ベランダ用のプール特集!マンション用のサイズや子供が遊ぶ際の注意点も解説!

ベランダ用のプール特集!マンション用のサイズや子供が遊ぶ際の注意点も解説!

マンションのベランダでのプール遊びの特集記事です。ベランダで使えるサイズのビニールプールを、日よけ屋根や排水機能、子供の大きさに合わせておすすめを紹介しています。また隣人とのトラブルにならないように、注意点もまとめていますのでご覧ください。

記事の目次

  1. 1.マンションのベランダで遊べるおすすめプールを紹介!
  2. 2.ベランダで遊べるプールの選び方
  3. 3.サイズ2m以内のベランダにおすすめのプール
  4. 4.サイズ2m以内の仕掛け付きベランダにおすすめのプール
  5. 5.ベランダで子供がプール遊びをする際に気を付けたいこと
  6. 6.ベランダでのプール遊びでトラブルにならないための注意
  7. 7.ベランダでのプール遊びであると便利なグッズ
  8. 8.他の住民への配慮も忘れずにベランダでプール遊びしよう!

マンションのベランダで遊べるおすすめプールを紹介!

Photo byPublicDomainPictures

夏になると遊びに行きたくなるのが、海やプールなどのレジャー施設です。でもプールや海に行くとたくさんの人で溢れかえっていて大変だったり、行き帰りの移動が面倒だったりします。またトラブルや事故に巻き込まれる可能性もあり、なかなか大変です。

そこでおすすめなのが、ベランダでのビニールプール遊びです。ベランダでのビニールプール遊びなら自宅で気軽に楽しめるし、汚れる心配もないので手軽です。また着替えを持って出かけることもないし、気軽に友人家族を家に呼ぶきっかけにもなります。

Photo byCharlesRondeau

ベランダ用のビニールプールが家にあると、プールとして遊ぶだけでなく、ベランダでのんびり日光浴を楽しむ時のクーラーボックスのようにして、ビニールプールに氷水を入れてビールなどを冷やしておく事ができます。

このようにベランダで使えるビニールプールにはたくさんの活用法があり、子供たちも家で遊べるとなれば喜ぶことでしょう。そんなマンションのベランダで遊べるおすすめのビニールプールをいくつか紹介します。家のベランダのサイズに合わせて検討してみてください。

ベランダで遊べるプールの選び方

ベランダで遊べるプールは、ベランダの環境によって選べるものが変わってきます。マンション側がベランダでのプールの使用を許可しているのかどうかは大前提として、ベランダがどれくらいのサイズなのか、どのくらいのビニールプールがベランダに合うのかは大切な要素です。

またビニールプールにも様々な種類があり、オープンでシンプルなタイプから、日よけのついた屋根付きタイプ、遊具がついたものまで、ベランダや使い勝手によって選ぶことが出来ます。

Photo bykalcommodore

また排水が出来るのかどうかも重要な要素です。まずはベランダに排水出来る環境が整っているかどうか、どれくらい排水出来るかが大切で、水が溢れてしまっては隣や下の住人に迷惑を掛けてしまうことになります。底のクッションの有無も、使い勝手に影響を及ぼします。

また子供は日々成長するので、今の子供の大きさでプールを選んでしまうと、すぐに大きくなってプールが使えなくなってしまうことも考えられます。様々な要素を考慮しながら、ベランダで使うプールを選ぶようにしましょう。

ベランダの広さに合ったサイズを選ぶ

ベランダで遊べるプールの選び方の1つ目は、ベランダの広さに合ったサイズを選ぶことです。ベランダのサイズはマンションによって大きく異なります。ベランダより大きなサイズを選んでしまうと使い物になりませんし、ベランダギリギリのサイズにしてしまっては子供が遊びにくいでしょう。

ベランダの日よけの位置や、排水の場所の確保もしつつ、最適なプールのサイズを調べておきましょう。ベランダの広さに合ったサイズ選びは、ベランダでプールを楽しむのに一番大切な要素です。

プールのタイプで選ぶ

ベランダで遊べるプールの選び方の2つ目は、プールのタイプで選ぶことです。ビニールプールには様々な種類があり、使いたい用途によって選び方も様々です。日焼けを防ぐために日よけがほしい場合や、遊具で遊びたい場合など、子供のニーズによってプールを選ぶようにしましょう。

ここではシンプルなオープンタイプや日よけの屋根付きタイプ、遊具が付いたタイプなどを紹介します。日よけや排水など、様々な種類があるのでよく考えて選ぶようにしましょう。

オープンタイプ

プールのタイプの1つ目は、オープンタイプです。一番シンプルなタイプのビニールプールで、よく見られるビニールプールといえば、このオープンタイプではないでしょうか。屋根や排水などがない分、視界を邪魔しないので開放感があるのがメリットです。

また比較的安く買えることや、大きすぎないサイズが多いので、ベランダの大きさが十分でない家庭におすすめです。基本的には空気を入れて作るタイプのビニールプールが多いですが、中に水を入れるだけのシンプルなタイプも存在します。すぐに使えてコンパクトに収納出来るのでおすすめです。

日よけの屋根付きタイプ

Photo by SigNote Cloud

プールのタイプの2つ目は、日よけの屋根付きタイプです。これは通常のビニールプールに日よけが付いたもので、ベランダに日陰がなくて紫外線から子供たちを守りたい時に便利です。水がぬるくなりにくいので、子供たちも長時間遊ぶことが出来ます。

屋根は空気を入れて自立させるものが多いですが、キャンプのテントのような凝ったものも存在します。見た目が派手でいいですが、設置に少し手間がかかるのと、収納に大きなスペースが必要になる点は注意が必要です。

遊具が付いたタイプ

プールのタイプの3つ目は、遊具が付いたタイプです。シンプルなビニールプールに、すべり台や輪投げセットなど、子供が喜びそうな遊具がセットになった豪華なセットです。子供たちに人気ナンバーワンのビニールプールなので、奮発したい時にはこのビニールプールを選んであげましょう。

遊具付きのビニールプールは、どうしても大きいサイズが多いのが難点です。マンションのベランダのサイズが小さい家庭にはおすすめできません。またおもちゃがある分かさばるので、収納スペースも余裕がある方が良いでしょう。

排水栓付きかで選ぶ

ベランダで遊べるプールの選び方の3つ目は、排水栓付きかで選ぶ方法です。ベランダでビニールプールで遊ぶ際に、一番大変なのは入れた水をどう排水するかになります。ベランダの排水口がしっかりしていれば、小さいプールであればそのまま流せば済みます。

しかし大きなプールになればひっくり返すのが大変でしょう。またベランダの排水のキャパシティもよく考えないと、水が溢れてしまって下や隣のベランダを濡らしてしまう恐れもあるので注意が必要です。

子供の年齢に合わせて選ぶ

次へ

関連するまとめ

人気の記事