スカートをキレイに収納する方法は?たたみ方やおすすめアイテムもご紹介!

スカートをキレイに収納する方法は?たたみ方やおすすめアイテムもご紹介!

洗濯後にたたんで収納しておいたスカートが、気がついてみたらシワだらけになっていたという経験はありませんか?今回は、スカートをキレイに収納するための方法についての特集です。その際に活躍するおすすめアイテムやツールもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.スカートをキレイに収納する方法を実践しよう!
  2. 2.スカートの収納のポイント
  3. 3.スカートのキレイな収納方法
  4. 4.スカート収納にお勧めのアイテム
  5. 5.スカートの収納は綺麗に吊るそう!

スカートをキレイに収納する方法を実践しよう!

Photo byStockSnap

女性にとってスカートの収納は意外と大事なことではないでしょうか?ましてや、お気に入りのスカートなら、いつでも最適な状態をキープさせておきたいところです。

ミニでもロングでも同じですが、せっかく収納しておいたスカートを出してみたら、かなりシワくちゃになってたという経験があるのではないでしょうか?

せっかくお気に入りのスカートを収納するのだから、きれいなままスカートをたたんで、そのままの状態を保てる方法について探っていきましょう。今回は、スカートのきれいな収納方法、そのアイデアやスカート用ツール、収納アイテムなどをご紹介します。

スカートの収納のポイント

Photo by lisaclarke

ちょっと目を離しておいたら、収納していたスカートがシワくちゃになってしまったという経験、きっと女性の多くはしているはずです。どのような方法をとれば、スカートをいつも最良な状態のまま収納しておけるのでしょうか?

なるべくシワにならないようなきれいなスカートの収納方法には、いくつかのポイントがあり、それを押さえておくことで、見違えるほどきれいな状態でスカートの収納が保てます。

その際は、簡単なツールを用いたり、収納時の有効的な方法を理解することにあります。では、具体的にスカートのきれいな収納方法のポイントをご紹介します。ちょっとした気使いにより、スカートの収納がきれいに整っていきます。

ハンガーにかけるアイテムは厳選

スカートにシワが寄らないようにするためには、収納するものとしないものとの区別から考えておくとよいでしょう。それは、ハンガーにかけて収納するのに適しているスカートとそうではないスカートというように、しっかり選別しておくことが基本です。

シワになると困るスカートの種類としては、プリーツスカート、ロング丈のスカート、シフォン生地の柔らかめなスカート、綿素材の薄いスカート、ベロアやサテンなどの特殊な生地で作られたスカートです。

これらは特に厳選しておきハンガーにかけて収納しておくようにしましょう。100均でも購入可能なクリップ付きハンガーを使うと便利です。洗濯後にシワを伸ばし、そのままクリップで吊るせるので、一石二鳥な収納方法となります。

たたみ方・収納方法

スカートのたたみ方一つで、無駄のない収納ができます。その際は、収納しても大丈夫そうなシワが目立ちにくいスカートを選んでおき、引き出しやボックスへたたんで収納するようにします。

シワになりにくいスカートとして主なものは、デニム生地のスカート、スウェット生地のスカート、コーデュロイ生地のスカート、ショート丈のスカートなどです。

収納する際のスカートのたたみ方は、まずスカートのシワをのばして広げます。左右両サイドの裾の部分が中心に来るよう縦方向に三つ折りし長方形にします。さらには横方向に折り収納するとよいでしょう。他にもたたまずくるくると巻いて収納する方法もあります。

スカートのキレイな収納方法

Photo by masato_photo

いろいろな種類のスカートがあり、たくさん所持する女性も多いはずです。数や量が多くなればなるほど困ってくるのが収納する方法です。

何となく適当なたたみ方をしてそのままざっくりと収納してしまうと、いつの間にかシワシワになってしまうのがスカート収納方法の欠点です。

収納方法にいつもよりも手間をかけて、考えながら実行してみることで、余計なシワをつけないままスカートが保存できます。そこでここでは、スカートをきれいに収納するための最適な方法について、具体的にご紹介していきます。

スカートはシワになりやすく吊るすが基本

スカートの素材をよく見ると、実はとてもデリケートなものが多いのです。そのためシワができやすいのが当たり前だと思ったほうがよいでしょう。しわがないようきれいに収納する基本としては、スカート用などにアイテム化されたハンガーに吊るして収納するものだと心得ておくことです。

ハンガーに吊るすことで、全体に重力が掛り生地が伸びるのでシワが少なくなります。ただし普通の凡庸型のハンガーでウエストから吊してしまうと、型崩れを起こす可能性があります。

元々が上着やシャツ用のアイテムなので、スカート用アイテムとしてデザインされていないからです。スカートを吊るすのであれば、ピンチタイプのハンガーを使うことで、きれいに型崩れせずに吊るせます。

色別・丈別で見つけやすく

スカートをきれいに収納するのであれば、場所が許される限りハンガーに吊るすことをおすすめします。数が多くなってかさばりそうな時も、連結させるタイプのハンガーもあるので、ラックへ均等に並べるだけで済みます。

その際には、スカート丈の長さの順で並べるみることや、カラーごとにルールを決めて並べると、後で選ぶときなどに分かりやすくておすすめです。

それに、クローゼットを開けて眺めた時に、長さが規則正しくなっていたり、カラーグラデーションごとに並んでいることで、見た目でも効果的です。自分なりなスカート収納術をどんどん進化させてみるときっと楽しくなってきます。

引き出しに収納する場合

スカートはなるべく吊るして収納したいものですが、やはりスペースにも限度があります。それにスカート以外の衣類のことも考えなくてはなりません。引き出しや棚へのたたみ方を工夫して収納することも必要です。

その時は、きれいなたたみ方のコツをつかんでシワがつきにくくなるように収納することがポイントです。最も基本的なのは長方形にするたたみ方です。

手順は、広げてシワを伸ばしながら真ん中からタテ半分に折ります。次に裾の広がった部分を内側に折り長方形にします。それを何度か折ってコンパクトにすれば完了です。他にも、長方形からクルクルと丸める収納方法でもよいでしょう。

吊るす収納でスッキリ片付け上手に!場所別におすすめのアイデアやグッズを紹介のイメージ
吊るす収納でスッキリ片付け上手に!場所別におすすめのアイデアやグッズを紹介
トイレ・洗面所・お風呂の収納に悩まされていませんか。収納に困ったら、吊るす収納を試してみましょう。空間の中に吊るす収納は、散らかりがちな場所を片付け、整理整頓するのにとても役に立ちます。場所ごとに役立つ、吊るす収納のアイデアをご紹介しましょう。

スカート収納にお勧めのアイテム

フリー写真素材ぱくたそ

スカートをきれいに収納したいのであればハンガーで吊るした収納方法が一番良いのですが、数が多くなってくると、徐々にかさばってスペースが足りなくなってしまいがちです。

そこで収納スペースを無駄なくコンパクトに収めるためのアイテムとして、スカート用ハンガーを使ってみるのが有効的です。スカート用ハンガーには、いろいろなタイプのものが市販されています。

その中からお好きな形状のものをチョイスしてみましょう。ここでは、スカートの収納に特化したおすすめな専用ハンガーをご紹介します。

マワ・マワハンガー スカート用

次へ

関連するまとめ

人気の記事