生前贈与で土地を受け取る場合は?税金・節税方法やメリットを調査!

生前贈与で土地を受け取る場合は?税金・節税方法やメリットを調査!

生前贈与では金銭以外に土地を受け取ることができます。ここでは生前贈与で土地を受け取る場合の手続きの流れや贈与税などの税金と諸経費について詳しく解説します。さらに生前贈与で土地を贈与ずるメリットと税金の節税方法も合わせて紹介します。

記事の目次

  1. 1.生前贈与・土地を贈与する手続きの流れ
  2. 2.生前贈与・税金と諸経費
  3. 3.生前贈与・土地を贈与するメリット
  4. 4.生前贈与・土地の贈与の際の節税方法
  5. 5.生前贈与・申告が必要な場合の申告漏れ
  6. 6.生前贈与・土地を贈与する場合のデメリット
  7. 7.生前贈与として土地を贈与する場合には贈与税に注意

生前贈与・土地を贈与する手続きの流れ

Photo byClker-Free-Vector-Images

生前贈与は金銭だけではなく土地などの不動産を贈与することができます。土地での生前贈与をスムーズに行うためには、贈与契約書を作成する、土地の登記の名義変更をする、贈与税を申告するの3つのステップを知っておく必要があります。

このステップをちゃんと踏んでいないと、後々トラブルに発展してしまうこともあるので注意しましょう。ここでは生前贈与を行うための基本的な流れについて解説します。

①贈与契約書の作成

Photo byFree-Photos

贈与契約とは、贈与者が贈与を受け取る人に行う贈与の約束のことです。この約束は、法律上ではいわゆる口約束だけでも契約として認められています。

ただ最終的に生前贈与として認めるかを判断するのは税務署になりますので、法律で認められているとしても手続き時にトラブルが起こるケースもあります。そのため贈与の意思をはっきりとした文書として作成しておくとトラブルのリスクが少なくなり、税務署の判断がスムーズに行えます。

Photo byPexels

贈与契約書には、いつ、誰が、誰に、何を、どのようにして贈与するのかという5つのポイントが記載されていなければ税務署に認められないケースがあります。書類の作成はパソコンで行ってもいいのですが、自契約の日時、氏名、住所は自書で記入することが望ましいとされています。

贈与契約書は2通作成します。1通は贈与者、もう1通は贈与される人がそれぞれ保管することをおすすめします。

②土地の名義変更登記

Photo byreenablack

生前贈与で土地を贈与された場合、契約は当事者間で成立しているので受け取った土地は贈与された受贈者へ所有権が移ったと考えられます。ただ法律上土地の登記の名義変更が行われていないため土地の売却や担保設定をすることができない状態です。

生前贈与された土地の所有権が受贈者に移転したことを第三者に主張するためには、土地の登記の名義変更が必要になります。贈与された土地の登記の名義を法務局で受贈者に名義変更をすることで受贈者が土地の売却や担保設定ができるようになります。

土地の登記の名義変更の際、法務局に登記されている住所と住民票に記載されている住所とは異なります。そのため土地の登記の名義変更する前に登記されている住所を確認する必要があります。費用は掛かりますが煩雑な手続きを司法書士などの専門家に依頼することもできます。

③贈与税の申告

Photo byFree-Photos

贈与税とは、個人から土地などの不動産や金銭の財産をもらったときにかかる税金のことです。生前贈与の場合、親族などからの個人的な贈与になることがほとんどなので財産を受け取ったときに贈与税という税金がかかります。

贈与税は、土地などの不動産や金銭などの財産を受け取った年の次の年の2月1日から3月15日までに税務署に申告と納税を行います。贈与税は財産を受け取った人が申告し、支払うことになります。

生前贈与・税金と諸経費

Photo byCapri23auto

生前贈与で土地を受け取った場合、贈与税のほかに土地の登記の名義変更をするための登録免許税や不動産取得税という税金かかります。また、これらの手続きを司法書士などに依頼すると司法書士などに支払う費用が必要になります。生前贈与に関する諸費用は贈与者ではなく土地を受け取った受贈者が支払うことになっています。

土地の名義変更で税金・諸経費がかかる

Photo byRobinHiggins

贈与された土地は基本的には当事者間での合意があれば受贈者へ所有権が移行します。そのため土地の名義変更をしなくてもよいと考えがちですが、登記上は土地の所有権が移転していないことになります。土地の売却や担保設定などを考えると費用が掛かっても土地の名義変更が必要になります。土地の名義変更では登録免許税と不動産取得税がかかります。

①登録免許税

Photo bygeralt

登録免許税とは一般に土地や建物などの不動産を取得した場合に法務局に登記する際に支払う税金のことです。法務局に登記することで「この土地は誰のもか」が公示されます。生前贈与で土地を贈与された場合、法務局へ新しい所有者が登記の移転手続きを行うことで正式に所有権が移転したことになります。

生前贈与で土地を贈与した場合は土地の所有権移転登記になるので贈与時の土地の評価額に0.2%をかけた金額が登録免許税になります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事