脇汗の黄ばみ対策はコレで完璧!シミの原因・落とし方・予防方法まとめ!

脇汗の黄ばみ対策はコレで完璧!シミの原因・落とし方・予防方法まとめ!

夏になり汗をかくようになると気になるのが脇汗の黄ばみです。脇汗の黄ばみは洗濯をしてもなかなか落ちず、困っている人がたくさんいるのではないでしょうか、今回は脇汗の黄ばみの原因や落とし方、そして黄ばみの対策方法について紹介しましょう。

記事の目次

  1. 1.気になる脇汗の黄ばみの原因や落とし方を紹介!
  2. 2.脇汗の黄ばみの原因は?
  3. 3.脇汗の黄ばみの落とし方①洗剤で落とす
  4. 4.脇汗の黄ばみの落とし方②重曹で落とす
  5. 5.脇汗の黄ばみを予防する対策
  6. 6.脇汗を予防して黄ばみを防ごう!

気になる脇汗の黄ばみの原因や落とし方を紹介!

フリー写真素材ぱくたそ

暑くなりたくさん汗をかくようになると、洗濯物の脇汗の黄ばみが気になってしまう人が多いのではないでしょうか。脇汗の黄ばみは何度洗濯してもなかなか落ちないので、困っている人がたくさんいます。

今回はそんな脇汗の黄ばみについて、黄ばみの原因や落とし方、対策方法などについて詳しく解説しましょう。脇汗の黄ばみは頑固な汚れと思われがちですが、実は家庭にあるもので簡単に落とすことができるので試してみてください。

脇汗の黄ばみの原因は?

フリー写真素材ぱくたそ

最初に脇汗の黄ばみができる原因について紹介します。脇汗の黄ばみの主な原因は「皮脂による汚れ」ですが、実は「制汗剤・デオドラント剤」が黄ばみの原因となることもあります。「皮脂」「制汗剤・デオドラント剤」が黄ばみとなる仕組みについても詳しくみていきましょう。

皮脂による汚れ

Photo byBarbaraBonanno

脇汗の黄ばみの主な原因は「皮脂」です。汗には水分はもちろんのこと、皮脂もたくさん含まれています。汗は見た目は透明な色をしていますが、時間が経つにつれて空気に触れ酸化することで黄色に変色していきます。脇の黄ばみが目立つのは、身体のなかで脇が一番汗をかく場所だからです。

皮脂には水に溶けにくい性質があるので、普通に洗濯しただけではなかなか綺麗に落とすことができません。そのため最初は黄ばみが気にならなくても、少しずつ蓄積することで黄ばみが目立つようになってしまいます。

脇汗の黄ばみは頑固な汚れというイメージがありますが、汗・皮脂は分解することが可能なので簡単に落とすことができます。脇汗の黄ばみの落とし方については後ほど紹介しましょう。

黄ばみを作る色素とは

フリー写真素材ぱくたそ

汗の成分は70%以上が水分ですが、汗のなかには「リポフスチン」と呼ばれる少量の色素が混じっています。リポフスチンはアポクリン汗腺から出る汗に多く含まれていて、アポクリン汗腺は脇の下や乳首周辺、耳の中、下腹部にあります。

アポクリン汗腺から出た汗にはリポフスチンが含まれていて、これが脇汗の黄ばみの原因となります。リポフスチンは人種によって色が異なり、日本人は薄い黄色や茶褐色をしていますが欧米人は黒色をしているので衣類が黒くなることがあります。

ちなみに汗の成分のほとんどが水分なので汗には本来臭いがありません。しかしアポクリン汗腺から出る成分を求めて細菌が繁殖することで雑菌臭が発生し、汗臭くなってしまいます。

制汗剤が原因となる場合も

脇汗の黄ばみは皮脂の他にも制汗剤やトライデント剤が原因となることもあります。制汗剤には衣類を変色させる成分は入っていません。しかし汗やホコリと制汗剤に入っている成分が混ざって蓄積し、それらが酸化することで黄色く変色してしまいます。

制汗剤にも色々な種類があり、個々それぞれの汗との相性で黄ばみが出たり出なかったりします。そのため制汗剤が脇汗の黄ばみの原因となっている場合は、他の制汗剤を使うことで黄ばみを予防できる可能性があります。

脇汗の黄ばみの落とし方①洗剤で落とす

続いては皮脂や制汗剤によってできた脇汗の黄ばみの落とし方を紹介しましょう。脇汗の黄ばみの落とし方は洗剤を使った落とし方と重曹を使った落とし方の2種類あります。

まずは洗剤を使った脇汗の黄ばみの落とし方について、用意が必要なものと落とし方の手順について詳しく解説していきましょう。普段の洗濯に少し手を加えるだけで、脇汗の黄ばみを簡単に落とすことができます。

用意するもの

洗剤で脇汗の黄ばみを落とすときに用意するものは洗濯用の液体洗剤(例:アタックやアリエールなど)と酸素系漂白剤(例:オキシクリーンやブライトWなど)です。また、衣類を浸け置きするときのために洗面器を用意しましょう。

もし仕上がりをふんわりとした肌触りにしたい人は洗濯用柔軟剤も用意しとおくことをおすすめします。このように洗剤で脇汗の黄ばみを落としたいときには自宅にあるものでまかなうことができます。

おすすめの洗剤

脇汗の黄ばみを落とす洗濯用洗剤は普段使用しているものでも問題ないですが、特に洗濯用洗剤の中でも黄ばみを落とすのにおすすめの洗剤をいくつか紹介します。

「エリそで泡スプレー (ミヨシ石鹸)」は襟や袖の部分洗い洗剤で、重曹をベースにして作られています。皮脂汚れに特化した洗剤なので脇汗の黄ばみを落とすのに有効的です。

「ウタマロリキッド(東邦)」はおしゃれ着などを洗いたい時におすすめの洗剤で素材に優しい成分が含まれています。部分洗い用の洗剤としても有能で多くの家庭でも使用されています。

その他にも掃除でも大活躍する「オキシクリーン(グラフィコ)」もおすすめです。酸素の力で汚れを分解してくれ、脇汗の黄ばみも落とすことができます。

落とし方手順

Photo byClker-Free-Vector-Images

洗剤を使って脇汗の黄ばみを落とすときには、まずは衣類の黄ばみが気になる部分に洗濯洗剤を塗りましょう。直接脇の部分に洗濯洗剤をかけて、軽く揉みこむようにして洗います。洗濯洗剤を揉みこむことで皮脂汚れをゆるませる効果があります。

次に洗面器に浸け置き用の漂白液を作ります。40度くらいのぬるま湯に酸素系漂白剤を10ml程度入れて漂白液を作ったら、そこに衣類を入れ10~20分程度浸け置きしましょう。20分経たなくても黄ばみが取れたと思ったら取り出して大丈夫です。

浸け置きをしたら漂白液ごと洗濯機へ入れて、普段通り1度洗濯をします。衣類を漂白液に浸けると繊維が少し硬くなるので、このときに洗濯用柔軟剤を入れることをおすすめします。洗濯が終了したら作業は完了です。

汚れがなかなか落ちないときには

長年着用している衣服は黄ばみがしつこく、なかなか1回の洗濯では落ちないことがあります。黄ばみがしつこいときには、漂白液に浸け置きする時間を長めにしたり漂白液に入れる漂白剤を多めにしたりすることで、さらに黄ばみを落とす効果を高くすることができます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事