SSDとHDDの使い分けの仕方まとめ!簡単な設定方法もチェック!

SSDとHDDの使い分けの仕方まとめ!簡単な設定方法もチェック!

パソコンに搭載されるストレージといえばHDDが大半でした。HDDは大容量のデータ保存には適していますがOSの起動には不向きといえます。SSDはこの弱点を回避しますがHDDとの使い分けが賢明です。そこでSSDとHDDの使い分け方法や簡単な設定方法を紹介します。

記事の目次

  1. 1.SSDとHDDはどちらもストレージ
  2. 2.SSD・HDDの使い分け【SSDの特徴】
  3. 3.SSD・HDDの使い分け【HDDの特徴】
  4. 4.SSD・HDDの使い分け【SSHDの特徴】
  5. 5.SSD・HDDの使い分け【選び方】
  6. 6.SSD・HDDの使い分け【おすすめの使い方】
  7. 7.SSD・HDDは用途で使い分けよう

SSDとHDDはどちらもストレージ

Photo byPourquoiPas

パソコンを活用しているとデータのバックアップは永遠のテーマといえるでしょう。最近ではパソコンの基本性能が向上し、大容量のデータを処理することが可能となりました。しかし、大容量のデータを処理する「器」が機能しなければ意味がありません。

そこで活躍するのが「ストレージ」と呼ばれる記憶媒体になります。ストレージはパソコン本体に搭載されていますが、より多くのデータを処理するなら外付けのストレージがおすすめです。

さてストレージといえば「HDD」が一般的であり多くのパソコンに搭載されています。ところが最近話題になっているのは「SSD」と呼ばれるストレージです。そこでSSDとHDDの使い分けの仕方や設定方法についてチェックしてみましょう。

目的の違いで使い分けるのがおすすめ

Photo byFree-Photos

SSDとHDDはどちらもストレージです。しかし同じ記憶媒体でありながら、その機能には大きな違いがあるといえるでしょう。ストレージの目的は大容量のデータを保存することです。

したがって、容量の大きなものを選べばよいと考えがちです。しかしストレージは日々進化を遂げており、単なるバックアップ目的だけでは物足りなくなることも考えられます。つまりストレージは目的の違いで使い分けるのがおすすめといえるでしょう。

SSD・HDDの使い分け【SSDの特徴】

Photo byPagDev

SSDは最近になって普及したストレージです。そのため、SDDは「高性能」とのイメージは持っていても正確に特徴を理解している人は少ないといえるでしょう。

SSDの正式名称「Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)」といいます。1990年代に開発され、実用化が進んだのは2010年代になってからです。SDDとHDDに性能の違いはあっても優劣を比べるものではありません。

機能の違いを理解して使い分けるのが賢い利用方法です。そのためにはSSDの特徴やHDDとの違いを正確に把握することがとても大切です。そこでSSDの代表的な特徴を紹介します。

高価

Photo bygeralt

SSDが実用化されたのは2010年に入ってからですからその歴史は10年程度です。そのため販売価格が高く設定されているのが大きな特徴だといえるでしょう。

もちろん発売当初から比較すると価格は年々下がっていますが、容量からすると「高い」と感じるでしょう。例えば1Tの場合SSDは1~1.5万円程度ですがHDDは0.5万円~0.8万円程度です。つまり倍に近い金額の違いがあります。

そのため市販されているパソコンの大半に搭載されているのはHDDです。SSDが搭載されるとハイスペックにはなりますが、価格が高く設定されることを理解しておきましょう。

振動に強い

Photo bygeralt

SSDに活用されている記憶媒体は半導体メモリであることがHDDとの大きな違いです。USBメモリやSDカードに用いられているフラッシュメモリと同じ仕組みだといえば理解しやすいでしょう。

HDDで用いられているのは磁気ディスクであるため振動に弱いのが特徴です。これに対してSSDは電気信号を用いますから外部からの衝撃による影響を受けません。

最近ではパソコン自体の小型化が進んでおり、移動中や外出先で使用する機会が増えました。HDDだと動作に不安がありますがSSDであればこういった心配は全くありません。すなわち持ち運びに最適なのがSSDだといえるでしょう。

データの読み込み・書き込みが速い

Photo byrodrix147

SSDはHDDとは違い電気信号を使ってデータの読み込み・書き込みを行います。HDDは本体に内蔵された磁気ディスクをアナログ盤のように読み書きするので時間が必要です。しかし電気信号を用いるSSDは極めて高速でエラーが少ないといえるでしょう。

その違いはSSDはHDDの3倍近い高速化が図られている点でも明らかです。さらに高性能モデルとなると数十倍の高速化が実現しています。容量の小さいデータを扱う場合だと気にならない違いです。

しかし最近では動画など大きなデータ量を扱うことが増えており、読み込み・書き込みの遅さにストレスを感じている人も少なくありません。高速化が進むとストレスがなくなり作業の効率化が図られることも大きな違いだといえるでしょう。

パソコン・ソフトの起動が早い

フリー写真素材ぱくたそ

パソコン・ソフトの起動が早いのもSSDの特徴でありHDDとの違いです。いざパソコンを使用して作業をする際、立ち上がりが遅いとモチベーションが下がります。時間にすればわずか数分の違いであっても、作業効率に大きく影響するものです。

その点、SSDであれば電源を入れて数秒で立ち上がりますので、気持ちよく作業に入ることができます。さらにソフトの起動はスピードが命です。集中して作業を進める場合、複数のソフトを立ち上げます。

ところがソフトの起動が遅いと度々作業が中断してしまい作業効率は著しく低下するでしょう。作業効率を向上させるためにもSSDのスピードは非常に魅力的です。

SSDを快適に活用する設定方法

Photo byFree-Photos

SSDを搭載したからといって、パソコン・ソフトの起動が早くなるわけではありません。SSDを高速に使い続けるには「容量不足を起こさないため」の設定を行う必要があります。

SSDは容量が小さい上、容量不足になると処理スピードが著しく低下するのが特徴です。こういった症状を回避するには、作業に直接必要のないデータなどをSSD以外に保存する設定が不可欠といえるでしょう。

容量不足を回避しSSDを快適に活用するためにはいくつかの設定方法があります。中でも必ず行っておきたいのがデータファイルを外付けストレージなどに保存する設定です。また、OS以外のソフトウェアをハードディスクにインストールする方法もおすすめだといえるでしょう。

無音で静か

Photo by casek

SSDは電気信号でデータの読み込みや書き込みを行います。つまりHDDのように磁気媒体をアナログ方式で読み書きしませんから起動音が発生しません。

図書館などで作業する際、HDDの起動音は意外と気になるものです。その点SSDであれば静かな部屋でも起動音を気にすることなく作業に集中することが可能となります。またストレージ本体が発熱しないのもHDDとの大きな違いです。

パソコン周辺機器のおすすめ人気21選!便利で使いやすいアイテムを紹介!のイメージ
パソコン周辺機器のおすすめ人気21選!便利で使いやすいアイテムを紹介!
パソコンの周辺機器には、便利なものがたくさんあります。今人気のガジェットやおすすめの周辺機器であなたのパソコン周りを揃えることで快適な生活ができるでしょう。賢いパソコン周辺機器の選び方で、快適な日々を過ごしていきましょう。

SSD・HDDの使い分け【HDDの特徴】

Photo bybohed

次へ

関連するまとめ

人気の記事