チーズは太るって嘘?ダイエットに効果的なおすすめの食べ方をチェック!

チーズは太るって嘘?ダイエットに効果的なおすすめの食べ方をチェック!

チーズは太るとよく言われますが、実際はそうと言い切ることはできません。食べ方によってはダイエットにすら効果があるといわれています。今回は、チーズを太ることなく食べられる、ダイエットに効果的な方法や食べ方を紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.太ると言われるチーズについて徹底調査!
  2. 2.太ると言われるチーズのカロリー・糖質
  3. 3.太る印象のチーズのダイエット効果
  4. 4.チーズのダイエット効果を高めるおすすめの食べ方
  5. 5.チーズダイエットの注意点もチェック!
  6. 6.ダイエットにおすすめのチーズ3選
  7. 7.チーズは太るよりダイエット効果をサポートする!

太ると言われるチーズについて徹底調査!

Photo byAlexKlen

今回は、太るといわれているチーズの本当の効果について紹介します。チーズは、一般的には太るのでダイエットをする際には食べない方がいいと考えている方が多いのではないでしょうか。カロリーが高いため太ると考えられがちですが、実はそうではないことが分かっています。

実はチーズにはダイエットに効果があるとされている栄養素をたくさん含んでいます。効果的に食事に取り入れることでやせる効果が期待できるといわれています。今回はチーズのダイエット上の効果と効果的でおすすめの食べ方を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

太ると言われるチーズのカロリー・糖質

Photo byigorovsyannykov

太るといわれがちなチーズのカロリーや糖質などの成分構成について紹介します。一般的に、太る要素と考えられがちなポイントとしては、カロリー含有量だといわれています。また、糖質量も重要な要素といえるでしょう。

チーズのカロリーと糖質量を、白米と比較しながら、本当に太る食べ物なのか、検証していきます。一見太ると考えられそうな内容ですが、食べ方の工夫をすることで逆にダイエット効果があることが分かってきています。

カロリー

フリー写真素材ぱくたそ

まず、チーズのカロリー含有量について紹介します。一言でチーズといっても様々な種類があります。日本で一般的に食べられている最も消費量が多いチーズはプロセスチーズです。スライスチーズや6ピース入りチーズとして市販されているなじみ深い種類です。

プロセスチーズは、100グラム当たり339キロカロリーの含有量があるとされています。もちろん加工方法によっても差がありますが、一般的な数値となります。プロセスチーズは少し硬めの食感で、保存性の高い活用しやすい種類です。

他に、パルメザンチーズは100グラム当たり475キロカロリー、チェダーチーズは423キロカロリーあります。比較的カロリーが低めのチーズとしては、カッテージチーズの105キロカロリーというものがありますが、カロリー数値だけを見るとチーズは太る食べ物だと感じられます。

糖質量

Photo bycongerdesign

続いて、太る要素としてカロリーと同時に見られる糖質量について解説します。チーズの糖質量は、これもチーズの種類によって異なります。もっとも一般的なチーズであるプロセスチーズの糖質含有量は、100グラム当たり0.1グラムとかなり低くなっています。

パルメザンチーズの場合は1.4グラム、チェダーチーズは0.4グラムとなっています。チーズの糖質の含有量は比較的低くなっていて、太る要素とは言えません。糖質ダイエットの際に取り入れる食材としても有効であることが分かります。

ただ、モッツァレラチーズが100グラム当たり4.2グラムの糖質を含んでいるなど、チーズの種類によって糖質の含有量は異なってくるので、ダイエット効果を考える場合にはチーズの種類にこだわることをおすすめします。

ご飯のカロリー・糖質と比較

フリー写真素材ぱくたそ

日本人の一般的な主食である白米のご飯のカロリーと糖質含有量はどれくらいになるのでしょうか。一般的にご飯のカロリー含有量は100グラム当たり168キロカロリーとなります。プロセスチーズの339キロカロリーと比較すると、チーズの方が太る食材と見えるかもしれません。

しかし、食事をする際にご飯のみで食事をすることはほとんどなく、おかずと一緒に食べるのが一般的です。また、糖質量で比較をすると、ご飯は100グラム当たりに糖質を37グラム含んでいます。これは、チーズの糖質含有量より圧倒的に多い数値になります。

太る印象のチーズのダイエット効果

Photo bychopchopnom

太ると考えられがちなチーズは、実は糖質含有量が低いことが分かりました。続いては、ダイエット効果の面からチーズの栄養素の内容を見ていきます。太るといわれるチーズですが、実はダイエット効果が高い要素をたくさん含んでいることが分かります。

たんぱく質や脂質、カルシウムなどの面から、おすすめの食べ方とダイエット効果の根拠について説明をしていきます。太ると考えられがちなチーズの印象が変わるかもしれません。

①タンパク質で代謝の向上

Photo byRitaE

第一に、チーズのたんぱく質について解説をします。チーズには、良質なたんぱく質がたくさん含まれています。タンパク質と一言で言ってもいろんな種類がありますが、チーズはその中でも、筋肉量を増やし、太る状態を抑える特徴のあるたんぱく質を牛乳の4倍含んでいるといわれています。

チーズを摂取して運動をすれば、筋肉量を効率よく増やす効果が期待できます。体の構成割合のうち、筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がり、ひいては太る状態を抑える痩せやすい体にすることができます。

②蓄積されにくい脂肪

Photo byClker-Free-Vector-Images

第二に、チーズの脂肪分について解説をします。チーズは脂肪分を多く含んでいます。脂肪と聞くと、太る要素だと感じる方も多いかもしれません。しかし、チーズに含まれる脂肪分は、体に蓄積されにくい種類のものだとされています。

チーズに含まれる脂肪分は、短時間でエネルギー変換される特徴を持っています。そのため、体内に蓄積されにくいという特徴があります。体内に脂肪分を蓄積することを抑える効果が期待できるため、チーズは太る体を改善する効果があるといえます。

③ビタミンB2で脂質や糖質を燃焼

フリー写真素材ぱくたそ

第三に、チーズのビタミンB2について解説をします。チーズに多く含まれるビタミンB2は、資質やたんぱく質、糖質を効率よく分解し、スムーズにエネルギーに変換する作用を持っています。太る体から代謝の良い体に変えてくれる作用があります。

また、ビタミンB2には肌や粘膜を健康にしてくれる作用もあります。ダイエットの際に起こりやすい肌荒れなどは、ビタミン不足が原因で起こることが多いです。ビタミンB2を豊富に含んでいるチーズをダイエット時に利用する大きなポイントになります。

④カルシウムで脂肪の吸収を抑制

Photo byImoflow

第四に、チーズに含まれるカルシウムの効果について紹介します。体の骨を作るときに必要になる栄養素であるカルシウムですが、これに加えて脂肪の吸収や蓄積を抑えてくれる効果があることが発見され、注目されています。

チーズには小魚の二倍以上のカルシウム含有量があり、効率よく摂取することができます。さらに、カルシウムにはストレスを軽減してくれる作用もあるといわれています。ダイエット時のイライラ感を抑えてくれる効果が期待でき、おすすめです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事