アイラインタトゥーが人気!気になるメリットやデメリットを徹底解説!

アイラインタトゥーが人気!気になるメリットやデメリットを徹底解説!

アイラインタトゥーはすっぴんに自信が持てない人などに人気のアートメイクのひとつで、眉毛やリップなどもあります。この記事ではアイラインタトゥーのメリット・デメリットだけでなく、値段の相場、痛み、病院・サロンの選び方などについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.アイラインタトゥーのメリット
  2. 2.アイラインタトゥーのデメリット
  3. 3.アイラインタトゥーの注意点
  4. 4.アイラインタトゥーを入れる流れと相場
  5. 5.アイラインタトゥーを入れる病院・サロンの選び方
  6. 6.アイラインタトゥーを消したい場合の対処法
  7. 7.アイラインタトゥーを入れる前にメリット・デメリットを見比べよう

アイラインタトゥーのメリット

Photo by 22Lauren

アイラインタトゥーのメリットとして、この記事では3つの項目をピックアップしました。アイラインタトゥーを施術するとどのようなメリットを得ることができるのか、その魅力を見ていきましょう。ここからは、アイラインタトゥーのメリットについて紹介します。

メイクが簡単になる

Photo bykinkate

1番目に紹介するアイラインタトゥーのメリットは「メイクが簡単になる」です。アイラインタトゥーをすれば、アイラインを引く必要がありません。アイラインは慣れてくると簡単に引けるかもしれませんが、メイクを始めたばかりの人やいつになってもうまく引けないという人も中にはいます。

アイラインを引くことに時間を費やしていた人は、アイライナータトゥーをすることでメイクが簡単になります。

アイラインが落ちやすい人、よれやすい人は、メイク直しも大変でしょう。しかし、アイライナータトゥーをすれば、メイク直しの必要もありません。

水で落ちない

Photo byronymichaud

2番目に紹介するアイラインタトゥーのメリットは「水で落ちない」です。アイラインタトゥーは水で落ちないので、汗にも強いです。暑い季節やスポーツなどで汗をかいても、パンダ目になり恥ずかしい思いをすることがなくなります。

また、感動映画を観たり悲しい出来事・悔しい出来事により涙が出ても、にじみの心配がありません。もちろん、手でこすってしまっても大丈夫です。

すっぴんに自信が持てる

Photo byFree-Photos

3番目に紹介するアイラインタトゥーのメリットは「すっぴんに自信が持てる」です。いつも目を大きく見せるメイクをしていると、すっぴんを見られたくない、と思っている人も多いでしょう。

アイラインタトゥーをすると、目元がくっきりと見えるようになります。すっぴんでもメイクをしているように目を大きく見せてくれるので、自信が持てるようになります。

彼氏の前ではすっぴんになれない、友達と旅行に行ってもすっぴんを見られたくないからメイクを落とせない、といった悩みも解消されるでしょう。また、海水浴やプール、温泉などの水場に行っても、アイラインが落ちることはありません。

目元が気になって楽しめなかったことも、アイラインタトゥーひとつですっぴんに自信を持て、人生をエンジョイすることができるでしょう。眉毛も自信がないという人は、眉毛タトゥーもおすすめです。

アイラインタトゥーのデメリット

Photo by TMAB2003

アイラインタトゥーのデメリットとして、この記事では4つの項目をピックアップしました。アイラインタトゥーをすると良いことだけではありません。しっかりデメリットも把握してから施術を検討しましょう。ここからは、アイラインタトゥーのデメリットについて紹介します。

流行に合わせてメイクを変えられない

Photo byFree-Photos

1番目に紹介するアイラインタトゥーのデメリットは「流行に合わせてメイクを変えられない」です。メイクには流行があり、アイラインも流行に合わせて引き方が変わってきます。

アイラインタトゥーをすると、水で落ちないというメリットがあるように、簡単に落とすことができません。一生モノではないので徐々に消えていきますが、およそ2年ほどは維持することができます。個人差があるので、4~5年消えないということもあります。

流行のメイクをしたくても、アイラインタトゥーが邪魔をして上手くできない、という事態になる可能性は十分考えられます。

アイラインタトゥーは流行に合わせてメイクを変えられないというデメリットがあるため、ある程度どんな流行にも対応できるナチュラルなデザインを選ぶか、流行に関係ないデザインで楽しむなど、しっかり考えてから施術しましょう。

感染症・アレルギー・ケロイドの危険がある

Photo byEngin_Akyurt

2番目に紹介するアイラインタトゥーのデメリットは「感染症・アレルギー・ケロイドの危険がある」です。アイラインタトゥーは、目元の皮膚に針を刺して色素を入れていきます。

そのため、色素によるアレルギーを起こす危険性があります。また、感染症の危険性やケロイドが形成されてしまう危険性もあります。ケロイド体質の人は、施術を断られることもあります。

アイラインタトゥーは、感染症・アレルギー・ケロイドの危険があるデメリットもしっかり把握して施術を検討しましょう。

アイラインは痛みを感じやすい部位である

Photo by ohsarahrose

3番目に紹介するアイラインタトゥーのデメリットは「アイラインは痛みを感じやすい部位である」です。アイラインは人間の身体の中でも皮膚が非常に薄い部位なので、針を刺すことで痛みを感じやすいです。

痛みは施術する人の技術や個人の感覚によるところもありますが、心配な人は麻酔を使用して施術してくれる病院やサロンを探しましょう。

アイラインは痛みを感じやすい部位であるというデメリットも念頭に置き、アイラインタトゥーの施術を検討しましょう。

痛みが少なくとも腫れることがある

Photo byxusenru

4番目に紹介するアイラインタトゥーのデメリットは「痛みが少なくとも腫れることがある」です。アイラインタトゥーのデメリットである痛みを感じない人も中にはいます。しかし、感染症などにより痛みが少なくても腫れる可能性がある、というデメリットも見逃せません。

腫れてしまうデメリットは、数日安静にしていれば治ることがほとんどです。しかし、腫れた状態で学校や仕事に行くのは避けたいところです。1週間程度は腫れることを想定し、施術の日程を組むことをおすすめします。

アイラインタトゥーの注意点

Photo bySkitterphoto

アイラインタトゥーの注意点として、この記事では5つの項目をピックアップしました。アイラインタトゥーをする時は、施術前だけでなく施術後も気を付けなければいけないことがあります。

アイラインタトゥーを施術する前に、しっかりと注意点を把握しておきましょう。ここからは、アイラインタトゥーの注意点について紹介します。

次へ

関連するまとめ

人気の記事