退職金の計算方法は?相場や勤続年数・端数の扱いやかかる税金などを解説!

退職金の計算方法は?相場や勤続年数・端数の扱いやかかる税金などを解説!

退職金は、サラリーマンにとってとても重要な給付項目です。一生涯のライフプランを計算する際に外せない項目です。今回は、退職金の計算方法や一般的な相場・勤続年数の考え方及び端数処理に加え、税金関連の情報を分かりやすく解説していきます。

記事の目次

  1. 1.退職金制度とは?
  2. 2.退職金を受け取るための勤続年数
  3. 3.退職金の計算方法
  4. 4.退職金の計算にかかる月数の端数は?
  5. 5.やめ方で退職金が変わる
  6. 6.退職金にかかる税金
  7. 7.退職所得の受給に関する申告書の重要性
  8. 8.退職金はすぐにもらえる?
  9. 9.退職金受領後のおすすめ利用方法
  10. 10.退職金の運用を人任せにしない
  11. 11.退職金の計算は勤続年数や基本給で変わる

退職金制度とは?

Photo bygeralt

企業に勤務している方で、退職金のことを知らないという方はほとんどいないのではないでしょうか。退職金は、一定期間同じ企業に継続して勤務することで受領することができる報酬です。サラリーマンの家庭で一生涯のライフプランを考えるうえでとても重要な事項となります。

退職金について、企業を退職したらもらえるという程度の認識は誰でも持っているでしょうが、具体的にどんな計算をされているのか、税金との関連はどんなものがあるのかなど、細かい部分まで理解しているという方は少ないのではないでしょうか。

Photo byStartupStockPhotos

今回は、退職金について詳しく解説していきます。具体的な金額の計算方法や勤続年数との関連性、退職金を受領してからの運用方法、負荷される税金とそれを回避するための考え方、退職理由による退職金への影響及び計算方法の差異など、具体的に解説していきます。退職前にぜひ参考にしてみてください。

退職金制度のあらまし

Photo byrawpixel

退職金制度とは、長期間一企業の為に勤務したその功績を評価され支給される報酬になります。民間企業においては、特に法的に退職金を支給しないといけないといった決まりはありませんが、現実的に多くの企業が退職金を支給しています。逆に、退職金を支給しない会社というのは世間的な評価は非常に下がることになります。

直近の調査結果では、民間企業で退職金制度を導入している企業はおよそ92%となっており、大多数が退職金制度を活用しています。計算方法についてはいくつかの種類がありますが、これも法的な取り決めはないため、企業独自で取り決めた方式がとられています。

退職金制度の種類

Photo byangelolucas

退職金制度には、いくつかの種類があります。第一に、退職一時金制度です。これが最もポピュラーな形式です。勤続年数や基本給をベースに算出され、退職時に一括して受領することができる報酬となります。勤続年数が少ないと支給されないことになります。

第二に、確定給付企業年金(DB)が挙げられます。これは、退職金の一部を年金の形で分割して退職後に受領する形式です。一時金でもらうと所得税がかかるケースがありますが、これを回避する意義もあります。企業側で定めた計算で金額が決まります。

第三に、確定拠出型年金(DC)が挙げられます。これは、退職金原資の一部を掛け金として外部機関で運用する形式です。個人の運用成績により、受け取る金額に差が生じます。これ以外にも以前は厚生年金基金という、いわゆる三階部分といわれる年金制度がありましたが、現在は新規設立は禁止されています。

退職金を受け取るための勤続年数

Photo bymoerschy

退職金を受け取るためには、一定の期間で継続して同じ企業に勤務する必要があります。いわゆる勤続年数の規定が退職金制度には導入されていますが、どれくらいの期間の勤続年数を経過すれば退職金を受領することができるのでしょうか。

退職金制度は法的な取り決めはないため、最終的には企業独自の取り決めに従って支給されます。ここでは、一般的に多くの企業で摂られている計算方法、勤続年数の考え方について解説していきます。

企業の半数以上が3年以上

Photo byAbsolutVision

退職金を受領できる勤続年数として設定されている事例として、最も多いのが3年以上という規定です。半数以上の企業が、3年以上の勤続年数を経過すると一定の計算に基づいて退職金を支給するという規定を持っています。

ただし、これは自己都合で退職した場合の規定とされています。会社の都合で退職することになった場合は、2年未満の勤続年数機関でも退職金を一時金の形式で支給する企業が多くあります。2年未満の場合、所定の計算の上支給される退職金はそれほど多くはありませんが、やはり受領するべき報酬は手にしておきたいところです。

会社の就業規則を確認しよう

Photo byjanjf93

勤続年数の取り決めや基本給との関連など、退職金の支給要件及び計算方法は最終的には企業ごとに定めていいことになっています。したがって、一般的なことを知るよりも自分が勤務している企業の就業規則をチェックする方が話は早いです。

退職を検討している方は、まずは会社の就業規則をチェックして、どれくらいの退職金が支給されるのか、あるいはあとどれくらい勤続年数を重ねたら退職金が支給されるのか、といった確認をあらかじめしておいて、資金的に効率の良い退職ができるようにしてください。

退職金の計算方法

Photo bystevepb

ここでは、退職金の中でも退職一時金に絞って解説します。退職金の計算方法には基本給がベースの方法など、いくつかの種類があります。計算方法をチェックしたい場合は、勤務先の就業規則などを調べると必ず明記されているので、あらかじめ確認しておき、自分がどれくらいの退職金をもらえるのか、試算しておきましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事