バンスクリップの使い方を長さ別にご紹介!おしゃれで簡単にできるアレンジも!

バンスクリップの使い方を長さ別にご紹介!おしゃれで簡単にできるアレンジも!

おしゃれに敏感な女性はファッションだけではなくヘアスタイルにもこだわりがあり、注目のバンスクリップの使い方次第では、周りと差のつくおしゃれなヘアスタイルを楽しむことができます。そんなバンスクリップの使い方からアレンジ法までをご紹介していきますのでご覧ください。

記事の目次

  1. 1.おしゃれなバンスクリップの使い方やアレンジを紹介!
  2. 2.バンスクリップの魅力
  3. 3.バンスクリップの使い方
  4. 4.レングス別のバンスクリップを使った簡単アレンジ
  5. 5.バンスクリップの種類
  6. 6.バンスクリップの使い方を覚えて髪のおしゃれを楽しもう!

おしゃれなバンスクリップの使い方やアレンジを紹介!

Photo byxusenru

おしゃれなヘアスタイルに仕上げたいときには、髪の長さや髪の量によってもアレンジ方法が異なりますが、簡単におしゃれなヘアアレンジが取り入れると注目の「バンスクリップ」とはどんなアイテムなのでしょうか?

今回は、そんな注目のヘアアイテムであるバンスクリップの使い方やアレンジ方法などをレングス別でもご紹介していきますので、おしゃれなヘアアレンジに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

バンスクリップの魅力

ヘアアイテムの中でも見た目や使い勝手の良さで注目されている「バンスクリップ」とは、さまざまな魅力があるヘアアイテムとされています。そこで、ここではバンスクリップの魅力についてご紹介していきますのでご覧ください。

簡単にまとめ髪が作れる

バンスクリップの使い方とは、真ん中の留め具部分のバネの力を使いがっちりと髪を挟んで使っていくヘアアイテムとなっており、毛束を横の角度から挟むため髪が崩れにくくなっています。

使い方は他のヘアアクセサリーと比べても簡単に使いこなすことができるため、不器用な人でも簡単にヘアアレンジを取り入れることができます。

バンスクリップを使ったヘアアレンジでの定番はまとめ髪となっていますので、着崩れが心配な浴衣などとも合わせやすくなっております。

どんな髪の長さでも使える

ヘアアクセサリーではレングスによっては使いづらい場合もありますが、バンスクリップにはさまざまなサイズ感があり、がっちりと髪を挟んで使っていくためどんな髪の長さにも取り入れることができます。

髪の長さに合ったヘアアレンジも、バンスクリップと組み合わせることでバラエティ豊かに楽しむことができますので、ショートヘアーからロングヘアーの人まで多くの女性におすすめのヘアアイテムです。

髪に跡が付きにくい

バンスクリップの最大の魅力は、髪をまとめた後でも髪に跡が付きにくいところです。ゴムやヘアクリップを使って髪をまとめていくと、髪を下ろした際に跡が残ってしまいヘアチェンジがしにくいですが、バンスクリップではその心配がありません。

そのため、仕事中や家事の最中に髪を一時的に髪をまとめていきたいときに使いやすく、ダウンスタイルとメリハリを付けたい人におすすめです。

種類豊富でいろいろ楽しめる

バンスクリップでは、サイズだけではなくデザインやカラーバリエーションが豊富なところも魅力とされています。

バンスクリップの形をそのまま活かしたシンプルなデザインから、布やおしゃれパーツを装飾したデザインまで、シーンに合わせられる豊富な種類となっていますので、いろんな仕上がりのヘアスタイルを楽しむことができます。

バンスクリップの使い方

おしゃれ女子から注目されているバンスクリップの魅力についてご紹介させていただきましたが、さまざまなシーンに使いこなせるデザイン性や、どんなヘアスタイルにも使いやすい手軽さは多くの女性を虜にしているようです。

そんな使いやすさとデザイン性に優れたバンスクリップの、使い方から定番のまとめ髪をご紹介していきますのでご覧ください。

使い方①まとめ髪

バンスクリップを使ってまとめ髪を作る際の使い方をご紹介させていただきますが、髪をまとめると髪が崩れやすい・毛先が飛び跳ねてしまうなどの悩みがある人は、ソフトワックスなどを毛先中心に馴染ませてからまとめるようにしましょう。

まとめ髪のバンスクリップの使い方は、手ぐしで髪を中心に1つにまとめていき、片手でヘアクリップを持ちまとめたい部分に挟んであげるだけです。

まとめ髪のポイントは、手ぐしでまとめる際はきっちりとではなく無造作にまとめるとおしゃれ感が増し、髪を挟む際に一ひねりするとより崩れにくいヘアスタイルにまとめることができます。

使い方②お団子ヘア

バンスクリップを使ってお団子ヘアに仕上げていく使い方では、2種類のパターンがあり、髪の長さや手軽さで自分に合ったまとめ方を選んでみましょう。

1つ目のお団子ヘアの使い方は、手ぐしでお団子を作りたい位置に髪を1つにまとめていき、くるくると髪をねじりながらお団子の形を作っていきます。毛先までお団子にすることができましたら、毛先部分をパチンとバンスクリップでまとめてあげたら完成です。

2つ目のお団子ヘアの使い方は、お団子を作りたい位置にゴムを使って髪を1つに束ねていき、くるくるとねじりながらゴムの周りに髪を巻き付け毛先をバンスクリップを使って留めたら完成です。

どちらのお団子ヘアも簡単にできますが、ロングヘアの人などはゴムでまとめてからお団子を作ってあげると崩れにくいでしょう。職場などで一時的に髪をまとめたいときには、ゴムを使わずにまとめてあげると跡が付きにくいのでおすすめです。

使い方③ハーフアップ

バンスクリップを使ってハーフアップを作っていく際には、トップの部分から耳裏部分の髪にかけて好みの位置で1つの束感にまとめていき、崩れにくい位置をバンスクリップで留めてあげたら完成です。

バンスクリップを留めていくポイントは、毛先に近い下の方で留めてしまうと、バンスクリップが落ちてきてしまうこともありますので、根元に近い部分で留めてあげると良いでしょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事