【2020年最新】コストコで買える洗濯機まとめ!機能や値段も徹底調査!

【2020年最新】コストコで買える洗濯機まとめ!機能や値段も徹底調査!

コストコで洗濯機を買えることをご存じですか?実はコストコで洗濯機を購入することができるのです。コストコで買える洗濯機にはどんな機能や値段があるのでしょうか。2020年コストコ洗濯機最新情報になっているのでチェックしていきましょう。

記事の目次

  1. 1.コストコには洗濯機も売ってるんです!
  2. 2.コストコの洗濯機の選び方
  3. 3.コストコで買える日立の洗濯機
  4. 4.コストコで買えるSHARPの洗濯機
  5. 5.コストコで買えるその他の洗濯機
  6. 6.コストコで洗濯機を買ったら保証はどうなる?
  7. 7.コストコで洗濯機を買ったら配送や設置はどうなる?
  8. 8.コストコで洗濯機を探してみよう!

コストコには洗濯機も売ってるんです!

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

大容量の食料品や日用品が購入できるコストコでは、洗濯機も購入することができるのです。コストコで扱っている洗濯機にはどんなものがあるのでしょうか。2020年の最新情報をご紹介していきます。この記事の概要を簡単にご説明していきます。

まず、コストコの洗濯機の選び方をご説明していきましょう。さらにコストコで買える日立とSHARP、その他の洗濯機についてご紹介していきます。ただ、コストコで洗濯機を購入した場合、保証内容が気になる部分でもあります。

コストコの洗濯機の保証についても詳しく解説していきましょう。最後にコストコで購入した洗濯機の配送や配置はどうなるのかについても詳しく解説してくのでチェックしてみてください。2020年最新コストコ洗濯機情報を要チェック!

コストコの洗濯機の選び方

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

それでは、コストコの洗濯機の選び方はどういった点を気をつけた方がいいのでしょうか。コストコの洗濯機の選び方について気をつけて欲しいポイントをまとめていきます。コストコではさまざまなメーカーの洗濯機を取り扱っているので、正しい選び方で選んでみてください。

縦型か横型かで選ぶ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

コストコでは、縦型の洗濯機と横型のドラム式の洗濯機が発売されています。縦型の洗濯機は、横型のドラム式と比べると比較的リーズナブルな値段で購入することができますし、コストコでも購入しやすい値段での販売が行われています。

さらに、縦型の洗濯機の場合は、洗浄力が高く、汚れ物が出るご家庭であれば大変役立つことでしょう。縦型の洗濯機は形がコンパクトで置きやすいというメリットもあるので縦型をあえて選ぶ人も少なくありません。

そして、縦型の洗濯機の場合洗濯槽にたくさん水を溜めてから洗濯する構造になっているので洗浄剤をつかうことでしっかりと洗濯することができるのもメリットになります。

Photo bySnap_it

縦型の洗濯機のデメリットとしてはその形から底が深くなっていて、底の方に溜まってしまった洗濯物をとるのが大変というデメリットがあります。腰に違和感がある方にとっては毎回の洗濯は、負担に感じることが多く洗濯物を洗濯槽から取り出すのがネックとなります。

対して横型のドラム式の洗濯機の場合、乾燥することができるというのが最大の魅力となります。ドラム式の横型の洗濯機は、ドラムの中に空気を循環させることによって、乾燥機能が充実しています。

また、節水面でも大変優秀で洗濯する時に使う水を少ない水でしてくれるので大変節水効果の高い洗濯機であることが証明されています。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

よく洗濯をする方にとっては横型のドラム式の方が節水効果が高いのでおすすめです。横型のドラム式の洗濯機のデメリットとしては、縦型の洗濯機に比べると洗浄能力が少し弱いというデメリットがあります。

そして、縦型の洗濯機と比べるとドラム式の横型の洗濯機はスペースの確保が難しいということもあります。メリットとデメリットを考えて購入していきましょう。

洗濯物の容量で選ぶ

Photo byNoupload

洗濯機の容量についてもコストコで洗濯機を購入する場合チェックしておきたいポイントになります。一般的に大人の人が1人で出す洗濯物の量は1.5キログラムくらいになっています。これにお風呂上りや、洗顔などの時に使うタオルがプラスされます。

さらにスポーツをされる方であれば、スポーツの時に着るウェアなどもつきかされるので洗濯物の量はアップします。もしも家族が多い場合、家族の人数や子どもが小学生か中学生か高校生か大学生かなどによっても洗濯物の量は違ってきます。

欲しい機能があるかで選ぶ

Photo by Norisa1

家庭用の洗濯機でも乾燥機能などの機能がついている洗濯機は増えてきました。洗濯をしたのち乾燥まで行ってくれる乾燥機付き洗濯機は時短にもなり忙しい人を助けてくれるアイテムとして大変人気になっています。

乾燥機が付いている洗濯機がいいのかそれとも必要ないのかによっても洗濯機の選び方が違っています。コストコでもいろいろな機能がついている洗濯機が販売されているので、自分の欲しい機能が備わっているのかチェックする必要があります。

特に家庭用の洗濯機の場合乾燥機能には2つのシステムがあります。それぞれの乾燥機能のメリットとデメリットについてご紹介していくのでコストコで洗濯機を購入する際に参考にしてみてください。まず、「ヒーター式とヒートポンプ式」があります。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ヒーター式の場合は、温度を90度まで上げることで一気に洗濯物を乾燥されていきます。対してヒートポンプ式は60度前後の温度で乾燥させていく洗濯機になります。

ヒーター式の洗濯機の場合は値段は安めの設定になっているのですが、高温で洗濯物を乾燥させていくので服を傷めてしまうというデメリットが存在しています。

ヒートポンプ式の場合は、ヒーター式の洗濯機と比べると値段は高めに設定されていますが、低い温度による乾燥になるので服を痛める心配がありません。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

電気代について考えてみてもヒートポンプ式の洗濯機の方が電気代を抑えてくれるというメリットもあるので長期的に考えるとお得な値段で洗濯機を使い続けられることになるのです。長期間洗濯機を使い続けたいと考えているのであればヒートポンプ式の洗濯機を選んだ方がいい場合も多いでしょう。

そして乾燥機能がついている洗濯機として「インバーター機能」が搭載されている洗濯機があります。「インバーター機能」は、電気量を調節してくれる機能になっていて、モーターの回転数を調整したり、必要な分の電気量を調整してくれるので電気代の面や節水面でも効果が高い機能になります。

さらに「インバーター機能」によって運転音も抑えることができるので夜に洗濯機を回す方にはおすすめで、静かに洗濯機を回すことができます。共働きで夜に洗濯機を回したいけれど、騒音が気になる方におすすめの「インバーター機能」付き洗濯機になります。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

さらに洗濯機の機能として、「黒カビ防止機能」がついている洗濯機もあります。毎日洗濯をしているとどうしても洗濯機にカビが生えてしまうことになります。パナソニックのナノイー機能を使うことで黒カビの発生を抑えてくれるという効果が期待できます。

さらに、液体洗剤や柔軟剤を自動的に投入してくれる機能がついている洗濯機もあります。いちいち洗剤や柔軟剤の量を調整していれる手間が省けるので時短にもなります。毎日のプチストレスを解消してくれる機能がついているかいないかでコストコで洗濯機を選ぶことも大切になります。

洗濯機の大きさで選ぶ

Photo by Sig.

コストコで洗濯機を選ぶ場合、使う人の人数によって必要な洗濯機の大きさが違ってきます。家族が多い場合は、容量がたくさんあるサイズを選んだ方が断然楽になります。

ただ、コストコでは自分の好みの洗濯機のサイズが販売されていない場合もあるのでよく確認してから洗濯機を選ぶようにしてください。

メーカーで選ぶ

Photo by ivva

次へ

関連するまとめ

人気の記事