バナナは太るって本当?炭水化物や糖質量・ダイエットに効果的な食べ方をチェック

バナナは太るって本当?炭水化物や糖質量・ダイエットに効果的な食べ方をチェック

バナナは甘くておいしいのですが、炭水化物や糖質が含まれているのでダイエット中の人には、太るのではないかと気になります。バナナの栄養や効果効能を知ると太ることを防げます。ダイエットに役立つバナナの食べ方や食べるタイミングを紹介します。

記事の目次

  1. 1.バナナは太る果物?ダイエットに効果的な食べ方は?
  2. 2.バナナは太るって本当?
  3. 3.太るバナナでダイエットってできるの?
  4. 4.バナナのダイエットに効果的な食べ方は?
  5. 5.太るバナナを上手に食べてダイエットに繋げよう!

バナナは太る果物?ダイエットに効果的な食べ方は?

Photo byJuhele

健康や美ボディのために、減量に努力している方も沢山います。しかしついつい食べすぎてしまって、リバウンドすることもあり、それが太る状態になりかねません。少量でもお腹が満たされて、シェイプアップに効果的な食材がバナナです。

バナナは太ると思われがちですが、工夫次第で健康的に痩せることができます。手軽に食べられるのに栄養満点で、減量やシェイプアップの強い味方です。バナナの食べ方や気になる炭水化物についても調査します。

バナナは太るって本当?

フリー写真素材ぱくたそ

バナナは、朝食としてもおやつとしても重宝する果物です。栄養も豊富で低カロリーなので、シェイプアップにも好都合です。かつて流行ったバナナダイエットはブームになりました。しかし糖質が高いことで太るのではないかと言われるようになりました。

さらにバナナは体を冷やすおそれがあるという情報もあって、ブームがおさまりました。バナナを食べると太るのか、また糖質が高いのか気になります。食べ方やカロリー、糖質について調査しました。

バナナ1本当たりのカロリー

Photo bystanias

バナナには、炭水化物やブドウ糖などの糖質が含まれているので、太ると考えがちです。しかしカリウムが豊富なので余分な塩分を排泄してくれます。さらに食物繊維の働きにより、腸内環境を整え、太るリスクを減らしてくれます。

甘くておいしい分、カロリーが高く太るのではないかと気になります。バナナ1本のカロリーは90kcalほどになります。白飯ならお茶碗半分、6枚切りの食パン1枚の半分と同じくらいなので太るほどではありません。

バナナで太る原因は糖質

Photo byHansMartinPaul

バナナに含まれる糖質は太るイメージですが、ブドウ糖、果糖、ショ糖なども含まれています。それぞれの糖質は、体内でエネルギーに変化するスピードが異なります。またバナナに含まれる食物繊維は、糖質の消化のスピードをゆるやかにするため太ることを防ぎます。

この働きにより腹持ちが良くなり、血糖値の急上昇を抑えてくれます。また脳のエネルギーになるブドウ糖などがビタミンやミネラルと合わさり、集中力をあげる働きをします。太る印象のバナナですが、私たちの体に大切な働きをします。

炭水化物の多く含む

Photo bySecurity

炭水化物は、体内に吸収されてそのままエネルギーの素となり、太る要素の糖質と食物繊維に分けられます。バナナには糖質の他にも果糖、ブドウ糖やショ糖が含まれています。これらの栄養素は、消化を促し筋肉のエネルギーの素となります。

他にもミネラルやビタミンも豊富です。気になる糖質の量は、22gほどでご飯やパンと比べても低い値です。バナナは、太ると思われがちですが、バランスのとれた栄養素を含んでいるのでおすすめ食材です。

太るバナナでダイエットってできるの?

フリー写真素材ぱくたそ

以前流行った朝バナナダイエットですが、今でも続けている人もいます。正しく取り組んで太るリスクを減らすことが必要です。バナナは太るイメージですが、豊富な食物繊維やクラクトオリゴ糖といった便秘対策に必要な栄養素が含まれています。

この食物繊維はお通じを改善し、満腹感をもたらしてくれます。さらにバナナに含まれるカリウムが、塩分を体外に排除するのでむくみもおさえられます。カロリーが多いから太ると思われがちなバナナですがダイエットには適しています。

便秘を解消

フリー写真素材ぱくたそ

便秘には器質性便秘と機能性便秘がありますが、ほとんどの場合は機能性便秘になります。機能性便秘は、女性に多くみられます。便秘が続くと太ることもあります。女性の悩みである冷え性、ダイエットや運動不足が要因とされています。

腸内環境の悪化により悪玉菌が増えて便秘になり、太ることにつながります。腸内環境を整えるためにおすすめな食材がバナナです。炭水化物なので太るといわれますが、1本の中にバランスよく栄養素が含まれています。腸内環境を改善できることで便秘の解消につながります。

食欲を抑制

フリー写真素材ぱくたそ

バナナには便秘解消を助ける食物繊維が多く含まれています。食物繊維は、満腹感を与えてくれるので太ることを抑制します。バナナに含まれるセロトニンという物質が満腹感を与えてくれます。

バナナは太る状況を解消してくれます。この時にバナナと一緒に食べると食欲を抑えてくれる食材があります。それはヨーグルトなどの乳製品や大豆製品です。例えばバナナのヨーグルトあえやバナナにきなこをちょい足ししてみるのもよいでしょう。

むくみを改善

むくみの原因は、一般的には長時間立ったままでいたり、同じ体勢でいることなどです。血液の流れが悪くなり、血管から水分が流出することで起こります。バナナはむくみの改善にも効果が期待できます。むくみ改善に必要な栄養はカリウムです。

カリウムは体内の塩分を排泄してくれるので、むくみの改善につながります。結果太る要因を解消してくれます。バナナにはカリウムが多く含まれているので、むくみ改善にはぴったりな果物です。

代謝をアップ・サポート

Photo byamwest97

代謝とは、呼吸したり体温を正常に維持するために使われるエネルギーのことです。これを基礎代謝といいます。代謝がアップすると筋肉もつくので太ることがない体になります。また体内の細胞が活発になり、新陳代謝が進みます。

肌や髪の毛にうるおいをもたらしてくれます。バナナの食物繊維は、太ると思われがちな炭水化物の体内吸収を抑える働きがあります。そして脂肪を燃焼させる働きがあり、筋肉増進をすすめてくれます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事