グロスカラーの特徴とは?メリット・デメリット・おすすめの人を詳しく紹介!

グロスカラーの特徴とは?メリット・デメリット・おすすめの人を詳しく紹介!

グロスカラーと聞いたことはありますか。このグロスカラーを調べてみると実は良いことが沢山あります。キレイな髪を手に入れることができてご自分がなりたいイメージに近づけることができます。では、グロスカラーとはどんなものなのでしょうか。詳しくみていきましょう。

記事の目次

  1. 1.魅力いっぱいのグロスカラーについて知っておこう!
  2. 2.グロスカラーの特徴とは?
  3. 3.グロスカラーのメリットとデメリット
  4. 4.グロスカラーを使ったおすすめカラー
  5. 5.グロスカラーがおすすめな人とは?
  6. 6.レングス別のグロスカラーに合うヘアスタイル
  7. 7.グロスカラーは髪の毛に綺麗な色味を入れられる!

魅力いっぱいのグロスカラーについて知っておこう!

Photo byalehidalgo

グロスカラーとは、髪の毛に艶を与えてくれるのが特徴です。サロンによっては色々な処方があるのですが、統一して言えるのは通常のカラー剤よりも髪にとっては優しい薬剤を使うのが特徴でしょう。髪の毛に艶が出るのでブリーチ等でダメージのある髪をツヤツヤにしてくれます。

グロスカラーの特徴とは?

フリー写真素材ぱくたそ

では、このグロスカラーの特徴をしっかりみていきましょう。先程も申し上げたように最大の特徴は髪の毛に艶を与えてくれるのが最大の特徴です。リップグロスを唇につけるような感覚に似ているとも言えます。ツヤツヤとした健康な髪の毛にみせてくれます。

髪に艶を出すヘアカラー剤

Photo byPublicDomainPictures

通常、ヘアカラーと聞くと髪の毛に色を入れるもしくはブリーチ等をしてハイカラーにする等の印象をお持ちになるのではないでしょうか。髪に艶を出すとは一体どんなことなのでしょうか。わかりやすく言うと、リップグロスを唇につけた時のようにツヤツヤとします。

これは、通常のカラー剤とは違いアルカリ性のカラー剤を使用します。こうすることでダメージがあり髪の艶が失われてしまいます。しかし、このグロスカラーの薬剤は酸性であるのでダメージを減らすことができます。

普通のヘアカラー剤より髪の毛に優しい

フリー写真素材ぱくたそ

美容院によっては、色々な処方でグロスカラーを作り出すのですが基本的には通常のカラー剤に、コーティング効果の期待出来る薬剤を混ぜて仕上げる方法が一般的です。また、通常のアルカリ性のカラー剤ではなく、ダメージを少なくするために酸性カラー剤を使うこともあります。

ヘアカラーをしたりする時、一般的にアルカリ性のカラー剤を使います。なりたい髪色にはなれますがどうしても艶が失われがちです。しかし、このグロスカラーを使うことでダメージを減らすことができ艶髪を手に入れることができます。

今までにヘアカラーにチャレンジしてみたいけどダメージとか、今までのダメージが蓄積していたりする方にもおすすめできるのではないでしょうか。

グロスカラーのメリットとデメリット

Photo byVisualityswiss

髪に優しく艶の出るグロスカラーです。このグロスカラーにも残念ながらデメリットもあります。ここではグロスカラーのメリットとデメリットをしっかりとみていきましょう。しっかり確認をしておくことで美容院でオーダーする時などの参考にしてみてください。

メリット

Photo byRobinHiggins

グロスカラーの最大のメリットは、ダメージが少なくなるが特徴と言えるでしょう。カラーやブリーチ、またはパーマ等を繰り返しダメージが蓄積している髪は艶が失われがちになっています。そんな髪にもこのグロスカラーで艶を取り戻すことが出来ます。

デメリット

Photo bygeralt

グロスカラーのデメリットは、従来のカラー剤よりも髪に色が入りにくい事があげられます。美容室によって使うグロスカラーの薬剤が違うので、グロスカラーを美容室でオーダーする時は使っているカラー剤やなりたい髪色をしっかり聞いてみることをおすすめします。

仕上がりのヘアスタイルやイメージについて、事前にしっかりと相談しておくことが通常のカラーの時よりも重要になってきます。

グロスカラーを使ったおすすめカラー

Photo byterribileclaudio

では、次にどんなヘアカラーがグロスカラーと相性がいいのかをみていきましょう。何にでも艶があればキレイな髪にはみえますが相性のいいカラーがあるので参考にしてみてください。今までチャレンジが出来なかったヘアカラーもグロスカラーを使うことでもっといい髪色になるはずです。

濃いめのミルクティーベージュ

ミルクティーベージュとは相性がとても良いとされています。髪の毛自体はかなり明るい色です。外国人風の透け感のある色ではないでしょうか。この色にしてみたいけど、ダメージが気になってなかなかチャレンジ出来ないと思っている方はグロスカラーで是非、このヘアカラーにしてみてください。

ブリーチなしでも綺麗

Photo by Zacc Anson

このヘアカラーの特徴は透け感があるということです。このカラーにするには、ブリーチが必要と思われがちですが、実はグロスカラーで複数回、色を入れることでこの色にすることが可能です。ブリーチをするとダメージがあります。

しかし、グロスカラーを使うとそのダメージを最小限に抑えることが出来るのが最大の特徴です。ブリーチのダメージを考えてなかなかチャレンジ出来なかった方にはおすすめの方法です。なお、デメリットでもご案内したように、きちんと美容師さんになりたいイメージ等を相談してください。

次へ

関連するまとめ

人気の記事