定年後の仕事で人気があるのは?年収や役立つ資格・働き方のポイントも紹介

定年後の仕事で人気があるのは?年収や役立つ資格・働き方のポイントも紹介

定年後も仕事をしたい方が多く定年後も仕事を探している方が多くいます。それでは定年後はどのような仕事が人気なのでしょうか。また、定年後の年収や男性・女性におすすめの仕事はどのような仕事があるのでしょうか。今回の記事では定年後に働きたい方のために紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.定年後も仕事は続けたい!
  2. 2.定年後の仕事で選ばれるのは?
  3. 3.定年後の平均年収は?
  4. 4.定年後人気のある仕事ランキング【男性】
  5. 5.定年後人気のある仕事ランキング【女性】
  6. 6.定年後仕事に役立つおすすめの資格
  7. 7.定年後の働き方のポイント
  8. 8.定年後の過ごし方
  9. 9.定年後の働き方はきちんと考えておこう!

定年後も仕事は続けたい!

Photo byFree-Photos

定年後も仕事をしたい場合、どのような仕事が出来るのでしょうか。また、定年後の年収は下がるのでしょうか。まだまだ元気で働きたい方のおすすめな仕事はどのようなものがあるのか、定年後でも資格を活かした仕事は出来るのかなど、今回は定年後でも仕事をしたい方に向けた記事を書いていきますので参考にしてください。

定年後の仕事で選ばれるのは?

Photo by089photoshootings

定年後も仕事がしたい方は引き続き同じ企業で働くことが多く、継続雇用をお願いする方が多くいます。しかし、継続雇用は期間が短いため、その後の仕事先を考える必要があります。

また、継続雇用をしても年収は定年前とはかなり減る場合が多く、同じ仕事をしても年収が下がることでモチベーションが上がらない方が多くいるのも現状です。

継続雇用を選ぶ人が約60%

Photo byTeroVesalainen

定年後も継続して仕事が出来る継続雇用で働いている方は約60%います。しかし、継続雇用は年金開始年齢の64歳までしか働くことができません。

また、継続雇用で仕事をしたい方の中には継続雇用を希望したのに継続雇用が出来なかったという方もいます。

継続雇用の年収は現役時代の約50%

Photo byElionas

定年後、継続雇用して働いている方が多いですがほとんどの方が現役時代の約50%まで年収を下げられています。

それと比例してモチベーションが下がったという方も約50%います。仕事内容は変わらず年収は下がってしまうのですからモチベーションが下がるのは当然です。

定年後の平均年収は?

Photo byPublicDomainPictures

定年後に働きたい理由は「日々の生計維持」が64.7%となっています。それでは継続雇用以外にも定年後に雇用された場合、年収はどれぐらいもらえるのでしょうか。年齢が上がっていくにつれ年収はどのように変わっていくのでしょうか。こちらでは定年後に再雇用された場合の平均年収を年齢別に紹介していきますので参考にしてください。

60代前半は約400万円

Photo bykschneider2991

定年後の再雇用は社員になることは出来ず、アルバイトやパートなどで仕事するケースが多いため当然年収は下がります。

定年後の60代前半は約400万円で男性の年収は約507万9000円、女性の年収は約232万円となっています。定年後は継続雇用よりもよそで雇用してもらった方が年収がいいのでおすすめです。

60代後半は約315万円

Photo bygeralt

60代後半になると再雇用が難しくなってきますが働くことは出来ます。ちなみに60代後半は約315万円が平均的な年収となっており、男性の年収は約393万円、女性の年収は約203万円となっています。

65歳を過ぎても少子高齢化のため今は年金の受給自体が伸びてきていますので、定年後も働かないと貯えがなくなってしまいます。

70代以上は約290万円

Photo bystevepb

70代以上になると体力面も含めほとんどの企業が雇用するのを拒みますが、仮に雇用された場合の年収は約290万円となっており、男性の年収は約353万1000円、女性の年収は約207万8000円となっています。

定年後から何年も経っていますので、この年齢になると働くこと自体難しくなってきます。この場合、年金と給料を受け取ることが出来るのでおすすめですが、無理はしないようにしましょう。

関連するまとめ

人気の記事