資産家の定義・なり方とは?高所得者との違いや資産はいくら持てばなれる?

資産家の定義・なり方とは?高所得者との違いや資産はいくら持てばなれる?

資産家とは何のかやなり方をご存知でしょうか。もしも知らないなら、資産家と高所得者の違いやいくら保有すれば資産家と裕福層と言えるかもご説明していますので、読んでみましょう。また、資産家のなり方や資産家になりやすい仕事も解説しています。ぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.世の中にはいろんなお金持ちがいる
  2. 2.資産家にはいくら持てばなれる?
  3. 3.資産家と高所得者の違い
  4. 4.資産家と裕福層の違い
  5. 5.資産家のなり方とは?
  6. 6.資産家になりやすい仕事
  7. 7.資産家を目指してみよう
  8. 8.資産家になるには多くの努力が必要!

世の中にはいろんなお金持ちがいる

Photo bygeralt

世の中には大きく分けると2種類のお金持ちがいます。資産が多くても所得が低いお金持ちと所得が多くても資産がないお金持ちです。お金持ちと呼ばれている人がいたら、資産が多いからなのか所得が高いからなのかを見極めてみましょう。そして、お金持ちは資産家や富裕層と呼ばれることが多いです。

資産が多くても所得が低いお金持ち

Photo byAlexas_Fotos

資産が多く所得が低い場合も、お金持ちと呼ばれます。そして、所得が低く資産が多いだけだと使えるお金が少ないので、お金持ちと呼べるような生活が出来ないケースも多いです。具体的には、豪邸で生活していてもお金がいくらもない人たちのことを指しているので、以下で解説します。

所得が多くても資産がないお金持ち

Photo byimage4you

所得が多く資産がない人も、お金持ちと呼ばれます。具体的には、年収5000万円なのに資産がない人のことを指しているので、以下でご説明します。

そして、豪邸に住んでいないにも関わらず年収が何千万もある人は、実態はとても優雅な暮らしをしている場合が多いです。優雅な暮らしをしているからといって、豪邸などの立派な不動産を持っていると見なさないようにしましょう。

資産家にはいくら持てばなれる?

Photo byHeatherPaque

資産家には、いくら持てばなれるかをご説明しますので、資産家を目指している人は読んでおきましょう。一般的な定義は「10億ドル以上を保有する個人」となっており、サラリーマンが一生に稼ぐ金額の約400倍です。資産家になりたいなら、普通のサラリーマンの約400倍の仕事をしてみましょう。

ただ、普通のサラリーマンの約400倍をサラリーマンとして稼ぐ必要はありません。資産家になりやすい職業を選んだり他のサラリーマンがチャレンジしていない儲かるビジネスに挑戦したりすると良いでしょう。

一般的な定義は「10億ドル以上を保有する個人」のこと

Photo bygeralt

10億ドル以上を保有する個人が、資産家と定義されます。資産家を目指している人は、個人で最低10億ドル以上保有出来るようになりましょう。しかも、資産家は定義上10億ドルを個人で所有していなければなりません。富裕層が定義上100万ドルを世帯単位で所有していれば、富裕層と定義される点と異なります。

サラリーマンが一生に稼ぐ金額の約400倍相当

Photo bywhitesession

サラリーマンが一生に稼ぐ金額の約400倍相当を保有している場合、金額面で資産家と定義されます。今現在サラリーマンで資産家になりたい人は、日々400倍の努力をする必要があります。そして、資産家のなり方として4つの方法も以下でご紹介していますので、本当に資産家になりたい人は読んでおきましょう。

資産家と高所得者の違い

Photo byCapri23auto

資産家と高所得者の違いを知ることで、お金持ちの実態が分かるでしょう。具体的には、所得に違いがあります。高所得者は名前の通り所得が高い人のことを意味しますが、資産家は所得が高い人とは限りません。お金持ちと呼ばれている人がいたら、所得に注目してみましょう。

所得に違いがある

Photo bystevepb

資産家と高所得者の所得の違いが、現実の違いをもたらします。例えば、資産家にも関わらず低所得者の可能性があります。豪邸や立派な不動産を所有している人に出くわしても、裕福な生活をしているとは言えません。ただ、豪邸や立派な不動産を多額のお金で売却することが可能な状態であれば、高所得者と変わらない生活が出来るでしょう。

資産家は低所得の可能性がある

Photo byLoboStudioHamburg

資産家にも関わらず所得が低い人は、資産価値が高い不動産を所有しているだけだからです。具体的には、親や親族から豪邸や立派な不動産を入手した若者や退職金で邸宅を購入した年金受給者がいます。

また、立派な不動産が投資用か居住用かでもどのような資産家かが異なります。投資用の不動産の場合、誰かが家賃収入をもたらしてくれるので、居住用の不動産所有者よりも良い生活が出来るでしょう。投資用の豪邸を所有している人は、お金があると言えます。

関連するまとめ

人気の記事