名刺入れの正しい使い方!選び方や交換時のしまい方のマナーもチェック!

名刺入れの正しい使い方!選び方や交換時のしまい方のマナーもチェック!

就活の時には、名刺をいただく機会が多くなります。そのときに使うべきなのが名刺入れです。就活の時には、まだ名刺入れの使い方を覚えることはあまり必要ないと思われがちですが、ビジネスマナーとして必要です。この記事では、名刺入れの選び方や使い方などを紹介します。

記事の目次

  1. 1.名刺入れの正しい使い方を覚えよう!
  2. 2.名刺入れの使い方
  3. 3.就活での名刺入れの使い方
  4. 4.名刺入れのポケットの使い方
  5. 5.名刺交換の仕方
  6. 6.名刺入れの選び方
  7. 7.マナーとして名刺入れを正しく使おう!

名刺入れの正しい使い方を覚えよう!

Photo by yto

ビジネスマナーとして必要な名刺入れの使い方ですが、就活の時には「まだ必要ないのでは」と思っている方が多いです。でも、例え就活の時でもいただいた名刺は名刺入れに入れるのが正しいビジネスマナーです。お財布のカード入れに入れたり、ましてやポケットに入れてしまうのはマナー違反です。

この記事では、そんな名刺入れの正しい使い方や名刺のしまい方、名刺交換のマナーや名刺入れの選び方など、名刺入れや使い方などに関することを紹介していきます。名刺入れについて正しい知識を身につけて就活で一目置かれるようになりましょう。

名刺入れの正しい使い方はビジネスマナーの基本

Photo by089photoshootings

ビジネスの世界では、名刺は自分を表現する手段の1つとして、とても重要です。ですので、当然、名刺を入れておく名刺入れの正しい使い方もとても重要です。マナー違反の名刺入れの使い方をしていると、気が付かないうちに相手に悪い印象を与えます。

普段、あまり意識することのない名刺入れの使い方ですが、ビジネスマナーに合った名刺入れの使い方を覚えて一目置かれるようになりましょう。名刺入れの正しい使い方をしているとビジネスマナーを心得ている良い印象を与えることができます。

名刺入れは就活でも必需品

Photo by zunsanzunsan

前述したように、いただいた名刺は、名刺入れに入れるのが正しいビジネスマナーです。これは就活でも変わりはありません。就活では、希望する会社にOB・OGを訪問したりした時などに、名刺をいただく機会が多くなりますが、その時に正しい名刺入れの使い方を身に着けているように心がけましょう。

後述するように「就活だから」と甘く見ないで、名刺入れをきちんと用意して、正しい使い方をし、「ビジネスマナーを心得ているな」と感じてもらえるようにしましょう。そうすれば好印象を抱いてもらえます。また、採用してもらえることにも繋がります。

名刺入れの使い方

Photo by yto

「名刺入れの使い方」と言われても、まだ就活中だとピンとくる方は少ないです。この項では、名刺入れの正しい使い方などを男女別に紹介します。名刺入れの使い方といっても男性と女性では異なりますので、男女別の正しい名刺入れの使い方を身につけて就活の時に一目置かれるようにしましょう。

そうはいっても、名刺入れの使い方で男女ともに共通することも当然あります。例えば、名刺入れに入れておくべき名刺の枚数は20-30枚が適当です。また、ビジネスシーンで使う名刺入れは革製の製品を選ぶのが適切です。他にも使い方のポイントはいくつかありますが、あとは後述します。

男性の使い方

Photo by n.kondo

名刺入れは、すぐに取り出せるところに入れておくのが良い方法です。男性の場合は、ビジネススーツに必ず名刺入れが入るくらいのポケットがついていますので、そこに名刺入れをしまっておいて、必要な時にすぐに取り出せるようにしておくと名刺入れのスマートな使い方をすることができます。

また、男性用の名刺入れは通常、20-30枚の名刺が入るようになっていますので、名刺を切らせてしまったということのないように、常にある程度の数の名刺を入れておくことが名刺入れのスマートな使い方です。

女性の使い方

Photo by zunsanzunsan

婦人服は、ポケットが小さいことが多く、飾りポケットしかないことも少なくありません。無理にポケットに入れると不自然に膨らんでしまいます。ですので、女性の名刺入れの使い方としては、バックの中の分かりやすい場所に用意しておくというのが現実的でスマートな使い方です。

また、名刺入れ自体も、男性用より小さめにできています。そのため、名刺入れに用意しておく名刺は20枚程度にしておいて、予備の名刺入れをもう1つ用意するのがスマートな使い方です。

男性と女性両方に共通する名刺入れの使い方

Photo by yto

男性にも女性にも共通する名刺入れの使い方としては、まず、「必要十分量の名刺を常に名刺入れに入れておく」ということが挙げられます。名刺入れにあまり枚数が入らないようでしたら、もう1つ名刺入れを用意してバックなどに入れておくとスマートな使い方ができます。

また、名刺入れを選ぶときになるべく茶色や黒などの落ち着いており、一般的な色を選ぶのがマナーです。ただし、いくら落ち着いた色合いでも、いかにもブランドものと分かる名刺入れはよくありません。目立たない普通のものを選びましょう。

就活での名刺入れの使い方

Photo by Dick Thomas Johnson

就活の時は、まだ名刺入れは必要ないと思っている方は多いのですが、そんなことはありません。前述しているように、就活の時こそ、正しいビジネスマナーに沿った名刺入れの使い方をして、人事担当者などに一目置かれる存在になり、内定を勝ち取る良いチャンスです。

この項では、就活の時に必要なビジネスマナーとしての名刺入れの正しい使い方などについて紹介します。名刺入れの正しい使い方を覚えて希望企業の内定を勝ち取りましょう。

就活でも名刺入れは用意しておく

Photo by zunsanzunsan

まず、基本として、就活の時でも名刺入れは必ず用意しましょう。就職説明会などに参加したときに、希望企業の人事担当の方などと名刺交換をする機会がある可能性があります。その時に名刺入れを用意していれば、ビジネスマナーを心得ているとして一目置いてもらえます。

また、用意した名刺入れは、後述する選び方などを参考に正しい選び方や使い方をするようにしましょう。せっかく用意しても、名刺入れの選び方や使い方が間違っていたら、相手に悪い印象を与えてしまいます。

頂いた名刺を鞄にしまうのはNG

Photo by kaeru_onou

就活で名刺交換をしたときに、ついやりがちなのが、いただいた相手の名刺をすぐにそのまま鞄にしまってしまうことです。しかし、名刺のこのしまい方は、大変なビジネスマナー違反になってしまいます。名刺は相手との話が終わるまで、机の上に置いておきましょう。

相手との話が終わった後で、名刺入れのポケットにしまって、帰宅後すぐに名刺ホルダーなどの適切な場所に移して整理しておきましょう。それが名刺の正しいしまい方です。

次へ

関連するまとめ

人気の記事