「嬉しい」を敬語で言うには?目上の方への正しい使い方や例文を紹介!

「嬉しい」を敬語で言うには?目上の方への正しい使い方や例文を紹介!

「嬉しい」は日常会話ではよく使う言葉ですが、目上の人に対して「嬉しい」は失礼になります。敬語表現にするため「嬉しいです」もよく見かけますが正しい敬語なのでしょうか?「嬉しい」の目上の方への正しい敬語の使い方や類語表現などを例文をあげて説明します。

記事の目次

  1. 1.目上の人に「嬉しい」を敬語で伝えよう
  2. 2.「嬉しい」の敬語の使い方は難しい
  3. 3.ビジネスシーンで使える「嬉しい」の敬語例文
  4. 4.「嬉しい」の敬語的意味を持つ英語表現と例文
  5. 5.「嬉しい」の敬語を正しく使おう

目上の人に「嬉しい」を敬語で伝えよう

敬う
Photo bysweetlouise

「嬉しい」は日常会話でよく使いますが、上司や目上の方に「嬉しい」と言うのは気が引けます。目上の方などに敬語で「嬉しい」という気持ちを伝えるにはどのような言葉の使い方をすれば良いのでしょう。

丁寧な敬語表現にするには、よく「です・ます調」が使われますが「嬉しいです」ではどことなく違和感があります。ビジネスや目上の方に失礼にならない正しい「嬉しい」の敬語表現をこれから紹介します。

「嬉しい」の敬語の使い方は難しい

難しい
Photo byHans

「嬉しい」には、昔から「嬉しゅうございます」という非常に丁寧な敬語がありますが、現在のビジネスシーンでは、むしろ不自然であまり使われません。

「嬉しい」の敬語・類語を調べてみると、この他にも色々とありますが、意外に仰々しい言葉が多く会話では使いにくい場合が多くあります。つまり「嬉しい」の敬語は口語の場合と文章やメールなどの場面によって表現を変えなければならない使い方が難しい言葉です。

「喜ばしい」は大げさすぎる

大げさ
Photo byOpenClipart-Vectors

「嬉しい」の敬語・類語に「喜ばしい」という表現があります。意味は嬉しいと同じなのですが、会話では「喜ばしい」は少々堅苦しく大げさな感じがして使いにくい言葉です。

逆に文章の場合では違和感なく問題なく使うことができます。このように「嬉しい」という気持ちを敬語で表現するには、使い方を文語と口語で使い分けなければならないので難しくなるのです。

「嬉しいです」は文法的にNG

文法
Photo byquinntheislander

丁寧な敬語表現にするために「嬉しいです」を使うことがあります。しかし本来文法上では、形容詞の「嬉しい」の後に続く言葉は「嬉しい言葉」「嬉しい贈り物」のように名詞がくるのが原則です。

「です」を形容詞の「嬉しい」につけるのは文法上は間違いになります。しかし昭和27年に国語審議会で「敬語を簡素にする」ことが奨励され「形容詞+です」も認める方向になり「嬉しいです」「楽しいです」「美しいです」も間違いではなくなりました。

「嬉しいです」は、本来の文法では正しい敬語ではないので、日常会話などの口語では使っても良いのですが、ビジネスや文章の敬語表現としては違和感が残るので使用しない方がベストです。

ビジネスシーンで使える「嬉しい」の敬語例文

ビジネス
Photo byFree-Photos

ここまでは「嬉しい」を敬語で表現するためには、シーンにより口語・文語の使い分けが必要なことを説明してきました。

ここでは具体的に、ビジネスシーンで使える「嬉しい」の敬語表現をメールで使う場合、会話で使いやすい表現、行動を促す場合とに分けて例文を交えて紹介していきます。

メールで使いやすい表現・類語

Photo bygeralt

メールでは相手の表情が直接は見えません。つまりこちらが伝える内容や表現が一方通行になります。それだけにメールでの言葉の使い方や敬語には相手に対して失礼にならない配慮が必要です。

そのためには「嬉しい」という気持ちを伝える言葉を選ぶことが大切です。「嬉しい」気持ちを敬語表現する具体例をこれから紹介しますので、シーンに合った表現を探してください。

「大変嬉しく存じます」

嬉しい
Photo byijmaki

「大変嬉しく存じます」という類語表現は、メールで相手に「嬉しい」という気持ちをやや硬い表現ですがストレートに伝えることができます。

例文では「貴社からの提案は、弊社の企画にあたって非常に参考になり大変嬉しく存じます」また「今回新たなプロジェクトに参加できることになり、大変嬉しく存じます。精一杯努力する所存です」のような使い方をします。

「光栄に存じます」

評価
Photo by472301

「光栄に存じます」という敬語表現は、相手から依頼や指名、評価をもらった時に、名誉に感じありがたく嬉しく思うという意味や心情を表す言い回しです。

例えば「私のような者をチームリーダーにご指名いただき、誠に光栄に存じます」や「貴社の壮大なプロジェクトの一員に弊社を加えていただいたことを、誠に光栄に存じます」の例文のように、社内や取引先などの社外を問わず嬉しい名誉をいただいた時の敬語表現です。

「感謝いたします」

感謝
フリー写真素材ぱくたそ

「感謝いたします」は「嬉しい」という感情を置き換えた類語表現です。嬉しいという感情は、相手が感謝に値することをしてくれたことから湧く気持ちなので、「感謝」を「嬉しい」の言い換え表現にすることができます。

「この度は多大なお力添えをいただき、誠に感謝いたします」「このプロジェクトが成功したのも、皆様方のご協力の賜物と感謝しております」の例文のような使い方をして嬉しいという気持ちを表現しています。

会話で使いやすい表現・類語

会話
Photo byTumisu

会話の場合は、前述のメールや文書で使う表現だと逆に雰囲気が堅苦しくなり、話が思うように進まなくなることがあります。相手が取引先や目上の人なのでという思いで文書で使う敬語表現をすると逆効果になる場合があります。

「嬉しい」気持ちを表現する敬語表現には、会話には会話なりに適切な言葉があります。それでは「嬉しい」を会話で伝えやすい敬語表現や類語を紹介します。

次へ

関連するまとめ

人気の記事