ワードウルフの面白いネタ・お題集!ルール・遊び方や勝つコツも伝授!

ワードウルフの面白いネタ・お題集!ルール・遊び方や勝つコツも伝授!

ワードウルフはお題集めさえすれば、幅広い年代の人が道具いらずでどこでも楽しめるおすすめのゲームです。いつでも手軽に大人数で楽しめるワードウルフの面白いネタや面白いお題集、ルールや勝つためのコツ、便利なアプリなど詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ワードウルフの遊び方・お題集&勝つコツを紹介!
  2. 2.ワードウルフとはどんなゲーム?
  3. 3.ワードウルフの遊び方・ルール
  4. 4.ワードウルフの初心者におすすめのお題集
  5. 5.ワードウルフの初心者以外の人も面白いおすすめお題集
  6. 6.ワードウルフで勝つためのコツは?
  7. 7.友達と一緒にワードウルフを楽しもう!

ワードウルフの遊び方・お題集&勝つコツを紹介!

Photo bygeralt

友達や家族とキャンプや飲み会などで楽しい時間を過ごす時、みんなで楽しめるゲームは欠かせません。特に何もなくてもワイワイと盛り上がれるゲームを知っていれば、いつでもどこでも楽しむことができてとても便利です。

今回ご紹介するワードウルフはまさにそんな何もなくても楽しめるゲーム!ゲームマスターが上手に展開することができれば、テレビ電話などリモートでも楽しむことができます。

リモート飲み会にもおすすめのゲーム、ワードウルフの遊び方や面白いお題集、勝つためのコツ、おすすめのアプリなど詳しくご紹介します。

ワードウルフとはどんなゲーム?

そもそもワードウルフとはどんな遊びでどんなルールによって展開されるのでしょう。「飲み会などで朝まで盛り上がった」「何回やっても楽しい」「4人揃ったらとりあえずワードウルフ!」など口コミでは面白いと評判のワードウルフ。

遊び方を工夫すれば、家族、友達、会社など色々な集団で盛り上がることができる簡単なゲームです。知っていると意外なところで役立つワードウルフの概要について説明していきます。

お題を配布して仲間外れを探す

Photo byFree-Photos

ワードウルフは、あるお題について一人だけ仲間外れを探すゲームです。出されたお題について、色々とコメントしていく中で、ひとりだけ皆と違うお題を出された人を当てるというルールです。

お題は名詞であることが多く、小学生からお年寄りまで幅広い年代が混ざって楽しむことができます。メンバーに合わせた面白いお題をチョイスするのがワードウルフを楽しむ際のポイントになります。

人狼との違い

ワードウルフは、ウルフという名前がつくように人狼ゲームとよく似ていると言われます。人狼ゲームとは、狼に成りすました人間と市民とが分かれ、会話をヒントに闘いを繰り広げるというゲームで、ワードウルフよりも複雑な役割設定などがあります。

人狼はプレイする人数に応じて人に扮する狼の人数も変わってきますが、ワードウルフは何人で遊んでも仲間外れはたったの一人です。一人だけ与えられたお題の違う人を見つければよいので、遊び方はとても簡単です。

人狼ゲームのコツは?初心者にもおすすめの方法やルールもご紹介!のイメージ
人狼ゲームのコツは?初心者にもおすすめの方法やルールもご紹介!
プレイヤー同士で会話を行い心理戦を行う人狼ゲームですが、基本的な人狼ゲームのルールや初心者でもわかりやすコツなどを紹介していきます。初めは難しく感じる人狼ゲームも回数を重ねるほどコツを掴んでいきます。ここでしっかりと基礎を学んでいきましょう。

ワードウルフの遊び方・ルール

Photo byFree-Photos

早速ワードウルフの遊び方をご紹介していきましょう。年齢制限や性別制限はありませんが、メンバーの年齢構成によってはお題に気を配る必要もでてきますので、しっかり遊び方のルールをチェックしておきましょう。一度覚えてしまえばとても簡単です。

3~4人以上のプレイヤーを集める

Photo bymohamed_hassan

ワードウルフの遊び方のルールでは、まず最初に3~4人以上のプレイヤーを集めます。便利なアプリを使用すれば、プレイヤー以外のお題を考える役割のゲームマスターを設定せずに済むので、みんなで遊ぶことができます。人数の上限はありませんが、下限は3人より4人の方が盛り上がります。

アプリの使用がおすすめ

Photo bygeralt

遊び方のルールで、ゲームマスターを置く場合、ゲームマスターは必然的にゲーム自体には参加できないことになります。第三者的立場でゲームの進行を見ているのも、それはそれで楽しいものではありますが、その場にいる全員で盛り上がりたい時にはアプリの使用がおすすめです。

お題を配布する

Photo byFree-Photos

遊び方のルールで、ゲームマスターをおいてワードウルフを楽しむ場合、ゲームマスターは人数分の紙にお題を書く必要があります。

アプリを使用する場合は、ひとりひとりがスマホでお題を確認し、次の人にスマホを回していくというシステムです。

お題に関しての決まりはなく、類似している言葉を2つ考えます。何度かワードウルフを楽しんだことがある経験者と初めて楽しむ初心者が混じってゲームを楽しむ場合や、年齢差のあるメンバーでワードウルフを楽しむ場合などは、チョイスするお題に気を配る必要があります。

1人(◎)だけお題の内容が違う

Photo bygeralt

ワードウルフの遊び方のルールで、最初のポイントがここ!一人だけお題の内容の違う人がいるということです。一人だけ違ったお題をもらった人はもちろん、他の人も誰がどんなお題をもらっているかはわかりません。

お題を見た時のそれぞれの反応を覚えておくと、「あの時、あういう反応をした人が実はみんなと違っていたんだ」と後からちょっと笑えることもあり、お題が配られ内容を確認する時の瞬間は、ワードウルフをする際のお楽しみポイントです。

単語を使わずお題について話す

Photo bySponchia

次へ

関連するまとめ

人気の記事