洗濯ハンガーの収納アイデアまとめ!家事の負担が減るおすすめの活用術も!

洗濯ハンガーの収納アイデアまとめ!家事の負担が減るおすすめの活用術も!

洗濯ハンガーの収納アイデアをご紹介します。洗濯ハンガ-は収納場所に困るアイテムですが、ちょっとした工夫で使いやすく収納でき、家事の負担も軽減できます。洗濯ハンガーの収納に役立つ100均アイテムも併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.洗濯ハンガーのおすすめの収納方法を紹介!
  2. 2.洗濯ハンガーの収納の悩み
  3. 3.洗濯ハンガーのおすすめ収納アイデア【掛ける編】
  4. 4.洗濯ハンガーのおすすめ収納アイデア【しまう編】
  5. 5.洗濯ハンガーの収納に役立つ100均アイテム活用術
  6. 6.ハンガーを使いやすく収納してスムーズに家事をこなそう!

洗濯ハンガーのおすすめの収納方法を紹介!

Photo bystevepb

洗濯物を干すときに欠かせないアイテムといえば、洗濯ハンガーです。ほとんどの家庭にあるものですが、意外と収納場所に悩むアイテムでもあります。適当に収納してしまうと出し入れが面倒になりますし、かといって出しっぱなしにしておくと生活感が出てしまいます。

洗濯ハンガーは日常的に家事で使うものですので、ちょっとしたことでストレスが積み重なってしまうものです。毎日の家事のストレスを減らすためには、使っていないときにはスッキリと収納しつつ、使うときにはすぐに取り出せるように、洗濯ハンガーの収納方法にも工夫することが大切です。

この記事では、洗濯ハンガーの収納アイデアをご紹介します。突っ張り棒やファイルボックスを活用した収納アイデアなど8つのおすすめ収納アイデアに加え、100均アイテムの活用術も併せてご紹介します。洗濯ハンガーの収納で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

洗濯ハンガーの収納の悩み

Photo by PinkMoose

まず最初に、洗濯ハンガーの収納の悩みにはどんなものがあるのか、洗濯ハンガーの収納の悩みについて改めて確認しておきましょう。

洗濯ハンガーの収納のことを悩みに感じている人は少なくありません。家事はやることがいっぱいなので、ちょっとした悩みでも毎日続くととなるとストレスに感じるようになってしまいます。

多くの人が感じている洗濯ハンガーの収納の悩みは、主に2つに分けられます。1つ目は「量が多く場所を取る」ということ、2つ目は「絡まったりバラバラになる」ということです。では、順番に詳しく見ていきましょう。

量が多く場所を取る

Photo by EvelynGiggles

洗濯ハンガーの収納の悩みの1つ目は、「量が多く場所を取ること」です。洗濯ハンガーはそれほど大きいものではありませんので、1本ならそれほどかさばるものではありません。

しかしながら、家族の人数が増えて、洗濯物の量が増えるほど、どうしても洗濯ハンガーの数は多くなってしまうものです。洗濯ハンガーが大量にあると、その分収納スペースも必要になり、どこに収納すればいいのかと悩んでしまいます。

Photo by ototadana

中には、洗濯ハンガーを収納する場所がなくて、室内干し用のラックなどにかけっぱなしになっていたり、洗面所が大量のハンガーで占領されていたりする家庭もあるでしょう。

出しっぱなしにしておけば、いちいち取り出す必要がなくなり、使いたいときにすぐ使えて便利ではありますが、生活感が出てしまい見栄えが悪いです。

ベランダなどに出しっぱなしにしておくのも、洗濯ハンガーの劣化が早まったり、風で吹き飛ばされたりしますので、やめておいた方がいいでしょう。やはり使っていないときにはきちんと収納できるように、収納場所を確保しておくことが必要です。

絡まったりバラバラになる

Photo by ototadana

洗濯ハンガーの収納の悩みの2つ目は、「絡まったりバラバラになること」です。きちんと洗濯ハンガーの収納場所を確保してあげても、今度は出し入れのことが悩みになる場合があります。

洗濯ハンガーを収納ボックスなどの中に適当にしまっておくと、絡まったりバラバラになってしまったりして取り出しにくくなります。

一口に洗濯ハンガーといっても、大人用や子供用、バスタオル用、ピンチハンガー、パラソルハンガーなどいろいろな種類があり、形もサイズも素材も様々です。いろいろな種類の洗濯ハンガーをまとめて収納しようとすると、うまく重ね合わせることができず、綺麗に収納するのが難しくなります。

絡まったりバラバラになったりしないように、綺麗に収納しようとすると、それだけで時間を食ってしまい、家事の時間がもったいないです。できるだけ洗濯ハンガーの種類を統一して、シンプルでかさばらないデザインのものを選ぶと、収納しやすくなります。

ダイソーのハンガーを一挙紹介!おしゃれで収納に便利なアイテム満載!のイメージ
ダイソーのハンガーを一挙紹介!おしゃれで収納に便利なアイテム満載!
たいていのものは何でも揃うダイソーですが、ハンガーもまたいろいろな種類のものが売られています。とても100均の商品とは思えない機能性に優れたものから、おしゃれなものまで、バラエティー豊かなダイソーのハンガー、そんなダイソーのおすすめハンガーを一挙紹介します。

洗濯ハンガーのおすすめ収納アイデア【掛ける編】

ここからは、洗濯ハンガーのおすすめ収納アイデアをご紹介していきましょう。洗濯ハンガーは毎日の家事で使うもので、大切に保管しておくものではありません。そのため、洗濯ハンガーはいつでもすぐに使える準備をしておく必要があり、出し入れしやすいように収納することが大切になります。

洗濯ハンガーの収納方法には、大きく分類すると2通りの方法があります。掛ける収納方法としまう収納方法です。どちらが自分にとって使いやすいかをよく考えて収納方法を決めるとよいでしょう。

それでは、まず初めに掛ける収納のおすすめアイデアからご紹介していきます。掛ける収納は、物干し竿に掛けるときのように、何か棒状のものに掛けて収納するという方法になります。洗濯ハンガーが絡まったりバラバラになったりすることがなく、出し入れしやすいです。

突っ張り棒を設置して掛けて収納

1つ目にご紹介する洗濯ハンガーの掛ける収納のおすすめアイデアは、「突っ張り棒を設置して掛けて収納」です。デッドスペースになっている洗濯機の上に突っ張り棒を設置し、その突っ張り棒に洗濯ハンガーを掛けるという収納アイデアになります。

S字フックを活用して突っ張り棒にカゴを掛けたり、突っ張り棚を重ねて設置するなどすると、洗濯ハンガーだけでなく洗濯バサミや洗濯ネットなどのランドリーグッズを一緒に収納できて便利です。洗濯で無駄な動きをする必要がなくなり、家事の時短につながります。

もし、目につく場所に収納したくないという場合には、洗面台下の収納スペースを活用するという方法もおすすめです。洗面台下の収納スペースに突っ張り棒を設置して、洗濯ハンガーを掛けるだけです。扉を閉めてしまえば、完全に生活感を消せます。

壁面ラックを作り掛けて収納

2つ目にご紹介する洗濯ハンガーの掛ける収納のおすすめアイデアは、「壁面ラックを作り掛けて収納」です。洗濯機の上や横などに壁面ラックをDIYで設置し、棚の下などにアイアンバーを取り付けて洗濯ハンガーを掛けるという収納アイデアになります。

壁面ラックを作るのは難しいイメージがありますが、突っ張り式の「ラブリコ」や「ディアウォール」を活用すれば、簡単に壁面ラックを設置することができます。壁に傷をつけることもありませんので、賃貸でも安心です。タオルや洗剤など、洗濯機周りで使うものをまとめて収納できます。

クローゼットに掛けて収納

3つ目にご紹介する洗濯ハンガーの掛ける収納のおすすめアイデアは、「クローゼットに掛けて収納」です。スペースに余裕のあるクローゼットを活用し、クローゼットのハンガーパイプの端に洗濯ハンガーを掛けて収納するという収納アイデアとなります。

ただ、洗濯ハンガーが大量にある場合には、洗濯ハンガーでハンガーパイプがいっぱいになってしまいます。そういうときには、特に絡まりやすいピンチハンガーだけをハンガーパイプに掛け、衣類用ハンガーはボックスやバスケットなどにしまって取り出しやすい場所に置いておくとよいでしょう。

洗濯ハンガーのおすすめ収納アイデア【しまう編】

続いては、洗濯ハンガーのしまう収納のおすすめアイデアについてご紹介しましょう。しまう収納は、ボックスやバスケットなどの収納アイテムを活用してしまっておく収納法になります。簡単に生活感を消せるというメリットがあります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事