発泡スチロールカッターのおすすめ15選!使い方や作り方もご紹介!

発泡スチロールカッターのおすすめ15選!使い方や作り方もご紹介!

発泡スチロールを切るには、発泡スチロールカッターがおすすめです。ニクロム線に電気を通して切るという仕組みで、様々なタイプがあります。今回は、そんな発泡スチロールカッターのあれこれに迫ってみましょう。使い方を知っていれば、きっと役立つアイテムとなることでしょう。

記事の目次

  1. 1.発泡スチロールカッターで綺麗に切ろう!
  2. 2.発泡スチロールカッターとは?
  3. 3.発泡スチロールカッターの種類
  4. 4.発泡スチロールカッターの選び方
  5. 5.発泡スチロールカッターおすすめ13選
  6. 6.100均の発泡スチロールカッター2選
  7. 7.発泡スチロールカッターの使い方・注意点
  8. 8.発泡スチロールカッターで様々な作り方を楽しもう!

発泡スチロールカッターで綺麗に切ろう!

Photo by_Alicja_

発泡スチロールを切る時に、どんな道具を使いますか。厚みにもよりますが、カッターナイフを使う人が多いのではないでしょうか。発泡スチロールはカッターでも切れますが、切り口が滑らかでない、ボロボロと欠片が散らばるといったデメリットがあります。

発泡スチロールを切る機会の多い人は、発泡スチロールカッターを使ってみましょう。発泡スチロールを処分したり、キレイにカットしたい時に、発泡スチロールカッターは大活躍します。

発泡スチロールカッターとは?

発泡スチロールカッターとは、刃で切るというよりは、熱によって発泡スチロールを切るためのアイテムです。ジオラマやお店のポップなどを作るため、発泡スチロールをキレイに切りたい人は多いことでしょう。そんな時に使えるのが、発泡スチロールカッターなのです。

発泡スチロールカッターにはいくつかのタイプがあり、100均でも購入できます。どんな仕事をしたいかによって、使う発泡スチロールカッターの種類を変えるといいでしょう。

ニクロム線などの金属に電気を流し発熱によってカット

発泡スチロールカッターは、ニクロムといった金属線に電気を通し、そこに発生した熱で発泡スチロールを「溶かして」切るという仕組みになっています。

溶かしながらカットするために多少の臭いは生じますが、キレイに切れるのがメリットです。発泡スチロールは、軽くて扱いやすい素材です。

そのためか、発泡スチロールを使ってインテリア雑貨を作る人も増えています。何かを作るためには、発泡スチロールを思ったようにカットする必要があります。その願いを叶えてくれるのが、発泡スチロールカッターというわけなのです。

単に発泡スチロールを処分したい時にも、発泡スチロールカッターは役に立ちます。割ったりカッターで切るのと違い、発泡スチロールカッターを使うと欠片が出ません。多くの人に様々なメリットをもたらす発泡スチロールカッターに、興味が出てきたでしょうか。

発泡スチロールカッターの種類

発泡スチロールカッターは、その形状によって、いくつかの種類に分けられます。どの種類も発泡スチロールを切るのに適した物ではありますが、どんな作業をしたいかによってタイプを使い分けると、発泡スチロールカッターをより使いこなすことができるでしょう。

こちらでは、発泡スチロールカッターをタイプ別にご紹介します。これから使おうと考えている人は、何をしたいかによって、適したタイプの発泡スチロールカッターを選んでみてください。

アーチ式

広く使われているタイプの、発泡スチロールカッターです。アーチの間にニクロム線が張ってあり、そこを発熱させて、発泡スチロールをカットするのです。細かい作業をするには慣れも必要ですが、ざっくりとした使い方でいいのなら、こちらの種類を使うといいでしょう。

直線はもちろんのこと、曲線で発泡スチロールを切ることも可能です。後で詳しくご紹介しますが、100均で買える発泡スチロールカッターもこちらのアーチタイプです。

ペンタイプ

使い勝手のよいアーチ状のタイプは、細かい作業をするのにはあまり向いていないと言えます。繊細な作業なら、こちらのペンタイプの発泡スチロールカッターがおすすめです。この種類はニクロム線ではなく、細長いヒーターを熱して発泡スチロールを切っていきます。

直線をざっと切るというような大きな作業は苦手ですが、穴を開けたり彫刻を施すには打ってつけのタイプです。フォルムを切り出すのも得意で、細かな細工を必要とする人におすすめです。

卓上タイプ

作業台の上などにどっしりと置いて使えるのが、卓上タイプの発泡スチロールカッターです。イメージとしては、電ノコのような感じと言えます。アーチタイプやペンタイプは、道具そのものを動かして加工を行いますが、こちらの種類は、発泡スチロールを動かして使います。

素材を動かすことは、安定したカットを生み出すことに繋がります。デメリットがあるとしたら、価格面です。据え置いて使うタイプなので、どうしても値段が高くなってしまうのです。

刃物タイプ

Photo byOpenClipart-Vectors

ニクロム線やヒーターの熱ではなく、刃物そのもので発泡スチロールを切るという発泡スチロールカッターの種類もあります。熱の力ではなく刃物によって切るわけですが、専用の道具だけあって、欠片が出にくいようになっています。

この種類は、ニクロム線やヒータータイプの発泡スチロールカッターに比べ、直線を切りやすい特長を持っています。直線で切り出す必要がある時には、こちらの種類を選ぶといいでしょう。

発泡スチロールカッターの選び方

フリー写真素材ぱくたそ

発泡スチロールカッターに、興味が湧いてきたでしょうか。早速使ってみたいという人も、いることでしょう。いざ発泡スチロールカッターを使おうと思っても、どういう物を選べばいいか分からないのではないでしょうか。種類やタイプが様々あることを知れば、なおさらです。

こちらでは、発泡スチロールカッターをどのように選べばいいのか、その選び方を見ていきましょう。選び方を知っていれば、発泡スチロールでの何かの作り方も、幅が広がるに違いありません。

ニクロム線の長さは素材の厚みに合わせる

ニクロム線の発熱で発泡スチロールをカットする種類を選ぶなら、ニクロム線の長さに注目しましょう。ニクロム線が長いほど、厚みのある素材を切れるのです。発泡スチロールカッターのニクロム線は一般的には10~20cmの物が多いですが、30cmの長さの物も存在しています。

何かの作り方が小さい範囲なら、ニクロム線は長くなくても使えます。大掛かりな作り方をするなら、長いニクロム線の使われている発泡スチロールカッターを選びましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事