どんくさい人の特徴や克服方法を確認!向いている職業や付き合い方は?

どんくさい人の特徴や克服方法を確認!向いている職業や付き合い方は?

どんくさい人だと言われたことがありますか?どんくさいの意味と特徴を知っていきましょう。どんくさい人との付き合い方から、どんくさい人に向いている職業なども見ていきます。どんくさい性格を克服し、努力をして自分を変えていきましょう。

記事の目次

  1. 1.あなたの周りにどんくさい人っていますか?
  2. 2.そもそも「どんくさい」の意味とは
  3. 3.どんくさい人の特徴
  4. 4.どんくさい人に向いている職業
  5. 5.どんくさい人との上手な付き合い方
  6. 6.どんくさいことを克服するには?
  7. 7.どんくさい人は努力次第で変わることができる!

あなたの周りにどんくさい人っていますか?

Photo byjosealbafotos

「あなたってどんくさい人だね」と言われたことはありますか?どんくさい人というのは、どこの世界にもいるものです。どんくさい人という呼び方をされて、いい気分がしない人は多いことでしょう。どんくさい人が周囲にいると、和を見出し、迷惑をかけがちです。

どんくさい人だという自覚があったなら、自分を変えていきましょう。どういった努力をしたら、どんくさい性格は治るのでしょうか?まず、どんくさい人の特徴をよく知りましょう。あなたがどんくさい人の特徴に当てはまった場合は、どうすればいいのでしょうか?

フリー写真素材ぱくたそ

どんくさい人の意味を知り、付き合い方を考えていきましょう。どんくさいと自覚している人は、自分の特徴とうまく付き合いながら、他人に迷惑をかけないようにしていきましょう。しかし職場でどんくさいことが理由で周囲に迷惑をかけてしまうケースもあります。

どんくさい人には向いている職業があります。もし職場で自分がどんくさいために浮いていると感じていたら、職業を変えてみるのも方法です。どんくさい性格や特徴を克服する方法もあります。どんくさい性格を克服して、周囲の人に迷惑をかけない人間として成長しましょう。

そもそも「どんくさい」の意味とは

Photo byFran__

あなたはどんくさい人でしょうか?自分がどんくさいかどうかを知るため、まず「どんくさい」の意味を知っていきましょう。「どんくさい」とはどういう意味なのでしょうか?「どんくさい」の意味を知るには、「どんくさい」がどういう漢字を使うのかを見ていくとよくわかります。

「間が抜けている」「いかにものろい」

Photo bygeralt

「どんくさい」は「鈍臭い」と書きます。この漢字を見るだけで、だいたいの意味がわかるのではないでしょうか?「鈍」は「にぶい」という意味の漢字です。さらに「のろい」「頭の働きが遅い」といった意味にもなります。「臭い」は「嫌な臭いがする」といった意味があります。

さらに「怪しい」や「疑いがある」といった意味もあります。「どんくさい」とは「間が抜けている」という意味です。また「いかにものろい」という意味もあります。こちらがじれったくなるほど行動が遅く、のろのろと鈍いことを意味しています。

もともとは京都の方言

Photo by Kentaro Ohno

「どんくさい」という言葉は標準語ではありません。「どんくさい」はどこの方言なのでしょうか?「どんくさい」はもともと、京都の方言です。「どんくさい」は関西弁であると広く理解されているようです。しかしメディアなどの影響により、どんどん広がっていきました。

現在では関東地域やその他の地域でも使われるようになってきました。京都の文化として、「遠回しに言う」というものがあります。ネガティブなことや言いにくいことを失礼にならないように、言葉をにごしてやんわり伝えるのが、「どんくさい」という言葉になります。

どんくさい人の特徴

Photo byharutmovsisyan

自分がどんくさい人間かもしれないと考えた場合、その性格とうまく付き合い、克服していかなければなりません。しかしその前に、どんくさい人の特徴について見ていきましょう。どんくさい人の特徴を知ることで、今後の自分との付き合い方や克服の仕方がわかってきます。

要領が悪い

Photo byFree-Photos

どんくさい人の特徴の1つ目は、要領が悪いというものです。普段の生活や職業の現場でも、段取りよく物事を進めることがうまくいきません。段取りや手際が悪いので、掃除したり料理したりするのにも時間がかかってしまいます。

職業の現場でも凡ミスを繰り返してしまいます。時間だけが過ぎていき、結果が伴わないという事態になってしまいます。職業によっては出世にも影響をきたしてしまいます。

優柔不断

Photo byOpenClipart-Vectors

どんくさい人の特徴の2つ目は、優柔不断だというものです。どんくさい人は、物事をすぱっと決断することが苦手です。物事をてきぱきと判断できないないので、いつまでも「どうしよう」とか「どうしたらいいんだろう」と思い悩みます。場合によっては、決断を放棄します。

そして他人に任せてしまう場合もあります。行動を開始するのが遅いので、周囲の人から大きく後れを取ってしまいます。当然、ゴールに到達するのに時間がかかるので、周囲の人が手伝わなければならず、チームプレイが必要な職業では、周囲の足を引っ張ってしまいがちです。

人と関わるのが苦手

フリー写真素材ぱくたそ

どんくさい人の特徴の3つ目は、人と積極的に関わるのが苦手というものです。自分が周囲に迷惑をかけていると自覚をしているので、周囲と関りを持つのに気後れしてしまいます。迷惑をかけないように気を使っているからこその失敗もあります。その結果、自己評価を下げてしまいます。

そうすることで悪循環を引き起こしてしまいます。困っている人に手を貸してあげたくても、自分の能力に自信がないので、声をかけることができません。誰かといるより一人が楽だと感じて、内向的な性格になってしまうことが多いです。

動作が遅い

Photo byPexels

どんくさい人の特徴の4つ目は、他の人より動作が遅いというものです。どんくさい人は何をやらせても遅く、時間をかけているのにできない人が多いです。急がせてもスピードは上がらず、頼んだ自分がやったほうが早かったという顛末になりかねません。

挙句にミスを犯してしまい、周りはますますイライラします。マイペース過ぎて結果も出ないので、周囲から「あなたはやらなくていい」と呆れられてしまいかねません。亀のようにゆっくり歩いていても、ちょっとした段差でつまずくので、周囲はいい迷惑だと感じてしまいます。

同じミスを繰り返す

次へ

関連するまとめ

人気の記事