寝室の収納術アイデアまとめ!おしゃれなレイアウトやインテリア例も!

寝室の収納術アイデアまとめ!おしゃれなレイアウトやインテリア例も!

寝室は寝るための部屋ですが、寝る前にテレビや読書を楽しむ癒しのスペースでもあります。寝る前の時間を楽しむために色んなものを持ち込んでいると散らかってしまいます。寝室を快適に過ごすための収納術や収納アイデア、おしゃれなレイアウトやインテリア例をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.寝室の収納のコツ
  2. 2.寝室の収納におすすめのアイテム
  3. 3.寝室の収納術アイデア【クローゼット活用例】
  4. 4.寝室の収納術アイデア【押し入れ活用例】
  5. 5.寝室の収納術アイデア【ベッド下・周辺のレイアウト例】
  6. 6.寝室のおしゃれなレイアウトのコツ
  7. 7.寝室はクローゼット・押し入れに収納するのがおすすめ

寝室の収納のコツ

Photo bykeresi72

寝室は疲れを取るための大切な部屋です。寝室が散らかっていては質の良い睡眠がとれず、疲れを癒すことができません。寝室をスッキリ片付けるには、散らかったものを収納するスペースや家具が必要です。

寝室を快適な空間にするための寝室の収納アイデア、寝室の間取りに合わせたおしゃれなレイアウト、インテリア例をご紹介します。良質な睡眠がとれる寝室作りの参考にしてください。

家具・モノを詰め込み過ぎない

Photo byStockSnap

寝室は、いつの間にか物が増え散らかってしまいます。散らかった寝室は、良質な睡眠をとることができません。寝室の片付けには収納家具を置いたり棚やベッド下など間取りに合わせた収納がおすすめです。

寝室に置く収納家具は、睡眠を妨げるような目立つものでは疲れが取れません。寝室収納に使う家具は大きすぎず、ナチュラルテイストで家具の中は、物を詰め過ぎないようにしましょう。

背の高い家具を避ける

Photo by 築韻空間美學工坊

寝室は良質な睡眠をとるための大切な部屋です。しかしいつの間にか物が増え散らかってしまいます。散らかった部屋では質の良い睡眠やくつろぐことができません。

散らかった寝室を片付けるにはクローゼットや棚、家具の設置など様々な方法があります。寝室に家具を置いて収納する場合は、背の高い家具を避けるようにしましょう。

背が高い家具は、狭い間取りでも有効に使えますが、圧迫感があります。また耐震の面でも避けておくと安全対策になります。

ベッドの周りにちょっとしたスペースを作る

Photo bystevepb

寝室は疲れを癒すための大切なスペースです。寝室が散らかっていては良質な睡眠をとることができません。しかし寝室に置いておくと便利なものもあります。

寝室を散らかすことなく必要なものを収納しておくには家具や棚を置く方法もありますが、ベッドの周りにちょっとしたスペースを作ると便利です。

ヘッドボード付きベッドのような棚が付いたベッドもありますが、ヘッドボードが無い場合はベッドの周りに小さ目の家具やカゴなど、収納スペースを作ると便利です。

ベッドの下を活用する

寝室は疲れを取るための癒しスペースです。疲れを取るための寝室が散らかっていては、ゆっくり休むことができません。しかし寝室を収納スペースとして使われている人も多いことでしょう。

寝室を使った収納は、備え付けのクローゼットやチェストを置くなど、収納方法は様々です。寝室の収納スペースに家具を置くこともできますが、ベッドの下を活用することもできます。引き出しが付いたベッドもありますが、引き出しが無い場合は収納ケースやカゴで収納スペースが作れます。

寝室の収納におすすめのアイテム

Photo byHencyx

寝室のクローゼットや棚を収納スペースとして使っている人は多いのではないでしょうか。寝室のクローゼットは、寝具だけでなくオフシーズンの衣類やとりあえず保管など様々な物が収納されてます。

良質の睡眠をとるためや疲れを癒す寝室をスッキリ収納するためのアイテムを、棚・ヘッドボード、カゴ・ボックス、ハンガーラック、バインダークリップ、フックの順にご紹介します。

棚・ヘッドボード

Photo bymanbob86

寝室は、一日の疲れをとるための大切なスペースです。寝室が散らかっていては良質な睡眠や休息をとることができません。

寝室を快適なくつろぎ空間にするには収納が欠かせません。寝室にはクローゼットが備え付けられていることが多いですが、スマホや腕時計など日々使うものをクローゼットに収納していては手間がかかります。

日々使うものを収納するには棚やヘッドボードを使うと、すぐに取り出せてスッキリ片付けることができます。

カゴ・ボックス

Photo byAlexas_Fotos

寝室をスッキリ片付けるためには、クローゼットや棚、ベッドに付いているヘッドボードを使う収納アイデアがあります。

しかし寝室にはスマホや雑誌、腕時計のような小物もあります。腕時計などの小物を無造作に置いてあると、使うときになって探すことになります。また気付かず落としてしまうかもしれません。

寝室にカゴやボックスがあると、スマホなど小物を入れておくだけで探さずすぐ使え、破損から守ることができます。

ハンガーラック

Photo byPexels

寝室にはクローゼットが備え付けられていることが多く、寝具以外にもオフシーズンの洋服などを収納しておくことがあります。

寝室の収納にはクローゼットや棚、ボックス、カゴなどを用いると寝室が美しく片付けられます。さらに寝室収納にはハンガーラックもおすすめです。

ハンガーラックは高さを調節できるので、洋服を掛けておくのはもちろんバッグやネクタイ、子供の洋服など、掛けておくものに高さを合わすことができる便利なアイテムです。

バインダークリップ

Photo byPublicDomainPictures

寝室を快適空間に保つには、収納は欠かせません。寝具や洋服、日々使うスマホや腕時計などアイテムによって収納場所が違います。寝室をスッキリ保つには収納だけでは片付かないこともあります。

寝室にはパソコンやテレビなど電気を使うアイテムがたくさんあります。洋服や小物は収納すれば片付きますが、配線コードはごちゃごちゃに絡まってしまいます。

100均でも購入できるバインダークリップは、寝室で絡まりあっている配線コードをスッキリまとめることができます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事