ウルフカットの結び方!結ぶ前に知りたいおしゃれなアレンジ方法を伝授!

ウルフカットの結び方!結ぶ前に知りたいおしゃれなアレンジ方法を伝授!

今ウルフカットは、ふんわり丸めのスタイルが主流です。ウルフカットのアレンジで、髪を結ぶとスッキリおしゃれなスタイルになります。結び方を工夫して、スッキリコーデを楽しんでみましょう。ウルフカットを結ぶ簡単な結び方や、おしゃれな結び方を紹介します。

記事の目次

  1. 1.ウルフカットの結び方は?おしゃれなアレンジも紹介!
  2. 2.そもそもウルフカットとは
  3. 3.レングス別のウルフカットをチェック
  4. 4.ウルフカットをおしゃれに結ぶ結び方
  5. 5.結んだ時も可愛いウルフカットのおしゃれアレンジ
  6. 6.ウルフカットのおしゃれな結び方を試してみよう!

ウルフカットの結び方は?おしゃれなアレンジも紹介!

Photo byStockSnap

今話題のウルフカットのアレンジで、一つ結びや、お団子など可愛いスタイルができます。夏に向けて襟足をスッキリ見せ、軽快なスタイルにイメチェンしてみませんか。結び方のアレンジはたくさんあって、ウルフカットの長さにピッタリな、結び方を探しましょう。

襟足の長さや、トップのレイヤーで高さを決めて、可愛いアレンジから、個性的なアレンジまで、自分らしく結ぶ方法を見つけてみましょう。今回はウルフカットの、おしゃれな結び方のアレンジをご紹介します。

そもそもウルフカットとは

ウルフカットとは、髪の上部は短く、頭の形に沿って丸めにカットし、下の襟足部分にレイヤーを入れて、襟足を長めにしたカットです。髪のボリュームを押さえたカットをし、毛先を遊ばせてふくらみをつけます。ショートからミディアム、ロングまで、それぞれにウルフカットが楽しめます。

ショートはミディアムボブからヘアチェンジでき、軽やかなスタイルが出来上がります。ウルフレイヤーとも呼ばれ、1970年代に段カットとしてブームになりました。昨年から今年は、男性も女性もこのウルフカットが話題になって、ウルフカットプラスヘアカラーで人気になっています。

トップを短くし襟足にレイヤー

ウルフカットの特徴は、トップを短くカットし、襟足にレイヤーを入れて毛先を軽くします。後頭部に丸みを持たせる長さでカットし、形を良く見せることが出来ます。広がりがちな髪をレイヤーでスッキリさせ、バランスのとれたスタイルを作れます。

襟足のレイヤーの長さも、肩にかからないショートから、ミディアムやロングまで、流れのあるレイヤーをを作り、個性的なイメージを作れます。ヘアカラーでさらにおしゃれなアレンジも作れます。重たくなりがちのヘアスタイルを、ウルフカットで軽やかに決めてみましょう。

現在進化したネオウルフが人気

今最も注目のネオウルフは、マッシュヘアとボブスタイルに、ウルフヘアを合わせたカットでや、毛先に柔らかさを出すニュアンスパーマで、表情を作るスタイルです。髪のボリュームは変えずに、パーマのカールでふんわり仕上げています。

ミディアムとロングのネオウルフは、顔周りの長さとパーマのバランスを考え、ボリュームが出すぎない様にします。顔のタイプでフェイスラインの長さを決めると、小顔効果になります。襟足のボリュームもスッキリ見せ、おしゃれにまとめてみましょう。

レングス別のウルフカットをチェック

ここからは、レングス別にウルフカットを見ていきましょう。ストレートのまま、カットのレイヤーで、軽快なリズムを出せますが、ウルフカットにパーマを合わせると、柔らかさが増し、可愛さが強調されるフォルムを作れます。

まずはウルフカットについて、そのスタイルや、長さのおさらいをしていきます。レイヤーの長さで、結ぶ位置も変えられて、アレンジの数も多くなります。襟足の長さで、結び方の種類も増えていきます。

ショートのウルフカット

ショートのウルフカットは、ボーイッシュなイメージで、個性的なイメージから、今は丸みのあるカットで、ナチュラルな可愛さを出すスタイルに変化しています。あえてパーマをかけずに、洗いざらした無造作なスタイリングを、楽しむウルフショートも登場しています。

襟足のハネ具合は長さ次第です。フェイスラインまでの丸みと、外ハネさせる襟足のバランスが、可愛らしさを引き立てます。スッキリしたラインで、襟足の長さがおしゃれ感を出します。

ミディアムのウルフカット

ちょうど肩から、肩下に少しかかる長さのミディアムウルフカットは、軽やかな印象を与えます。サイドの長さが、ちょうどフェイスラインと重なり、内巻きにすると甘いイメージの女子らしさになります。サイドの長さを小顔に見えるようにカットして、可愛らしさを出しましょう。

ウエーブを少なく、ストレートラインを強調すると、クールな印象にチェンジします。ふくらみ方の演出で楽しめる、ミディアムのウルフカットです。内巻きと外巻きとストレートラインを、バランスよくスタイリングしましょう。

セミロングのウルフカット

ミディアムから少し長くなった、セミロングのウルフカットは、肩の位置まで丸めのカットラインで、襟足長く外ハネするのが基本のスタイルです。レイヤーの入れ方でボリュームダウンもでき、髪の毛の量を調節して楽しめます。

普段はセミロングのウルフカットを、ダウンスタイルでナチュラルに見せ、アップや一つに結ぶと、全く違うスタイルに変わります。長さを活かしたまとめ方が、数多く出来きます。夏にピッタリな結び方を、見つけてみましょう。

ロングのウルフカット

ロングスタイルのウルフカットは、大胆なカットで軽さを出します。フェイスラインの長さで全く違うイメージになります。顎のラインでパツっと切るお姫様スタイルや、前髪から徐々にグラデーションカットをしたり、好きなアレンジでカットをしてみましょう。

前髪のバングも、眉毛が見える長さで切りそろえ、可愛い個性を出したり、長めのバングで、女らしいかきあげスタイルを作ったり、自分らしく楽しめます。パーマをかけて、ウェーブを効かせたスタイルも、アレンジがきくスタイルです。

ウルフカットをおしゃれに結ぶ結び方

Photo by kanegen

ここからはウルフカットを、おしゃれに結ぶ、結び方を見ていきましょう。夏の暑い日差しは、スタイリングしたヘアスタイルを、ペタッとさせてしまいます。特にウルフカットの襟足が、汗でべったり首に張りついてしまったり、不快になりがちです。

そんな時にはスッキリ結び、おしゃれにアレンジしてみましょう。ショートからミディアム、ロングまで、それぞれのウルフカットにも対応でき、可愛く結ぶ結び方や、簡単にまとめられる結び方を、まとめてみました。どんな長さにでも対応できます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事