選び方が大事になります。ニキビ肌へのクレンジングの選び方の参考のために、これらクレンジングのタイプの特徴をみていきましょう。

クレンジングオイル

クレンジングオイルは、ドロッとしているので肌の毛穴の奥までよく浸透して汚れをきれいに落としてくれるので人気です。つまり、クレンジングオイルは、クレンジング力が高いと言えます。しかし、ドロッとしている分、肌への刺激が強い傾向があり、敏感肌の人にはおすすめできません。

クレンジングリキッド

クレンジングリキッドは、少し粘りのある液体です。そのため、クレンジングオイルと同じように、肌の毛穴の奥までよく浸透して汚れをきれいに落としてくれます。クレンジング力は、クレンジングオイルには勝てません。しかし、クレンジングオイルよりは、肌への刺激が弱いといった特徴があります。

クレンジングジェル

クレンジングジェルは、もっちりとした弾力を持っているゼリー状のものです。肌につけた時に重みのある感触なので、化粧を落とす時に強くこする必要がなく、肌への刺激が弱い特徴があります。しかし、肌につけた時に重みがある分、クレンジングしづらいといったことも起きます。

クレンジングクリームなど

肌への刺激がもっとも弱いのがクレンジングクリームです。滑らかな付け心地で肌にやさしく浸透していきます。クレンジング後も肌に潤いが残るのが特徴なので乾燥肌の人におすすめです。また、クレンジング水は、粘力、弾力がないので肌にやさしくクレンジングができます。

しかし、化粧を落とす効果は弱くなります。また、クレンジング水は、使い方を間違えると肌への刺激が強くなったり、摩擦が強くなったりするため注意が必要です。クレンジングシートは、場所を選ばずどこでも簡単にクレンジングができるメリットがある人気商品です。

ニキビ用クレンジングを選ぶ

ニキビ肌へのクレンジングの選び方には「ニキビ用クレンジングを選ぶ」があります。ニキビに刺激を与えるとニキビが化膿するなどニキビ肌の悪化につながることがあります。そのため、ニキビ肌用のクレンジングを選ぶことが大事です。

ニキビの改善に効果がでるのが、肌を清潔に保つこと、肌を乾燥から守り、肌への刺激を弱くすることです。化粧した肌は汗などの汚れがつきやすくなります。そのため、クレンジングで肌の汚れをしっかり落とすことがニキビの改善に効果がでます。

肌の余分な汚れをしっかり落として、肌の水分の蒸発を防ぎ、ニキビの原因となる毛穴のケアができるクレンジングを選ぶようにしましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事