ステートメントの意味は?日本語や英語の用例・ビジネスでの使い方をご紹介!

ステートメントの意味は?日本語や英語の用例・ビジネスでの使い方をご紹介!

「ステートメント」という言葉を耳にしたことのある人は滅多にいませんが、パソコン関係のビジネスマンの方はよく聞く言葉です。日本語ではどのような意味なのか、ビジネスでの「ステートメント」の使い方もご紹介していきます。ぜひ参考にしてみましょう。

記事の目次

  1. 1.ステートメントの意味を覚えよう!
  2. 2.ステートメントの日本語の意味とは
  3. 3.ステートメントとコンセプトの違い
  4. 4.ビジネスでのステートメントの使い方
  5. 5.分野で変わるステートメントの意味
  6. 6.ステートメントにはいろいろな意味がある

ステートメントの意味を覚えよう!

Photo bypixel2013

普段の生活ではあまり聴くことがありませんが、パソコン関係のビジネスをしている方はよく「ステートメント」という言葉を耳にする機会が多いです。しかし、その意味を詳しく知っている方は多くありません。

意味を知らずに会話で使ってしまうと使い方を間違えてしまう可能性もあります。ビジネスで「ステートメント」を使う場合に正しく使えるように、使い方の例などをご紹介していきます。

また「ステートメント」の日本語・英語での意味や、類語との意味の違いについてもご説明していきます。日本語と英語での少しの違いや類語との使い方の違いを知り、ビジネスで一歩上の活用していきましょう。

ステートメントの日本語の意味とは

Photo by Pietro Zuco

ステートメントは普段の会話や私生活ではあまり聞きなれない言葉ですが、ビジネスマンたちの間でプログラミングの経験がある人なら聞いたことのある言葉です。

ステートメントという言葉をそのまま使っている人が大半で、日本語での意味を知っている方はとても少ないです。

ステートメントの日本語の意味を知ることで、ビジネス会話で使えたり仕事のできる人に見せたりすることができます。

日本語だけでなく、英語での意味やステートメントの類語についてもいくつかご紹介していくので普段のビジネスでも使えるように参考にしてみてください。

ビジネスでは「宣言」「声明」

Photo byFree-Photos

ステートメントには「声明」や「宣言」といった意味があります。他にも色々な意味で使われる場合がありますが、ビジネスで最も多く使われる意味はこれらになります。

政治や外交などの場面で使われる公式の声明という意味で「ステートメント」という言葉を使います。公の場での発言であったり公式な場面での声明をしたいときに「ステートメント」を使う機会が多いです。

フリー写真素材ぱくたそ

プログラミング用語としても「ステートメント」を使い、主にコンピューターに命令をしたい時に使います。プログラミングを組むときに使用する本やネットなどでも「ステートメント」とそのままで表示されているので、パソコン関係者は目にする機会は多いです。

英語のstatementの意味

Photo bysuju

日本語で「声明」や「宣言」という意味のあるステートメントですが、英語でも同じような意味があるのか調べてみました。

日本語の意味は英語の「statement」からきており、その意味は「発言・意見」「供述」「声明書・明細書」など複数の意味があります。

英語の「statement」には日本語の意味にはない「声明書・明細書」などの書類に関する意味も含まれています。これは、主に使われる意味である「述べる」ということから「述べている書類」なので「明細書・声明書」の意味でもstatementは使われるのです。

さらに、英語ではプログラミングに使われる「ステートメント」の意味は含まれていないため念頭に置いておきましょう。

ステートメントの類語は?

Photo byDariuszSankowski

ステートメントの類語には「ステイトメント」「命令」「コマンド」「インストラクション」などがあります。

ステイトメントとステートメントは類語というよりも、言い方が違うだけで同じ意味の言葉です。英語の「statement」をカタカナで表記するときの違いで、ステイトメントとステートメントの2つの表記の仕方があります。

Photo byFirmBee

「コマンド」や「命令」はビジネス用語でつかうステートメントの類語よりも、プログラミングで使うステートメントの類語になります。

プログラミングでのステートメントは、コンピューターに命令をしたい時に使う文章なので「命令」と「コマンド」が類語になります。これらは類語ではありますが、ビジネス用語で使うステートメントとの意味とは違うので注意しましょう。

ステートメントとコンセプトの違い

Photo byDariuszSankowski

ステートメントと同じ場面でよく使われる言葉として「コンセプト」という言葉があります。同じ場面で使われる言葉なので同じ意味だと勘違いする人もいますが、意味は全く違うので注意しましょう。

しかし、ビジネスの中ではステートメントとコンセプトを使って発言する機会が多いのでこの2つは類語であるとも言えます。

特にビジネスでは「ステートメントでコンセプトについて表していく」などの言い方をよくします。ステートメントとコンセプトの違いについて知らないでおくと、いざこのようなことを言われたときに聞き直してしまうことになります。

ステートメントについては上記で説明しましたので、コンセプトについて意味などをご説明していきます。意味を理解してビジネス用語を豊富にしていきましょう。

コンセプトの意味

Photo bygeralt

コンセプトの意味は「理念」や「概念」などです。物事を考えるときに核になっていることやその考え方のことを指します。ビジネス社会ではよく「企業理念」や「教育理念」などの言葉で耳にします。

コンセプトは英語の「concept」からきていて、英語の「concept」の意味も日本語のコンセプトとほとんど同じです。conceptには他にも「意見」や「把握」といった意味もあり、コンセプトには含まれていない意味もあります。

ステートメントとコンセプトはセットで使われることが多いですが、ステートメントの意味は「声明」「宣言」なのでコンセプトの意味とは全く違います。頭の中で混乱しないためにもしっかりと分けて覚えておくのをおすすめします。

ビジネスでのステートメントの使い方

Photo by089photoshootings

ステートメントの意味についてご説明してきましたが、ビジネス社会で使えるようになるために使い方についてもご紹介していきます。

ステートメントをビジネスで使うときは単体で使うことは少なく、何かの言葉と一緒に使うことが多いです。上記で説明したコンセプトと一緒に使ったりするのが多いですが、コンセプト以外にも一緒に使う言葉がいくつかあります。

今回は、ビジネス社会でも最も目にしやすい言葉や使われている言葉である「ミッション・ステートメント」「ブランド・ステートメント」「ビジョン・ステートメント」の3つについて詳しくご紹介していきます。

ミッション・ステートメント

Photo byFree-Photos

次へ

関連するまとめ

人気の記事