「ご愛顧」の意味まとめ!ビジネスでの使い方・例文・類語やご愛好との違いも解説

「ご愛顧」の意味まとめ!ビジネスでの使い方・例文・類語やご愛好との違いも解説

『ご愛顧ありがとうございます』などのように、取引先やお客様への挨拶で使うことが多い『ご愛顧』という言葉。『ご愛顧』には、どんな意味があるのでしょうか。『ご愛顧』の例文や類語、『ご愛好』との意味の違いについてもまとめているので、参考にしてみてはどうでしょうか。

記事の目次

  1. 1.ご愛顧の意味とは?
  2. 2.ご愛顧の対義語・類語
  3. 3.ご愛顧の使い方・例文
  4. 4.ご愛顧とご愛好の違い
  5. 5.ご愛顧を使う際の注意点
  6. 6.ご愛顧の由来・歴史
  7. 7.ご愛顧の英語表記
  8. 8.ご愛顧はひいきして、引き立てることという意味

ご愛顧の意味とは?

Photo byClker-Free-Vector-Images

『ご愛顧』という言葉の読み方は、『ごあいこ』です。意味は、『ひいきして、引き立てること』という意味があります。『ご愛顧』は、頭に『ご』がついているため、敬語となります。ですので、自分が相手を引き立てたり、ひいきしている場合は、使えません。

『ご愛顧』は、『御愛顧』と表記する場合もあります。ビジネスでは、取引先の企業や、お客様に対して、『いつも、贔屓してくださり、ありがとうございます』と、感謝を伝える時に使います。『ご愛顧』は、自分がひいきして貰っている立場の時に使われる言葉です。

ご愛顧の対義語・類語

Photo byNowaja

『ご愛顧』という言葉には、『ひいきして、引き立てる』という意味があります。この言葉は、尊敬語で、相手が自分を引き立てたり、贔屓してくれたりしていることに対し、感謝を伝える場合に使われます。『ご愛顧』の他に、同じような意味で使われる言葉はあるのでしょうか。

ご愛顧と意味が似ている類語

Photo byFree-Photos

『ご愛顧』は、『ひいきして、引き立てる』という意味があります。『ご愛顧』の類語には、『ご贔屓』という言葉があります。『ご贔屓』は、『ご贔屓たまわり、御礼申し上げます』と使い、『贔屓してもらう』『ご贔屓に、あずかる』などのように使うこともあります。

『お引き立て』という類語もあり、『格別のお引き立てをたまわり、ありがとうございます』というように使います。『ご支援』という類語もあり、『ご愛顧』よりも『支援してもらった』という意味合いが強くなります。『ご支援よろしくお願い申し上げます』と使います。

他にも、相手の配慮に敬意を払う意味合いが強い『ご高配』や、心からの思いやりという意味の『ご厚情』、手を貸すことという意味の『お力添え』、力を尽くすという意味の『ご尽力』などの類語もあります。ビジネスで使われることが多い類語です。

「ご厚情」の意味と使い方!ビジネスシーンで使える例文や類語もチェック!のイメージ
「ご厚情」の意味と使い方!ビジネスシーンで使える例文や類語もチェック!
「ご厚情」の意味を正しく理解していますか?「ご厚情」はたくさん類語があるので、違いを把握する必要があります。「ご厚情」のビジネスシーンでの使い方例文や類語をご紹介していきます。「ご厚情」の意味についてチェックしていきましょう。

ご愛顧の使い方・例文

Photo byRamdlon

『ご愛顧』は、『ひいきして、引き立てること』という意味があり、取引先やお客様に対して、『ご愛顧いただき、ありがとうございます』という感謝を伝える場合に、使われる言葉です。『ご愛顧』の類語をまとめたので、次は『ご愛顧』の使い方や、例文を紹介していきます。

例文①

Photo byPIRO4D

『ご愛顧』という言葉は、年賀状でも使われます。『旧年中は、ご愛顧を賜り、ありがとうございました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます』『今年も、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます』などの例文があります。

相手に、『ご愛顧いただき、ありがとうございます』という感謝の気持ちを述べ、本年の挨拶をしたい時に『ご愛顧』という言葉を使うと良いでしょう。その他にも、『ご愛顧感謝申し上げます』という『ご愛顧』を使った例文も、年賀状で使用できます。

例文②

Photo byOpenClipart-Vectors

『ご愛顧』は、暑中見舞いや、ダイレクトメールでも使われます。暑中見舞いでの使い方としては、『暑中見舞い申し上げます。格別のご愛顧をいただき、ありがとうございます』というように、使います。暑中見舞いの挨拶をした後に、『ご愛顧』を使って感謝を伝えます。

ダイレクトメールでの使い方は、『皆様のご愛顧に感謝を込めまして、セールを開催いたします』『皆様には、平素より、ご愛顧いただき、ありがとうございます』というように使います。メールでは、最初に『ご愛顧』を使って、感謝を伝え、本題に入ります。

例文③

Photo by MikeBlogs

口頭で、『ご愛顧』を使う時の例文を紹介します。『ご愛顧』を文書ではなく、口で話す際は、『皆様におかれましては、平素より、弊社をご愛顧くださり、深く御礼申し上げます』などのように、挨拶をした後、お客様や取引先に、感謝をしたい時に使います。

その他にも、『日頃のご愛顧に感謝申し上げます。ささやかではございますが、感謝の気持ちを込めて、宴を開催したいと思います』という例文もあります。この例文の使い方としては、宴会や集会などで、挨拶をする時に使えると考えられます。

『本日は、ご参加いただき、ありがとうございました。今後も、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます』などのような例文もあります。『これからも、ご支援よろしくお願いします』という意味でも、『ご愛顧』を使うことができます。

例文④

Photo bystevepb

『ご愛顧』は、お金の動きがある時に、使われる言葉です。『愛顧』とは、お客様が店を気に入って、贔屓することという意味もあります。ですので、『ご愛顧』という言葉は、ビジネスシーンで、取引先や、お客様に向けて、よく使われています。

取引先や、お客様に対する『ご愛顧』の使い方としては、『いつも、ご愛顧をたまわり、御礼申し上げます』や、『ご愛顧に感謝し、割引セールを催します』『平素より、ご愛顧いただいているお客様に、プレゼントをお渡しいたします』などがあります。

ご愛顧とご愛好の違い

Photo bynile

『ご愛顧』は、取引先や、お客様に感謝を伝える際に使われる言葉です。そんな『ご愛顧』と似た言葉に、『ご愛好』というものがあります。『ご愛好』は、『ごあいこう』と読みます。漢字や読み方が似ていて、間違われやすいですが、どのような意味の違いがあるのでしょうか。

ご愛好は物事を好むことという意味

フリー写真素材ぱくたそ

次へ

関連するまとめ

人気の記事