洗顔は泡立てが重要!肌に優しい洗い方のコツや効果を徹底レクチャー!

洗顔は泡立てが重要!肌に優しい洗い方のコツや効果を徹底レクチャー!

毎日行っている洗顔の正しいやり方をご紹介します。無意識にやっている洗顔で肌トラブルを起こしていたり、シミやシワの原因をつくっていたりと間違いが多いのが現実です。泡立て方がなぜ良いか、泡立てのきめ細かさを出すにはどうするかなど知って試して綺麗になりましょう。

記事の目次

  1. 1.洗顔時に泡立てることによる効果とは?
  2. 2.洗顔時の泡立て方法とコツ
  3. 3.洗顔時の肌に優しい洗い方の手順
  4. 4.洗顔時の泡立てにおすすめのアイテム
  5. 5.洗顔は泡立てることで肌への負担が軽減される!

洗顔時に泡立てることによる効果とは?

フリー写真素材ぱくたそ

洗顔するときに石けんや洗顔料を泡立て使うとどういった効果があるのでしょう。肌をゴシゴシ洗うのがNGなのは一般的にも良く知られています。泡立て洗顔をすると肌の摩擦や抵抗が少なくなり、肌への負担が軽くなります。肌のシワやシミを作らないための効果もあります。

きめ細かく泡立てると毛穴の奥まで浸透し皮脂や角質の汚れを取ることができます。皮脂は取りすぎも乾燥をまねくので良くないのですが、汚れや油分がたまりすぎるとニキビや吹き出物の原因になります。毛穴の奥まで行き届くのはこの泡なのです。

肌への負担軽減

泡立て洗顔は直接手で肌をこすらないので摩擦が起きにくくなります。それは肌へのストレスを減らしてよりナチュラルな肌へと導きます。摩擦が多いと茶色いシミの原因にもなるのでこの茶シミの予防にもなります。

また、泡が肌摩擦を軽減することを毎日繰り返すことで肌質が改善されて、時間はかかりますが、茶シミを薄くしていくことにつながります。美肌作りにも大切な役割があり、肌にかかる負担を軽くするためにも泡立てて洗顔することをおすすめします。

泡が汚れを吸着

泡立てて行う洗顔をするのは、泡の力で汚れを吸着させて肌への負担が最小限になるためです。肌の汚れはくすみや肌トラブルの原因になります。泡が皮脂や角質まで浸透することにより余分なあぶらや汚れを取り除き、清潔できめ細かな肌へ近づくのを助けます。

肌が新しい肌として再生するのには4週間ほどかかります。正しい泡立て洗顔を行うとその日から違いもわかりますが、約1カ月続けると泡が吸着した皮脂や角質の汚れが取り除かれて、目に見えた効果が表れてきます。そうなると毎日の洗顔も楽しくできるでしょう。

敏感肌用クレンジングはコレがおすすめ!肌に優しい商品の選び方や注意点も解説!のイメージ
敏感肌用クレンジングはコレがおすすめ!肌に優しい商品の選び方や注意点も解説!
クレンジングはたくさん販売されていますが、敏感肌に悩んでいてクレンジングの選び方がわからないという人もいます。敏感肌にはどのようなクレンジングが良いのか、敏感肌におすすめの優しいクレンジングなどについて詳しくご紹介します。

洗顔時の泡立て方法とコツ

洗顔時の泡立ての効果や大切さは目に見えてわかるのですが、ただただ泡を立てて洗えば良いのではありません。泡立て方法のコツや洗い方のコツなど、どの様にやるのが効果があがって素肌美人になれるのかを覚えていきましょう。

はじめは毎日正しい洗顔方法を繰り返すのは大変だと思うかもしれませんが、手順は簡単に覚えられ、毎日その肌の状態や変化を感じ取れるとうれしさがでて、鏡を見る回数も増えてきます。毎日繰り返すことがとても大事です。

手をしっかりと洗ってから泡立てる

洗顔をする前に必ずやっておきたいことは、手をしっかり洗うことです。手についている汚れや油分は泡立てにくい材料です。まずは手を洗い清潔にしてから泡立てていきます。水だけですすぐのではなくきちんと石けんやハンドソープを使いましょう。

スキンケアのはじめのステップは手を洗い、きれいな手からが基本になります。石けんも薬用や無添加などより殺菌力があり、肌にもやさしいものを選ぶと良いでしょう。今日からはじめてみましょう。

洗顔料は適量

フリー写真素材ぱくたそ

洗顔料は多すぎても少なすぎても効果が半減してします。多い分にはいいかなと思いがちですが、洗顔料に含まれる成分が皮脂や角質まで浸透していくので、多すぎても過度になりすぎ肌に負担がかかりNGなのです。

洗顔料のタイプによっても違いますが、泡立てたときの泡の量が手のひらを軽くすぼめて入るくらい、卵1コ分ほどの量を目安にしましょう。洗顔料のタイプによってはピンポン玉くらいでよいとされているのもあります。

洗顔時の肌に優しい洗い方の手順

洗顔の手順と方法は、きれいに洗った手で顔の予備洗いをします。ぬるま湯でやさしく顔をおおうようにすすぎます。そうすることでいきなり泡立てた洗顔料を乾いた肌につけることがなく肌への負担も軽くなります。あくまでも予備なのでやさしくつつみこむ様にしましょう。

肌にとって水で洗う方が良いとも言われていますが、肌に負担がかからないぬるま湯をおすすめします。洗い方も絶対にこすらずにソフトタッチでやりましょう。目元などメイクをしっかりしているときは、専用のリムーバーでやさしくふきとっておくと良いでしょう。

①鼻・口周りゾーン

泡を顔全体に乗せてまずは鼻と口回りから始めます。特に小鼻の付け根が汚れや皮脂がたまりやすいので、指を浮かせてクルクル回しながら行います。口回りは食事をするなど汚れている場合もありますが、皮膚の薄い部分にもなるのでやさしく中心から泡を回します。

泡をつぶさずに回していくのがコツで、手早くやさしくていねいにやりましょう。その間にTゾーンや頬などに乗せた泡が汚れを吸着していきます。洗顔の手の動かし方は上から下へ、中心から外側へが基本となります。

②皮脂の多いTゾーン

Tゾーンの洗い方は、顔の中で最も油分や皮脂が多く肌の質もオイリーになる部分なので、しっかり泡で汚れを吸着させたい場所です。額も中心から外側にむかって指先でクルクル回しながら行います。生え際のラインも忘れずにクルクルやりましょう。

眉間から鼻すじを上から下にすべらせて、やさしく先ほどの小鼻付近へ指先をあてていきます。直接指を肌にあてるというよりも泡をすべらせる感覚でやっていくと良いでしょう。指をクルクルと回さない方法もありますが、やさしくクルクルするとお肌のキメに良いとされています。

③頬・目周りゾーン

次へ

関連するまとめ

人気の記事