仕事を辞める・退職の伝え方&例を伝授!上司や同僚に円満に済ますコツは?

仕事を辞める・退職の伝え方&例を伝授!上司や同僚に円満に済ますコツは?

あなたが円満な退職を望む場合は、仕事を辞めるときの意思の伝え方が大切です。また、上司や同僚に迷惑をかけないよう退職の時期や仕事の引き継ぎも配慮する必要があります。円満な退職を進めるために大切な仕事を辞める意思の伝え方や仕事を辞めるタイミングについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.仕事を辞める・退職の伝え方で大切なこと
  2. 2.退職の伝え方①直属の上司に退職を伝える
  3. 3.退職の伝え方②仕事を辞めると伝えるコツ
  4. 4.退職の伝え方③仕事を辞める前の準備
  5. 5.仕事を辞めるおすすめのタイミング
  6. 6.仕事を円満に辞めるためには段取りと引継ぎが大切
  7. 7.仕事を辞める意思を伝えたとき引き留められたら
  8. 8.円満退職のポイント

仕事を辞める・退職の伝え方で大切なこと

Photo byMAKY_OREL

今まで勤めていた職場を辞めることは、人生の中でそう頻繁にあることではありません。しかし、人生何が起こるかわかりません。突然退職をせざるを得ない状況に陥ることもあるかもしれません。

退職の理由は、結婚、引っ越し、定年などの人生の節目で辞めるものから、転職、体調不良、病気などが理由で辞めるものなど、個人によって辞める理由は様々です。

仕事を辞めることは非常に気も遣いますし、エネルギーがいります。それでも仕事を辞める理由が何であれ、退職時は上司や同僚などの見送る側も、見送られる側も笑顔で気持ち良く円満に終わりたいものです。少しでも円滑に円満退職するための方法、コツ、上司への伝え方などを事例も含めながらご紹介します。

タイミング・伝え方・報告する相手が大切

Photo byFree-Photos

会社を辞める決意をしたけれど、どんなタイミングで誰にどう話を切り出していいのか、どのように伝えればいいのかわからず悩む方も多いでしょう。しかし、退職を決意したからといって、突然会社に退職届を出すのは常識的に考えてもマナー違反です。

もし、同じような仕事に転職した場合、退職後も現職場と関わりを持つ可能性もあるわけですから、辞める時のトラブルは起こさないように、最善を尽くす必要があります。

そして、退職は自分だけの問題ではなく、上司や同僚などの相手がいます。円満に退職するためには、相手にできるだけ迷惑をかけないように心がけることが大切です。ではまず、誰にどのように切り出したらよいか伝え方の例をみていきましょう。

退職の伝え方①直属の上司に退職を伝える

Photo bylouisehoffmann83

仕事を退職する気持ちが固まったならば、直属の上司に口頭で相談を持ちかけるようにしましょう。できれば仕事が忙しい時間帯は避け、仕事の時間外などに上司に声をかけることが望ましいでしょう。

また、上司に相談する前に、同僚や先輩に相談したい気持ちもわかりますが、場合によっては話がこじれることもありますので避けた方がよいでしょう。ましてや、部長や社長に直で相談するのはもってのほかです。

営業時間外に二人きりになれる場所を確保

Photo byrawpixel

仕事を辞める気持ちを直属の上司へ伝えるときの例をあげます。「ご相談があります。お時間を頂けないでしょうか。」「今後のことでお話があります。お時間を頂きたいのですが。」などのように、丁重に相談を持ちかけるようにしましょう。

上司に相談を持ちかけてから、2~3日しても返答がない場合は、再度相談を持ちかけましょう。上司も仕事が忙しくて忘れてしまうこともありますので、声をかけるタイミングも考慮して下さい。

退職の伝え方②仕事を辞めると伝えるコツ

Photo bygeralt

初頭でも述べたように、仕事を辞める理由は個人によって様々です。会社や仕事、上司や同僚への不満などが辞める理由の場合もあるでしょう。しかし、仕事や上司への不満を直球で伝えてしまっては、嫌な空気になり円満にいかなくなることは言うまでもありません。ここは、ぐっと堪えましょう。

お詫びから始める伝え方がおすすめ

Photo byPexels

上司へ仕事を辞める理由を伝えるときのコツは、まずお詫びの言葉を添えることが大切になります。

例をあげますと、まずは「申し訳ありません。」とお詫びから伝えます。そして、「お世話になったのですが、仕事を辞めさせていただきたいと考えております。」など丁寧に言葉を選びます。お世話になった上司に敬意を持って伝えましょう。

仕事を辞める意思をしっかり伝える

Photo bygeralt

円満に退職するための伝え方で大切なことは、どんなに仕事や上司、同僚に不満があっても、あくまでも自己都合による退職理由を伝えることです。

仕事を辞めるからとここぞとばかりに、仕事や上司の不満をぶつけてしまってら、上司もあなたの相談を快く受ける気持ちが失せてしまいます。せっかく敬意を持って相談を持ちかけたのですから、自分の努力を無駄にするようなことはやめましょう。

また、仕事を辞める意思が固いことをしっかりと上司に伝えましょう。「しっかり伝える」とは、決して一方的に強い口調で伝えることではありません。上司にきちんと意思表示をするということです。

関連するまとめ

人気の記事