文章の校正をするポイントやコツは?便利な無料ツール7選も紹介!

文章の校正をするポイントやコツは?便利な無料ツール7選も紹介!

文章の校正とはどのような意味で使われる言葉なのでしょうか?ライターとして活動していくために必要な用語、校正の意味や文章の書き方のコツやポイントをご紹介します。また、書いた文章を自分で見直すときのコツや、校正してくれる便利な無料ツールもご紹介していきます!

記事の目次

  1. 1.文章校正・意味
  2. 2.校正・校閲・推敲(すいこう)の違いは?
  3. 3.文章校正・コツ
  4. 4.文章校正・ポイント
  5. 5.文章校正・無料ツール7選
  6. 6.文章校正をする時はポイントやコツをおさえておこう

文章校正・意味

Photo byPexels

校正とは、主に編集などの出版業で使われている業界用語です。その意味は、文章の間違いや誤字脱字をチェックすることを言います。誤字脱字や文章の間違いなどは執筆したライターも行う作業ですが、校正との違いはどこにあるのでしょうか。

それは、校正は間違いをチェックするだけでなく、表現方法や正しい日本語の書き方がされているかなど、チェック項目が無数に存在する点にあります。

文章に誤りがあった場合の修正

Photo by6220795

まず、校正するときには「読者の立場になって客観的に文章の読解をする」ことが大切です。完成した文章を読んだときに「文章が一般的に理解できる書き方になっているか」や、「誤字脱字がないか」という部分をチェックしていきます。

そして、「文章の修正が必要な部分」や「疑問を感じた箇所」をライターに伝えて修正を呼びかける作業のことを意味します。

校正・校閲・推敲(すいこう)の違いは?

Photo byPublicDomainPictures

校正と同じような場面で使われて、間違えやすい言葉に「校閲」と「推敲(すいこう)」があります。まず、校正は「前工程の文章と、現段階の文章を比較し、間違いを正すこと」を意味です。

次に、校閲は「完成後の文章を客観的に確認して、内容の事実確認や矛盾点を見出す作業のこと」の意味になります。そして、推敲は「自分の執筆した文章をあらためて読み直して、間違いを確認し、悪い箇所があった場合には修正すること」の意味です。出版業界での一般的な作業手順は、執筆、 推敲、 校閲、 校正の順に行われています。

それぞれの言葉が似たような意味合いを持つ言葉なので、混同しないように正しく使い分けできるように覚えておくようにしましょう。

文章校正・コツ

Photo byStockSnap

文章を校正するときのコツは、どのようなポイントに気を付ければ良いのでしょうか。校正とは、文章の間違いをチェックすることなので、作業自体は簡単なものになります。

ですが、間違いを見逃さない集中力や読解力、日本語や漢字の使い方、固有名詞の間違いを見つけるなど、校正するときに必要な能力は多岐にわたります。ここでは校正するときのコツを4点に絞ってご紹介します。

①文章校正までは1日空ける

Photo byStartupStockPhotos

文章の校正をするときのコツは、執筆後に時間を空けてから行うことです。できれば1晩置いて翌日に確認することで、文章に対する思考回路をリセットすることができるため、文章の間違いに早く気づくことができます。

校正には文章の間違いに気づくために、客観的な視点を持つことが大切です。自分が執筆した文章を続けて確認していくと、読み慣れてしまって誤りに気づきにくくなってしまうからです。

②声に出して文章チェック

Photo byStartupStockPhotos

文章の校正するときのコツは、声に出して音読することもおすすめです。書いてある文字を読むよりも、声に出して読み上げることによって、文章の書き方の間違いに早く気づくことができます。また、声に出すことで読みづらい部分も明確に分かるため、文章がスムーズになっていることも同時に確認できます。

③流し読みで読みやすいか

Photo byrawpixel

さまざまな文章の校正をするときには、流し読みがしやすいというポイントも重要です。そのため、流し読みするときの視点やコツを知っておく必要性もあります。特にネットやスマフォに掲載される文章のは、読者が流し読みをする傾向が高く、より読みやすい書き方をした文章であることも大切なのです。

④チェックリストの作成

Photo byTeroVesalainen

文章の校正をするときのコツは、校正すべき項目をチェックリストにまとめておくことです。誤字脱字の間違い、画像や文字数のバランス、意味が分かりやすい書き方になっているか、など項目ごとにチェックポイントをリストアップしておくことで、スムーズに進行しやすくなります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事