協調性がない人の性格の特徴とは?向いている仕事や心理も徹底分析!

協調性がない人の性格の特徴とは?向いている仕事や心理も徹底分析!

周囲の人に協調性がないと言われて悩んでいる方。周囲に協調性がない人がいて対処に困っている方。人付き合いをしていると協調性がない人に悩まされることが多々あります。そんな悩みを少しでも解消するため、協調性がない人の特徴や対処法について詳しく紹介します。

記事の目次

  1. 1.「協調性がない」の意味とは?
  2. 2.協調性がない人の性格の特徴
  3. 3.協調性がない人の行動の特徴
  4. 4.協調性がない人の発言の特徴
  5. 5.協調性がない原因や心理とは?
  6. 6.協調性がない人におすすめの仕事
  7. 7.協調性がない人との付き合い方
  8. 8.協調性がない子供はどうやって育てる?
  9. 9.協調性がないのも個性の1つとして付き合っていこう!

「協調性がない」の意味とは?

Photo bywilkernet

協調性がある、または協調性がないと他人の性格や特徴を評することがあります。協調性がないと判断する場合、大抵の場合は良くない意味で使うことが多いのですが、しかし実際は、協調性がないというのは必ずしも悪い事ばかりではないのです。

もちろん協調性が求められる場面も多々あるので、協調性がないよりもあった方が良いのは間違いありません。しかし、協調性がない人の良さもありますので、その良さを活かしたことを行い、どうしても必要なときに協調性を意識するのが最適かもしれません。

では、その協調性とはどの様な意味なのでしょうか。協調性は「お互いに意識し合うこと」という意味があります。お互いとは必ずしも1対1ではなく、1対複数の場合も含んでいて、複数人がお互いに意識しあうことを協調性と呼んでいます。

自分だけを意識すること

フリー写真素材ぱくたそ

協調性の意味は先ほど紹介したような意味になりますので、「協調性がない」となった場合は「お互いに意識しあうことができない」という意味になります。

つまり「協調性がない人」とは、「相手のことを意識せず自分のことだけを意識する人」ということになります。相手や周囲の人々の行動に合わせることをしない、あくまでも自分の考え、やりたいことをやる人のことを協調性がない人と評していることになります。

今回は、協調性がない人にはどの様な特徴があるのか、向いている仕事はどのような仕事なのか等、協調性がない人について詳しく紹介します。協調性がない部下の育成、協調性がないと言われてしまう方の改善の参考に読み進めてください。

協調性がない人の性格の特徴

フリー写真素材ぱくたそ

それではまず、協調性がない人の性格における特徴を分析してみましょう。協調性がないと思われてしまう人の行動には特徴がありますが、その原因は性格によるものであることが多くあります。

協調性がない人と行動していると、イラっとすることやあきれるような事を言ったり行ったりする場面に遭遇することが頻発します。それらの行動の原因になっている性格的な特徴について、まずは紹介していきましょう。

空気が読めない

フリー写真素材ぱくたそ

日本独特の表現になりますが「空気を読む」という能力は、日常生活においても仕事をしている中でも必ず求められていますし、空気が読み切れていないことで失敗してしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。

仕事での会議等の場で、過去の経緯等を踏まえた空気感が生まれていることがあり、その空気感を読み違えた発言をすることで失敗するケースがあります。

これには、仕事の経緯を知っているか否かも関係していて、この失敗をしたからといって「空気が読めない=協調性がない」にはなりません。

協調性がない人の性格の特徴である「空気が読めない」ことに関しては、その様な空気感が生まれていることにすら気づいていない状況、正しくはそんな空気感を察しようとすらしない。この様な性格的特徴を持っているのが「協調性がない人」の特徴です。

自分と人を割り切る

Photo byHermann

空気が読めないことの要因にもなりますが、協調性がない人の性格的特徴として「自分と他人を割り切って考える」という特徴があります。よく言われる「自分は自分、人は人」と考えている人が多い傾向があります。

突き詰めて考えると「他人に興味がない」ということが協調性がない人の性格的な特徴であると考えられます。協調性がない人は「自分が良ければ良い」と考える傾向があり、自分だけの世界に入っている人、または冷たい性格に人と思われてしまうことも多いでしょう。

プライドが高い

Photo byPexels

協調性がない人の性格的な特徴はまだあります。協調性がない人の性格的な特徴として「プライドが高い」ということも挙げられます。周囲の協調性がないと言われている人々は、こちらが不思議になる程、自信満々に物事を発現する傾向がありませんか?

また、その様な発言を否定されたり、別の提案をされたりすると、突如不機嫌になるような光景を目にしたことは無いでしょうか。協調性がない人の性格的な特徴として「自分が正しい」と思い込む傾向が強くあります。

つまり協調性がない人は、自分の意見に絶対的な自信を持ち、自分が正しいと強く思い込む「プライドが高い」という性格的な特徴があることになります。どちらかというと1人で何でもこなすことが多くなるので、自然とプライドも高くなるのかもしれません。

頑固で融通がきかない

フリー写真素材ぱくたそ

先ほど紹介したプライドの高さにも通じますが、協調性がない人の性格的な特徴の1つに「頑固で融通がきかない」という特徴もあります。

自分が絶対に正しいと信じていて、他人のことを考えることはしない、そして自分が良ければ良い、という性格を併せ持っている場合、自分の意見を曲げる理由がどこにもありません。その為、自分の意見を貫くことになりますので、結果、頑固だと思われるのです。

周囲のことをあまり考えない性格的な特徴がありますので、物事についてもやや視野が狭くなる傾向があり、その1点だけに集中する傾向が強く、それに対して自分で決めたことに対する執着が強くなることも、頑固な性格の要因になっていると考えられます。

協調性がない人の行動の特徴

フリー写真素材ぱくたそ

さて、まずは協調性がない人の性格的な特徴を紹介しましたので、その性格に基づいた行動の特徴を紹介しましょう。ご自身の周囲に協調性がない人が何人か思い浮かぶかもしれません。

それら、周囲の協調性がないと思う人の行動と、これから紹介する協調性がない人の行動の特徴を照らし合わせていただき、確かにあるなんて思いながら読んでいただくと楽しく読んでいただけるでしょう。

一方、ご自身が協調性がないとよく言われてしまう方は、ご自身の行動を振り返り、どの様な行動が協調性がないと思われてしまうのかを顧みながら、今後の行動で気をつける点は気をつけてください。

一人での行動が多い

フリー写真素材ぱくたそ

協調性がない人は、どちらかというと個人の考えを貫き通す行動が多いため、グループで行動することが苦手な傾向があります。

あくまでも自分のペース、自分のやり方で物事を進めたいため、誰かのペースで動くのが苦手で嫌いでもあります。その為、グループで動くよりも一人で行動していたほうが楽に感じるのです。これは仕事でも同じような傾向が見受けられます。

どこか冷めた感じで仕事仲間の盛り上がりを横目で見ているような、グループ単位で仕事をしているとどうしても報連相が滞り勝ちになるのも、自分が思うように進んでいれば問題ないと考えている為に報連相が滞ることが発生してしまうのです。

飲み会などを平気で断る

Photo by shrk

同じ様な事は、仕事の場を離れた場合にも発生します。例えば仕事が終わった後に行われるような、仕事仲間との飲み会の場に対する行動です。

一般的に、会社や仕事関係の飲み会は、親睦を深める良い機会と考えられる一方で、行きたくないと思う時があるのも事実です。しかし仕事の付き合いは断りにくいですし、翌日以降のことを考えても行っておいた方が良いかな、と考えるのも一般的な事です。

次へ

関連するまとめ

人気の記事